2018年12月14日

けん玉修行

12月議会が終わって。まだ違うことで忙殺される。
なかでも、今、はまっているのはけん玉修行・
これは、膝の柔軟性を養うのには、とってもいいみたい。
まだまだ初じめたばかり。
それでも大皿に10回のうち3回くらいは乗るようになってきた。
けん玉・・・大道芸ではないけれど、空き缶をもってチリーンとお金をいれてもらって、旅をするっていうのも、昔だったらかんがえられたな。
イギリスのお話しだったか、フランスのお話しだったか「家なき子」
これは、年を取った元俳優が、赤ちゃんの時さらわれた少年を拾って、犬や猫・猿に芸をさせながら、旅をして、少年は富豪のこどもだったということがわかり、老人はなくなっていくのだが・・・

大道芸で、身を立てるっていうのも、選択肢としてあってもよかったなあ。



shibuya_tomiko at 22:50|PermalinkComments(0)

2018年12月03日

明日から12月議会

明日から12月議会。
住民のみなさんにたぶん、議会中は忙しいとおもわれているだろう。
が、議会中よりも、嵐山町議会の場合、その準備の方が忙しい。
一般質問は、開会の2週間まえ・・・そのころから、頭は議会モードになる。

私は、一般会計予算の修正案をだすことにしているから、今回は、土日が忙しかった。
議員提出議案は、6月議会と12月議会の初日の午後1時まで。
きょうは、意見書案つくりで忙しい。


今回、私が提出するのは、日米地位協定の見直しを求める意見書 ・核兵器禁止条約への署名と批准を求める意見書。
中部資源循環組合を脱退する決議、町立幼稚園の3年保育にする決議、ゼロウェイスト調査検討特別委員会の設置決議

全部、事務局に提出できるとほっとするのだけど、まだ1本仕事が残っている。

強権 一人勝ちの安倍政権になってから、意見書提案の仕事が増えている。




shibuya_tomiko at 18:40|PermalinkComments(0)

2018年11月30日

沖縄のこと、もっと知ろう パネル展

KIMG0578
昨日、東松山市民活動センター
「沖縄の子と、もっと知ろう」パネル展に行きました。きょう明日もされています。
戦前、の本の軍隊は沖縄にいました。
慰安所もありました。
慰安所の多さに泥きました。慰安不にされる人たちは、よい働き口があるといわれたり、拉致されたり。
通じょぷいのやり方では慰安婦はあつまりません。逃げないように、自殺されないように監視されていました。

沖縄は差別されている。こんなに多くの人達が慰安婦にされていたのか・・・と思いあmした。

嵐山町でもこのパネル展はやりたい。KIMG0583 (1)


そう思いました。5月くらいにでもやれたらいいなあ。KIMG0581


川越市議会議員の女性職へのパワハラ、セクハラが第3者委員会で指摘されたという新聞記事がありました。日本の男尊女卑・人権意識の弱さが、露呈しています。
職員の人、がんばったなあって!!


shibuya_tomiko at 10:35|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

住民訴訟提訴

きょう、岩澤勝嵐山町長被告に、住民訴訟を提訴しました。
請求の趣旨は、町長に埼玉中部資源循環組合の負担金計3473万8千円の損害賠償請求です。
監査請求後、埼玉資源循環組合から負担金の返還をもとめるものにしたほうがよかったかな・・と思いました。
が、3月の当初予算で、H31年度分の負担金予算がでてくるので、再度監査請求と訴訟の併合が必要になってきます。
その時はそのようにしようと。・・・

埼玉中部資源循環組合を考える会のHPを作り上げようとしながらできてなく、反省しています。
HPも4年間、ほとんど更新せず、ブログとFACEBOOKだけだった。
よくないなあ・・・って反省。

shibuya_tomiko at 18:01|PermalinkComments(0)

2018年11月25日

3番目孫育ちから思う事

昨日、谷中でチャイコフスキーのコンサート。目の前のピアノとバイオリンとチェロで、充実した時間。この空間、いいなあ。
20181124_135925

帰りに、孫たちと夕食。11歳と8歳と1歳半、・・・とちょっと離れた年齢構成。
3番目は人見知りの時期なので、泣かれるかなあ・・・。案の定。
リビングでエッでした。
テーブルの下にいすが倒れておかれている。11歳の孫ちゃんも、テーブルの上でゲームをしていて、お手伝いを頼まれると、はいっといって、椅子をたおしてテーブルの下にいれる。8歳の子も、何かする時は、テーブルの下から椅子をおこして、すわって、椅子から離れる時は、椅子を倒してテーブルの下にしまう。
3番目の孫ちゃんのやんちゃに対応するために方法らしく、おもしろい。

私の子育ての時はさすがにここまでのことはなかったけれど、3番目の孫は、年の離れている姉・兄と同じことができるとおもっているらしく、テーブルの上の被害は大きい。
被害を被らないようにテーブルの上に乗らないための方策。2歳すぎればわかるようになるものね。

