ラッピングコーディネーター渋松の笑って暮らして

渋い色のもの、ラッピング、お菓子作り、スクラップブッキング、日本の心・・・みたいなものが好き。

ラッピングコーディネーター渋松と申します。
ドット笑をモットーに、ラッピング技術と、贈る喜びをお伝えしたいと思います。

DSC_7606
今年最後の暮らしを楽しむラッピング
月曜日教室は
ピンクの友禅リボンを使いました。
迎春ピックをはずせば、お雛様の季節まで飾れるかな

リボンの帯のようなたたみ方
シングルとダブルの組み合わせで
立体的にリボンを作り、合わせます。

パーツを組み立てていくにつれ、
こっち向いてる、とか少し小さいとか大きいとか
いろいろお隣さんと見比べながら
楽しく作られました。
IMG_8166
手たれね〜と壁の前でパチリ。

何とか時間内に仕上げられて良かった(*^^)v
また来年もよろしくお願い致します!

mixiチェック

DSC_7218
先日の京王くらしサプリの
「和紙で作る小箱」
3回以上のリピーターさん親子に、
お久しぶりにお顔を見せてくれた生徒さま。

パーツを切り取り、貼りながら、できるかしらと
作業を進めてくださいます。
リボンを選んだり、配置を決めたりにも
それぞれのオリジナルが出来上がり、
追加で材料も・・

ここんとこ偶然にも
私の中では市松が気になっているようで、
先日のXmasフレームも市松リボンをアクセントにしたのですが、
今回のも市松を使ってました。
全く無意識なので、
不思議〜だなと。
DSC_7736


さて、何を入れて下さいますか?
mixiチェック

IMG_8138
暖かい今日、
スクラップブッキングの展示会へ三鷹までおでかけしました。
スクラップブッキングという言葉に出会ったのは、もうン十年も前の事。
自己流のアルバム作りをしていましたけど、
たまたま体験させてもらった友人のスクラップブッキングを知り
またさらに記録に残す作業が加わっていきました。
昔のアルバムと今のアルバム
リアルタイムでとっとと作っていた昔と比べて、
残すものを吟味しながら、作る今。
終活にも似た感覚。
言葉だけでは伝わらないものもあるけど、
言葉でかなりの事が伝えられるからね。

そのあとは、ミーティングメンバーの
オーケストラコンサートを聴きに、芸術劇場まで。
「のだめ」で聞きまくったクラシック、かっこいいなあ
ついでに女子会参加も。

IMG_8142
長い一日
いつもよりゆったりした一日。
そうそう、もう一つ。
電車のホームで中学校の友人からン十年ぶりの筺
タイムスリップした一日。
mixiチェック

DSC_7582

先日のことですが、
府中市男女共同参画推進フォーラムでの、登録団体の
参加講座
「大人の女性の為の包み方」
皆さんご存知かもしれませんが、ちょっとした贈答の知識のお話しと、
こちらのペーパーバッグを作りました。
斜めに入るラインがおしゃれなバッグ型。
私も習ったときに、素敵な形!と思いましたけど、
底の折り方を少し変えて、12インチ、8インチで制作してます。
親子で参加のお子様、ちゃんとお話も聞いてくれました。
仕上がりのカーリングリボンのクルクルは楽しいですね。

毎年のワークショップも随分いろんな事をやらせていただきましたが、
去年からは、販売コーナーにも出店し、
ラッピングや、オーナメントなどXmasっぽいものも・・
その売り上げは、当座の施設利用料となりますが、

市民の為の施設に割と高めの利用料がかかるって、
それで登録をやめることにもつながったりして、
市民の利用が減ったら誰のための施設なのかなあ
な〜んて思った2日でした。
mixiチェック

DSC_7559
随分更新してなかったです。
小津和紙文化教室の11月
暮らしを楽しむラッピングは市松の友禅紙を使って
6角形を包みました。
Xmasに使える木の実のオーナメントも作成。

6角形はコアラのマーチが練習にぴったりなんですけど、
合わせつつみだと見た目より簡単に包めます。
がしかし、ここで盲点が・・
合わせの包みでは紙取りが重要ですが、
単純に、箱の厚みと、箱の長さをき〜っちり測ると
真ん中が空いてしまうのですよ。
6角の辺から対角の辺までの長さと、
頂点から対角の頂点までの長さが違うから
ほんの数ミリの事なんですけどね。

これも丁度生徒さまと、
真ん中に集まる裏技の折り方をしている時に
判明。
裏技じゃない方がかえって良かったりして(笑)

ということで、
IMG_8111
仕上げてくださいました。

mixiチェック

DSC_7718 (2)
毎年この時期になると、Xmasの飾りを作りにやってきてくれる
女子力高いSちゃん
円いリース形と迷って、フレーム形に決まり。
後から写真やカードも飾れるからね!

