中国銀行界の「飛ばし」問題 LGFVはいずれ大問題に発展する - Market Hack
LGFVとはLocal Government Financing Vehicleの略で中国の不動産開発の際に組成される特別目的会社(SIV)を指します。早い話がペーパー会社です。 そのペーパー会社が名目上の融資先になるので中国の銀行は「直接、地方政府に融資してはならない」というルールを迂回できるわけです。 先日、ムーディーズは「LGFVを使ってアレンジされた貸付は5000億ドルくらいあると思われる。しかもその内容は悪化している」というコメントをしました。 ムーディーズがどうやってこの試算に到達したかに関してはいろいろ批判もあります。 しかし既にLGFVの債務残高が中国のGDPそのものを超えていることは金融関係者の多くが認めるところです。
シンガポールのSWFが中国四大銀行のうち、 二つの株式を処分したって話です。36億ドル。 いずれやってくる、中国のバブル崩壊。 気になる情報をメモっておきます。 #あと、リンク先のMarketHackさんとの感度もチェックします(氏のエントリーのうち、わたしの琴線に触れるものが、どの程度の確率で当たるか=当たらなければ、わたしのアンテナを調整する必要がある)