テーブルの上の被害では、昔昔、飼っていた猫のにゃにゃまるとたまちゃんが、ときどき、食事時テーブルののっかっている魚に手を出すので、にゃにゃまるだめ、たまちゃんだめといっていたら、、あわててテーブルの上からおりていた。
ハエよけのカバーをかけたりして、予防していたが。
猫にいすを倒しても、ネコは床からテーブルに飛び乗れるのでむりだっただろう。

よくやってるなあと感心する。


私も子どもたちの家庭も叩いて躾けるというセンスはない。
絶対にと言い切れるかというと自信はないが。


9月議会での川口議員提出の体罰禁止法の制定を求める意見書案に、政友会の議員が「体罰も躾の範囲ならゆるされる」というセンスに絶句した。
今回の一般質問では、最初に体罰についてを持ってきた。
東京都では、児童虐待防止条例のなかに、親の体罰禁止を盛り込むという。

DV防止法の制定されてから、ようやく、家庭内での女性への暴力は、してはいけないことだということが定着した。それと同じことが、児童虐待としつけからの体罰にもいえる。

人や動物をたたいて躾けるという暴力の思想はあってはならないことだ。
良い悪いの判断を暴力で教えるのは子どもの判断力を育てない。

3番目の孫は塩昆布の袋をもってきて、私に渡してくれた。「昆布だねえ」というとえーんと泣く。
なんだろう??とおもうと
ママの解釈
「塩昆布、食べたいから開けてよ。といってるのに、あけてくれないよ。塩昆布ちょうだいよ」といっているのよ。
そうか。残念でした。塩昆布は塩分ありすぎ。
ママ曰く
この人、ほっとくと昆布一袋食べてしまうし、カルピスの原液のんでしまうからうっかりできない。

パパが帰ってきて、お風呂にいれてもらっていた。

3番目、の子育て、その日を精一杯乗り切ったという事しか覚えていない。
1番目の子の記憶では、3番目は、腸ヘルニアがあって、泣くと下腹に腸がボコって出てくる。
手術をするかといわれたが、こんな小さい子に、麻酔はいやだということで、泣かさない子育てをしていたという。
そういえばそうだった。よく抱っこしていた。上の二人は当たり前のようにみていたけれど、きっとそうではなかっただろう。
あっという間だけれど、親に寛容さと忍耐力とけろって笑って済ませるセンスも必要な時期だね





shibuya_tomiko at 09:26|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

12月議会 一般質問

12月20日が締め切りで、1昨日提出しました。
1、体罰について
(1) 学校・幼稚園・保育園・家庭におけるしつけと体罰の現状をきく
(2) 体罰による子どもの基本的信頼感喪失についての教育委員会の考え方を聞く
(3) 愛の鞭ゼロ作戦、ポジティブディシプリンの子育てについての嵐山町での啓発への取り組み、     今後について聞く
2、学童保育の現状について
⑴ 学童保育の(株)シダックスへの指定管理移行から2カ月経過したが、現状把握をきく
⑵ 保育の質について聞く
3、第3の居場所事業について
(1)地域では、菅谷小に子ども食堂ができるなどの話が広がっている。
  学校保護者・地域への説明についてどのように進めていくか
(2)4月からの利用者の公募方法を聞く
(3)専門性のある職員の配置を聞く

4、子育て世代包括支援センターについて

(1) 職員体制について
(2) 専門性の確保について
     助産師は雇用できるか
(3) 産後ケアについての考え方  

5、花見台工業団地拡張について
(1)企業局より花見台工業団地拡張に 応募している事業者の数・事業内容・事業者の決定による造成事業、環境 配慮を聞く 
(2)現在の課題について聞く


6、後のゴミ処理について
(1) 埼玉中部資源循環センターの進捗および、現在の課題について
(2) 平成27年6月8日の嵐山町議事録を見ると、町長は、顧問弁護士より、埼玉中部資源循環組合は埼玉中部環境保全組合とは別団体であるため、32年前の裁判の和解をまもらなくても違法ではないというアドバイスがあったという答弁をしているが、以前も尋ねたが、いつ、どこでそのアドバイスうけているのか。
(3) 今後のゴミ処理については、財政・環境面から計画を見直すべきだが方向を聞く
(4) 現在、落ち葉・草は袋につめて、また剪定枝は30センチに切りそろえて焼却ごみにしている。町内に数カ所程度、堆肥施設をつくり、焼却ごみではなく、そちらに運び込むシステムの構築が必要であるが、考えを聞く


7、幼稚園・保育園無償化について
(1) 国は幼稚園・保育園無償化にかかる費用を年約8300億円、このうち市町村側に求める負担を4370億円と試算したことが報道されている。全国市長会は全額国費で賄うよう求めている。町村長会の動きは報道されていないが、考えを聞く
(2) 国の示した案で、町負担額の試算を聞く



shibuya_tomiko at 13:11|PermalinkComments(0)

2018年11月21日

あなじゅばす幻灯演奏会

11月18日。日赤社屋でアートセッションさいほく のスペシャルライブでした。
こんな演奏会もあるんだ。ほっこりした気分で聞いていました、
「夜の江ノ電」で、幻灯ではなくってプロジェクターだったのですが。
今は幻灯ってないのかしら.
歌とピアノはひらたよーこだん、ドラムは大光ワタルさん、田中流さんが幻灯写真。20181118_161429
20181118_144623_Burst01
3日前のことなのだけど、もうその時の気持ちは忘れている。
20181118_142112_Burst01

