shibuya_428

¥えんむすび¥

相場観の歪みを認知するために、気になった記事を取り上げていく練習帳です。

17

ギリシャ融資は続くよ、どこまでも

<ユーロ圏財務相会合>ギリシャ追加支援で一致 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
財務相会合では、レーン欧州委員(経済・通貨担当)がギリシャへの追加支援ですべての国に議会承認を加速するよう求めることで、ユーロ圏が一致団結して対応する姿勢を強調した。ただ、議会承認を受けたのはわずか5カ国で、10月までに残り12カ国が承認を受けられるのか不透明だ。またギリシャ側も税収が急激に落ち込む中、約束通り財政赤字を減らすことができるのかも見えない。さらに今回、仮にEUと国際通貨基金(IMF)から融資を受けられても、資金は3カ月分に過ぎない。「いずれかの段階で抜本策が取られなければさらに深刻な危機に見舞われかねない」との見方は根強い。
ギリシャがユーロにとどまるかぎり、綱渡りは続きます。 ボラリティの高い値動きは有り難いのですが……。
15

ソロス「欧州債務危機が大恐慌引き起こす」

再送:欧州債務危機が大恐慌引き起こす恐れ=ソロス氏 | Reuters
政策当局者はギリシャ、ポルトガル、そしておそらくアイルランドがデフォルト(債務不履行)に陥り、ユーロ圏離脱に追い込まれる可能性に備えなければならないと指摘。「たとえ破滅を回避できたとしても、赤字削減の必要性がユーロ圏を長期的なリセッション(景気後退)に導くことは間違いない。それは計り知れない政治的結末をもたらすだろう」と述べた。
そう言っておいて、ソロス氏本人は押し目買いを始めていたりねw ポジトークなのか、どうなのか、定点観測してみます。
15

独仏、ギリシャのユーロ圏離脱を否定

ギリシャのユーロ圏離脱を否定=緊縮策徹底求める―首脳会談後に独仏が声明 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ギリシャ、ドイツ、フランス3カ国の首脳は14日夜に電話会談し、ギリシャの債務問題を協議した。独仏は会談終了後に共同声明を発表し、ギリシャのユーロ圏からの離脱を回避する決意を示した。一方、欧州各国が合意済みの安定化策を実行に移すことが重要と強調した。  声明は「ギリシャの未来はユーロ圏にあると確信している」と表明。また、ユーロ圏諸国が7月に合意した欧州金融安定基金(EFSF)拡充など債務危機の安定化策を「完全に実行することが不可欠」と指摘した。その上で、ギリシャの生命線である国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)からの次回融資獲得には、「財政赤字削減策の実行が前提条件」として、ギリシャに緊縮策の徹底を求めた。  16、17両日にガイトナー米財務長官も出席して開かれるEU財務相理事会では、今回の声明に沿った内容の議論が進むとみられる。  IMF、EUによる第1次支援枠からの第6弾融資80億ユーロ(8400億円)を9月中に獲得できなければ、ギリシャ財政は破綻するとみられている。今後の支援の要となるEFSF拡充も、ユーロ圏各国の議会での承認が不安視されており、ギリシャ10年債の利回りが24%を突破するなど、市場での不安は極度に高まっている。
ギリシャがユーロから離脱するまでは、欧州危機は解決しないと思うんだけれど……。
このブログは、日々のトレードをする上で、相場観の判断材料になりそうな記事を取り上げて「ブル(上昇材料)」「ベア(下落材料)」に区分けします。ブルとベアのカテゴリを参照することで、いま自分が何を材料視しているかをを分かるようにしています。また、旬をすぎたネタは区分けから外して、そのブルベアの判断の正否を検証することで、相場観の歪みを修整することを意図しております。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