お仕事の話、彼氏の話、をしてくれて、今どき女子の動向を教えてくれます。
「浮気されたことありますか?」
とか、
ガールズトーク久しぶりだあ(*^^)v

大きいフレームを選んだSちゃんのはこちら

IMG_8090

こちらは12月4日のおもだか茶房さんの
ランチ&ラッピングでも同じものを作ります。
美味しい韓国料理のすてきな古民家カフェですよ〜おもだか茶房

一緒に作りませんか?
mixiチェック

DSC_7639
教室の後、娘とランチして、数時間を過ごす。
ずっと、会社の事、暮らしの事、しゃべりっぱなしの娘。
安心して聞いたり、行く末を案じたり、
私の時代と訳が違う、このご時世。
何にも助けてやれないもどかしさ。
親のありがたみをかみしめてる今の私。
立場が重なり、見送ったら涙が出てきた。
ラッピングコーディネーター渋松です。


さて、今日は初体験の生徒様を迎え、
定番のティッシュケースを作り、
合わせ包み基本。
初日だけは別メニューになるので、
ちょこっと忙しいです。

IMG_8073
別メニュー
スクエア基本包み。
ダブルリボン。
ひっくり返せないものに適すスクエア包みは、
紙は正方形に切ります。(じゃなくてもできるけどね)
紙取りが解るまで、ややこしいかもしれませんが、
どの紙取りにしても、同じライン上に印がつくだけなので、
わかっちゃうと簡単です。
今日の紙取りは、
指で平行につつーっとたどるやつ。
と言うとお分かりですか?(笑)

レッスンサンプルの写真を見ていただいてて、
クリスマスのリボンリースが簡単で可愛いというお話

DSC_9052
偶然お揃いのハサミを購入されていた話
チタンに惹かれて購入しましたけど、軽くてかなりよく切れる。
などなど・・・

本日もありがとうございました。
mixiチェック

久しぶりに出勤したら、着々とXmasへむけての
もろもろ・・・
一応、この時ばかりは、給料泥棒ではないから(-_-;)
頑張って働きましょう。
ラッピングコーデイネーター渋松です。

さて、前の連休中の間に出来た事。
ずっと気になってたキッチンの床を張り替えました。
らんち君がいたころにさんざん掘ってこんなになってたので
IMG_7987
ビフォー


IMG_7992
アフター!

なんと100均ダイソーさんのやつ。
シールで貼るだけ。
床下収納のとこは色違い。

で、ばあちゃんの物をいろいろ片付けて、
自分の事もいつ何があるかわからないから
整理しなくちゃなって、
家の中じゅう無駄探ししてます。
バンバン捨ててる。

これからもっと大変だあ〜
前を向こう!!


mixiチェック

DSC_7631
さて、お葬式も済ませ、ゆっくりとはしていられない
ラッピングコーディネーター渋松です。

仏式のお葬式では、
その宗派のお寺のご住職にお経をあげてもらい、
戒名を付けていただくのですが、
その代金はお気持ちということで
お布施と書いてお渡しします。

葬儀社の方から渡された袋はこちら

DSC_7634
慶弔でいうと、弔事のたたみ方で双銀(最上級)の水引がかかっています。
市販のものは、慶弔どちらも右開きになっていますが、
本来は弔事は左開きです。
一緒にお渡しするお車代や、御膳料も弔事の水引が印刷されています。
今まで法事などでもよく見られたもので、
通常使われることが多いのですが、

亡くなられた方へのご霊前、お香典は、
もちろん弔事なのですが、
ご住職への気持ちは、弔事ではないので、
慶事(喜びに限らず、通常時)のたたみ方で良いのです。

なので、白の奉書紙で包み、水引はつけませんでした。
お車代と御膳料は白封筒に入れました。

棺に入れてあげる物は、弔事の包みで用意しました。
ラッピングコーディネーターだからね。

でも、お布施が黒白なのも、一般的になっているし、
それが間違いだからというわけでもないのです。
弔事は突然訪れる事だから、
もし変わったことをしてしまっても、許されるのですって。
なんか優しい言い伝えですね。
mixiチェック

ずっと前からこんな日がくるのは
わかっていたことだけど。
いざ来ると・・
13年前に倒れて、田舎での一人暮らしは無理なので
誰も知らない東京へ連れて来てから、
今まで、私たち家族だけの中で、
それでも幸せなのかなと思いながら・・・

ここ8.9年は発語もなく、食事は胃ろう、感情もなく、
視線が動くだけの寝たきりで、
これでもしあわせ?生きてるって言えるの?
なんて思ってたけど、

直前には、確かに私を見た、と思う。
いつもなら着替えを置いてさっさと帰るのに、
頑張ってと声をかけた。瞼を開いて、見える?って。
きっとそれで満足しちゃったかな。

字を書くのが好きだったから、
ノートに日々のあれこれを綴り、
最後に(倒れる少し前)
迷惑をかけないように、穏やかに
って書いてあった。
そのノートは昔から読んでたけど、
今見ると、たまらない。

迷惑なんかじゃないし、
介護を理由にして逃げてた事いっぱいあるし、
今になって、最後までちゃんと生きなくちゃって思うって・・

教えられた気がする。
生きたよね、ちゃんと精一杯生きたよ。
亡くなったら、どんどん仏様の顔になっていく。
ぜ〜んぶ許してくれる気がする。

元気な頃のきれいなきれいなきれいな顔の仏様になって
逝ってしまいました。
mixiチェック

↑このページのトップヘ