ディセンターウィズの方が司会で、トークもゆっくりして、議会はほとんどセンスの闘いの場なので、こもちのよいゆったりとした時間でした。
20181118_142148
20181118_142135_Burst01
町立幼稚園にある日赤社屋、懐かしい空間イメージです。


shibuya_tomiko at 11:18|PermalinkComments(0)

2018年11月15日

4番目の孫

2カ月になる4番目の孫を抱っこしてきました。5.7kgだということで、昔飼っていた猫のタマチャンよりは、まだ体重が少ない。だけど、重たいなあ。ベッドやにおくと泣くので、たまにしか来ないババが抱っこしましょうと抱っこしていました。

抱き方がいつもと違うよといって泣いているらしく、縦抱っこはまだ、怖いなあ。困ったなあ。
かわいい生後2カ月の写真をアップしたいのだけれど、こどもにもプライバシーがあるからということで、後ろ姿だけ。
20181115_150431


今朝の新聞。赤ちゃんが泣き止まないので、寒いトイレに放置しておいた児童虐待が出ていた。
これは泣かれっぱなしで一人で育児だとほんとうに辛いなあ・・と思った次第です。
きょうは、お天気も良く、私がいく前は、図書館にいっていたのだって。
図書館では泣かなかったということで、よかったね。

孫ちゃんたちもっと増殖するのかなあ???


私の孫たちは、専業主婦となる娘たちと生活している。
これが、企業勤務の場合は、どうなるか。計算してみた

9月11日生まれなので、産休は8月1日から
産休の終了は11月5日
月額 20万円の給料だと
出産育児一時金は42万円
出産手当金は43万5806円
育児休業給付金は121万7332円


育児休業期間は 2018年11月7日から子どもが1歳の誕生日になるまで
育児休業の申し出は,2018年10月7日まで

4番目の孫と娘の生活をみていると、産休後に仕事につくのは厳しいなあ。
育休の申し出も1ヵ月以内に行わなくてはいけないので、せわしないなあ。まだ、身体が完全に回復しているとはいえないだろう。子どもとの生活のリズムをあわせるのだけで、手一杯。

日本では、こどもは育てにくい。
この育児給付金額では、生後1年未満で職場復帰をして働かなくってはと思う女性は多いだろう。
待機児童が増えていく原因は、そのあたりにあるだろう。
公的機関が保育園を増やすことも必要だが、育児給付金の増額が必要だろう。

出産前と同じだけの金額が1年間は交付されてもいいのかなあ・・・
そのほうが、公的機関も親もお互いに出費が少ないし、精神的にも親としてのリズムが作れる。


以前、嵐山町では、1年間はどの子も1年間1ヵ月10万円程度の育児手当金を交付したほうが、1歳児の子どものための保育費を増額するよりも結果的には、財政的に楽ではないかという提案をしたほうがある。一人の0歳児保育には、最低20万円以上の経費が必要になってくる。東京都のどこの区だったか、1歳未満児は保育園の対象としていない特集を読んだことがある。
1ヵ月5万円でもよい。そのほうが、母子関係は楽なはずだし、子育てを楽しめるのではないか。

子育て支援は、現状の日本のあり方は、家族の課題をキャッチしていない。



shibuya_tomiko at 22:54|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

にじいろの傘

NWEC・講堂・演劇集団いと旗揚げ公演「にじいろの傘」20181111_145134

嵐山町近辺でも、こんな愉快で涙もある舞台できるんだなあ・・・感動!!
小中学生のダンスもあって、効果音と照明とせりふがピタッとあって。
とってもよかった。
きょうが旗揚げ公演だから、次回がおたのしみ。

熟年者の文化だけでなく、若い人のアクチュアルな文化も始動始しているってことか。
多くの人が手助けしてるんだね


shibuya_tomiko at 20:45|PermalinkComments(0)

2018年11月10日

第14回議会報告会

第14回議会報告会は、いままでになく参加者が多かった。午前中34人、午後25人。
議会報告会が定着したこともあるし、テーマに関心を持たれた方々、PTAの方の参加が大きい。
ずいぶんと苦労した広報広聴委員会のみなさんの苦労もむくわれてよかったね。
今回のテーマはAグループ、嵐山町の観光資源、Bグループ自然災害の対応、
私は、自然災害の対応のグループで、参加されたそれぞれの方のご意見は興味深かった。特に嵐山町のハザードマップは8年前のもので、東日本大震災以前のものであることの指摘と、HP上に、避難場所が掲載されてなく、避難場所がどこか探しにくいこと。この2点は、重要な指摘だ。
やhらい多くの町民の方のご意見を聞いていくスタイルは大事にしたい。KIMG0567



私は広報広聴委員会のメンバーではなく、皆さんのご苦労、参加してくださった方に感謝!!


shibuya_tomiko at 17:57|PermalinkComments(0)