ラッピングコーディネーター渋松の笑って暮らして

渋い色のもの、ラッピング、お菓子作り、スクラップブッキング、日本の心・・・みたいなものが好き。

ラッピングコーディネーター渋松と申します。
ドット笑をモットーに、ラッピング技術と、贈る喜びをお伝えしたいと思います。

久しぶりに出勤したら、着々とXmasへむけての
もろもろ・・・
一応、この時ばかりは、給料泥棒ではないから(-_-;)
頑張って働きましょう。
ラッピングコーデイネーター渋松です。

さて、前の連休中の間に出来た事。
ずっと気になってたキッチンの床を張り替えました。
らんち君がいたころにさんざん掘ってこんなになってたので
IMG_7987
ビフォー


IMG_7992
アフター!

なんと100均ダイソーさんのやつ。
シールで貼るだけ。
床下収納のとこは色違い。

で、ばあちゃんの物をいろいろ片付けて、
自分の事もいつ何があるかわからないから
整理しなくちゃなって、
家の中じゅう無駄探ししてます。
バンバン捨ててる。

これからもっと大変だあ〜
前を向こう!!


mixiチェック

DSC_7631
さて、お葬式も済ませ、ゆっくりとはしていられない
ラッピングコーディネーター渋松です。

仏式のお葬式では、
その宗派のお寺のご住職にお経をあげてもらい、
戒名を付けていただくのですが、
その代金はお気持ちということで
お布施と書いてお渡しします。

葬儀社の方から渡された袋はこちら

DSC_7634
慶弔でいうと、弔事のたたみ方で双銀(最上級)の水引がかかっています。
市販のものは、慶弔どちらも右開きになっていますが、
本来は弔事は左開きです。
一緒にお渡しするお車代や、御膳料も弔事の水引が印刷されています。
今まで法事などでもよく見られたもので、
通常使われることが多いのですが、

亡くなられた方へのご霊前、お香典は、
もちろん弔事なのですが、
ご住職への気持ちは、弔事ではないので、
慶事(喜びに限らず、通常時)のたたみ方で良いのです。

なので、白の奉書紙で包み、水引はつけませんでした。
お車代と御膳料は白封筒に入れました。

棺に入れてあげる物は、弔事の包みで用意しました。
ラッピングコーディネーターだからね。

でも、お布施が黒白なのも、一般的になっているし、
それが間違いだからというわけでもないのです。
弔事は突然訪れる事だから、
もし変わったことをしてしまっても、許されるのですって。
なんか優しい言い伝えですね。
mixiチェック

ずっと前からこんな日がくるのは
わかっていたことだけど。
いざ来ると・・
13年前に倒れて、田舎での一人暮らしは無理なので
誰も知らない東京へ連れて来てから、
今まで、私たち家族だけの中で、
それでも幸せなのかなと思いながら・・・

ここ8.9年は発語もなく、食事は胃ろう、感情もなく、
視線が動くだけの寝たきりで、
これでもしあわせ?生きてるって言えるの?
なんて思ってたけど、

直前には、確かに私を見た、と思う。
いつもなら着替えを置いてさっさと帰るのに、
頑張ってと声をかけた。瞼を開いて、見える?って。
きっとそれで満足しちゃったかな。

字を書くのが好きだったから、
ノートに日々のあれこれを綴り、
最後に(倒れる少し前)
迷惑をかけないように、穏やかに
って書いてあった。
そのノートは昔から読んでたけど、
今見ると、たまらない。

迷惑なんかじゃないし、
介護を理由にして逃げてた事いっぱいあるし、
今になって、最後までちゃんと生きなくちゃって思うって・・

教えられた気がする。
生きたよね、ちゃんと精一杯生きたよ。
亡くなったら、どんどん仏様の顔になっていく。
ぜ〜んぶ許してくれる気がする。

元気な頃のきれいなきれいなきれいな顔の仏様になって
逝ってしまいました。
mixiチェック

DSC_7424
まだまだ連休中
やりたい事、続き
年末へ向けて、作品作り、イベント日程とか、
フォーラムの資料とかをどの順番でしていくかって段取り決め。
計画だけはしっかり立てる
ラッピングコーディネーター渋松です。

あと宿題もあるし、実は食器棚も替えたい・・
でもほんとはアルバムを作る時間が欲しかったのです。
ずっと放置の時系列の写真。
私にとっては記録。
いつかいつかと思っていたけど、
取り掛からないと後悔するな
過去に決別して今を生きる。
そうしなければ間に合わなくなるって知らされることがありました。

写真は娘が帰省中
過ぎた誕生日祝いをしようと、
リクエストの紅茶シフォンケーキ
仕事の不満を聞きながらいただきました。
そんな頃もあるさ、
頑張れ!

