12月18日(土)に、火災対応訓練を実施しました。今回は参加人数を制限し、夜間帯を想定した病棟での避難手順を確認する形で行いました。
 消火器での消火は目の高さの炎が限界であること煙が充満すると避難が困難になるため、排煙窓を必ず開けることなどが防火管理者より説明があり、避難経路や手順を確認していきました。
 水消火器による放射訓練も行い、消火器の使い方も実践しました。
 

【地域包括ケア病棟】
PC181355PC181353











    
PC181358
  
              
【回復期リハビリテーション病棟】
PC181364PC181365













PC181366

【水消火器による放射訓練】
PC181379

PC181377