2010年07月12日

講演会「若年労働者と貧困問題」

「市民政治に関する講演・討論会」高畠通敏さんが亡くなってから、半年に1度続いている講演会、昨日は「若年労働者と貧困問題」毎日新聞社 東海林智さん

メモより
‘本の貧困率 (所得を上位から並べて半分の半分)114万円以下の人  
15.7%
 OECD加盟国で下から4番目(アメリカ、トルコ、メキシコ)
 失政が見えてくる数字 急速に悪化
 民主党  貧困率をだしたこと評価
 政権のあるうちに声をあげ現状を伝える。
 市民の質が問われている
 日本はがんばってもどうにもならない層がいる。
 自己責任=がんばればなんとかなる世界
▲錙璽ングプアー(200万円以下) 
 非正規雇用
 06年(男18,4%、女52.9%)
 若年層をシングルマザー  貧困の広がりを直接受ける
 男女雇用機会均等法→非正規雇用
           一般会社の女性労働はほとんど非正規雇用
 シングルマザー  非正規雇用 70%
          正社員は難しい。
          ダブル・トリプルジョブが当たり前
 若者ー賃金が年をえてもあがっていかない
    少子高齢化の将来を支える。

F雇い派遣労働 ←日雇い労働(山谷・尼崎・寿町のよせば)
 1999年 大阪尼崎0.6km2に2〜3万人の男性労働者
 簡易宿泊所(2段ベッドの一つを1日500円くらいで確保
 建設不況 尼崎の仕事がなくなる
 日雇い 毎日仕事をえて毎日解雇
 ドヤ(やどの反対)に止まることができない→野宿(落ちるという)
 大阪13000人の野宿(80%が尼崎から)1日500円から1000円で生きる
 野宿で生きていくのが困難 尼崎からでていく
 1999年当時 携帯電話をもっているのは珍しい時期、携帯電話をもっていると仕事 にありつく人がいた 
 携帯電話に人見頭の親方に連絡先を登録
      朝4時、職安の前にトラック
      相対で仕事を探す →日雇い派遣
 派遣会社  → 携帯で日雇い派遣
 厚労省 われわれが想定していなかった事態になったというが、実は関与していて
     メールで労働条件を明示する許可を通知した
     仕事がないため若者が野宿化していく
 日本のあちこちに寄場がある
 尼崎・山谷  労働者の団結  1日日当10000円(暗黙の最低基準)

 ネットカフェ  団結の基盤がない、1日日当6000円

日雇いの派遣引越し(6000円)元請には12000円でピンハネ50%

日経連(経団連)1995年に提示した新時代の日本的経営
ピラミッドのトップ 正社員 エリート
中間層   高度専門能力活用 非正規
下層    雇用流動型

経営者は正社員を雇用したくない→労働の商品化

今、労働者派遣法の改正が審議 これは労働法ではなく事業法
派遣元  →    派遣先
     ←
↓↑       ↑↓
    労働者
△の関係

企業  ←   労働者
    →  

派遣切りの最初は大分キャノン
 契約の途中で大分キャノンが派遣元を解除
 労働者の首を切ったのは派遣元なので、派遣先には問題がない
 派遣元は大分キャノンに違約金の賠償請求をしなかった。
 1400人を解除したが、新たに400人を募集。
 
経営者のモラルが地に落ちた。
日本の経営者はどうかしていた。と、当時の経営者は振り返る、
人を切るのに慣れた←メディアがたたかない。

働いているのは人間
 派遣会社が派遣先に損害賠償を求めなければ存在意義がない

見えないものを見えるようにする=可視化

厚労省の問題 過労死・過労自殺を公表しない(企業を守る)
企業名を公表することで問題を可視化できる

現在、遺族が訴えた場合、可視化できる、スカイラーク、電通など200〜300社
遺族が訴え、過労死が認定されるとサービス残業を残業と認定になる
過労死の家族の裁判で
トヨタ 残業 45時間
       60時間自主残業
労働基準署  毎日残業のあと、2〜3時間おしゃべりをしていたという弁明

マグドナルド店長 (店長は残業代なしで毎日終日仕事)
  こどもにパパは僕の葬式にも出ないだろうといわれ、過労死するかもしれないと  裁判
マグドナルド 裁判しないで1億円支払うからという交渉(全部の人に支払うと250億必要)があったが断って裁判
裁判では管理監督者には出退勤の時間の自由、賃金の決定権がある
 しかし、マグドナルドの店長にアルバイトの自給の決定権はない。
 のでマグドナルドの店長は 管理監督者ではないと勝訴
 が、マグドナルドには組合がないので、勝訴になっても他の人に波及しない
 
経営者の一人がちの労働関係は社会的連来でしか変えられない
社会的排除をしないことが重要

質問1(昭和41年卒業の女性)
女性の過労死の報道がないが
 女性の総合職に過労死があるが1%以下
 過労自殺は10%  オリックスで24歳の人が飛び降り

派遣村で女性は並んでいないが
 恥ずかしい・・・500人のうち15人
 女性がこれる前提がない・女性は売春することで食べる 出会い系サイト
派遣法 オリックス社長が関与してで

質問2(昭和42年卒業男性)
高齢者の貧困は
 つつましく運動の前に出てこない

質問3 展望
最低生活のナショナルミニマム(これ以下の生活はできない)を作る 
 民主党政権の明るい部分 長妻昭が行っている
 ナショナルミニマム研究会を覗くとおもしろい

質問4 派遣法の将来展望
 原則 製造派遣の禁止
    安定した派遣にしていく
    派遣先 二重派遣 →直接雇用に
 BUT 派遣専門26事業の見直しがない
   女性労働者の70%が専門派遣
 日本赤十字社 献血呼びかける人がOA機器操作になる
 年金機構でも偽装派遣をしていた

毎日新聞社「貧困の現場」

感想 いつ貧困に陥ってもおかしくない現代で、貧困に陥らない方法をどうやって確立していくかが課題なのだけれど、システムの問題を提起していかなくてはということなのかなあ
   

shibuya_tomiko at 07:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字