mixiチェック

DSC_7433
台風が心配でしたが、
無事に「予定通り」の連絡ができ、お越しいただきました。

この季節は、なぜか鎌倉彫の紙に惹かれます。
少し厚めですので、
こんなBOXにしてみたり(もみじ柄をまた使ってますね(*^^)v)
DSC_4823

お揃いのくるみボタンは
やや力が要りますけど、できると可愛いですよね。
他の紙、布、リボンもお試しください。
タッセル風の重ねリボンは、短いリボンでも出来ちゃう
作りリボンなので、付け替え可能。

IMG_7989
並べて写真を撮るのも定番になりました。
バックはよけて、並べてくれて
私は撮るだけです(*^^)v
ありがとうございます!

そして、この前には、立方体の合わせ包み基本もきちんと
包んでおります。
合わせがきちんと真ん中にくる方法。
処理面の対角線がきちんと合う方法。
覚えててくださいね。








mixiチェック

DSC_7372
また台風接近。
被害がありませんように。
ラッピングコーデイネーター渋松です。

さて、うふふ何連休でしょう。
気になっている諸々、整理したい、時間ない、
まとめてやれい!ってことで休みまとめました。
一日目
11月のフォーラムのざっくり計画
ばばさまの溜まっている会計まとめ
ラッピングの写真をプリントしてアイテム別に仕分け
え!?これだけかい

予定の半分ってとこだな。
ピッチを上げて明日は早く起きよう。

写真は先日のミーテイングの差し入れに持ってった
パンプキンケーキ。
ハロウインのペーパーカップで個々に。
100均アイテムです。


mixiチェック

DSC_7380
先月の体験から引き続きいらしてくれました。
コーディネーター資格受験は、ご希望ですので、
ひとまず既定の講習を終えてから決めてくださって良いです。
両手が少し動かしずらいとの事。
その為、好きなビーズや、あきらめてしまったものもある中で、
ラッピングはやってみたいとおっしゃってくださいました。

言われなければわからないほど、綺麗に仕上げてくださいました。
でも、引っ張ったり、力を入れる作業は多々あります。
ご無理のないように、そして、
なるべく手に負担のかからないやり方を工夫してまいります。
IMG_7948


今月は、早めのハロウインペーパーで包み、
作りリボンの基礎編と、
ピローBOXでバッグを作りました。
短いリボンでも十分アレンジできること。
「こんなにリボンいいんですか?」
と喜んでいただきましたので、
お家でたくさん作ってみてくださいね。
mixiチェック

DSC_7137
週末は、協会の上級講習でした。
3日間の準備、シュミレーション、
学びの連続。
そして、緊張が伝わる試験。
お疲れさまでした。
ラッピングコーデイネーター渋松です。

帰りに覗いたFBで6年前のこんな事。

おはぎ
DSC_3127
おはぎだけは作ってくれてたから
私も好きで作ってあげるのかな。
だから子供達も大好きなんだろうな。
ばばさまの味が繋がっていく・・・
mixiチェック

DSC_7076
今日は蒸し暑く、雨になりました。
昼間、庭のグリーンの手入れをして、鉢を出したり入れたり。
ラッピングコーデイネーター渋松です。

今日は袋ものいろいろ・・
小さな袋に入れる物も限られますけど、
可愛い袋を作ってみました。
鎌倉彫の和紙で、書類止めのようなくるくると紐を巻いて留めます。
くるみボタンはお気に入りアイテム。

DSC_7060
まち無しの普通の袋も、
柄もの紙から、切り取って、無地の袋へアクセント。
複数贈る時に、統一感出ますよ。
和紙のちぎりがハサミよりいい!

DSC_7066
こちらは少し凝ってます。
ひだひだを折り、アクセントに付けて結んでます。
市松のリボンは袋口の補強にもなります。
小さいと、すぐ作れるので、
余り紙があれば、考えてみてください。
ポチ袋的に使ってもいいですよ。
mixiチェック

IMG_7925
随分涼しくなってきてます。
この前、友人から教えてもらった
「カキモリ」行ってみました。
たのしく書く人

ノート好きには、何時間もいられそうなお店。
B5・B6サイズで自分でパーツを選び、
カスタマイズしてオリジナルのノートが作れます。

友人は黒の厚手の紙でアルバムを作ったそう。
想像するだけで楽しくなるう

他にも、すぐお手紙書きたくなるような
美しいレターグッズも揃ってました。
あれこれ迷う時間はなかったので、
今度じっくり行ってみたいと思います。

浅草橋、蔵前、浅草近辺の
おされなMAPもいただいてきました。
これだけ歩くとしんどいけどね。

DSC_7284
mixiチェック

↑このページのトップヘ