ブログ引越しのお知らせ

いつもご覧いただきありがとうございます。

ブログの引越しをしましたのでお知らせいたします。

新ブログのURLは
https://www.cgkeimeikan.jp/shibutablog/
です。

引き続き新ブログページにて投稿してまいりますので、
今後ともよろしくお願い申し上げます。

病牀六尺の宇宙

港の見える丘公園の隣の近代文学館に行ってきました。
生誕150周年ということで、正岡子規展が開催されています。
ワークシートも準備されていましたが、1問だけご紹介します。

問:小さい頃の子規の様子を、母・八重は何と表現していたでしょうか?
答:へぼで弱味噌

落ちこぼれ

予防医学研究者・医学博士の講演会内容

『先日サッカーの本田圭佑さんにインタビューさせていただいたのですが、今のサッカー日本代表の選手の中では、幼いころからずっとエリートで活躍していた人はほとんどいないそうです。もちろんサッカーが上手な部類には入っていますが、その中ではずっと落ちこぼれで、それでも小さな一歩をずっと重ねてきた人が最終的に日本代表に選ばれているとのことでした』

ここから下は、大人(社会人)に当てはまる内容。

『しかし、それでもあるところで限界に到達します。これ以上いくらやっても伸びようがないと思われるとき、その限界を超えられる選手と乗り越えられない選手がいます。その違いは何なのかというと、結論から先にいってしまうと、他の分野からの学びがあるかどうかです』

何者

直木賞をとった朝井リョウの小説。(昨年映画化もされましたが、キャスティングは見事でした)
最近は、朝井リョウの小説が、中学入試問題にも出題されるようになっています。
同じく映画化された「桐島部活やめるってよ」は藤嶺藤沢さんが出題しましたが、
今はやりのスクールカーストがテーマ。今回の何者は「SNS」がテーマです。

ラストはハッピーエンドで終わるのが、似たような現代社会を描く作家よりは好みです。
解説で、三浦大輔(演劇のほうの人)が、ライバル心から、<ラストを「失敗しろ!」と思って読んでいたら、
なるほどねで終わった>と書いています。

デジタルネイティブでない世代で、子どもたちの指導や採用にかかわる大人は読んでおいて損はなし。

戦国武将の最強は?

TV番組より。部下の闘いも含むそうです。

武田信玄 94.3% 50勝3敗
毛利元就 90.2% 37勝4敗
織田信長 89.4% 118勝14敗
上杉謙信 87.8% 43勝6敗
伊達正宗 87.5% 14勝2敗

勝率の上では、武田信玄が1位です。
でも私は、132戦もした織田信長に1票。
introduction
CG啓明館とは、神奈川で半世紀の伝統と実績を持つ中萬学院の中学受験専門館です。学習塾部門の中萬学院は、総合塾でありながら各受験専門指導体制を整え、生徒保護者の方のあらゆるニーズにお応えしています。
訪問者数
  • 累計:

livedoor プロフィール

shibutablog

神奈川県・東京都に全172教場を持つ中萬学院グループの中学受験専門、CG啓明館の事業部長。担当教科は国語と社会。趣味は読書と旅行(日本全国制覇!)

リンク
記事検索
Archives
QRコード
QRコード