2009年02月

そんな説明書いてない!!

前回お話した照明器具の交換のお話をここに記したいと思います。さて、思い切って照明器具の交換に行動を移したシダーズは早速ホームセンターに行き換えの照明器具を購入し照明器具の交換に取り掛かりました。まずはもともと付いていた照明器具を取り外し壁の内側にある配線を抜き取りました。そして新しい照明器具を説明書を見ながら取り付けようとしていたのですがどうも理解できませんでした。というのも器具本体の裏側に漏水しない様に直径5cmくらいのパッキンを取り付けして配線を繋げてビスで壁に固定するとのことが書いてあるのですがパッキンを取り付けてしまうとビスを通すところが無くなってしまうのです。どうしようか考えぬいた末に古い方の照明のアルミのパッキンにはビスを通す穴があったのでそのアルミのパッキンを使用しようと考え付いたのですがいざやって見るとパッキンのサイズがその照明器具本体の規格に合わないことに気付きました。またしても困ってしまったシダーズはしばらくあれやこれやとやってみた末にある事に気付きました。新しい方のゴムパッキンにはビスを通す穴は無いのですがそのゴムパッキンにビスを回しながら穴を通すことは可能なのです。これでやっと説明書の‘パッキンと器具本体を固定させて壁に取り付ける’という説明の意味が分かりました。しかしシダーズは思ってしまった。「パッキンに穴を通すなんて発想、説明書に書いてないのに誰が分かるかよ(`・д・´)」と。それでその方法で取り付けを行いようやく終了したのでしたが気付けば時間はPM:9:00。なんと照明の取り付けに2時間もかかってしまい急いでクリーニングに取り掛かり何とか本日の作業を終えたのでしたシダーズでした。



     ハウスクリーニング シダーズ

触っただけで照明が割れた!!

昨日は横須賀の自衛隊官舎に空室清掃で行ってきました。いざ到着して建物を見ると築年数が30〜40年くらい経っている古い建物でした。始めにキッチン廻りのクリーニングを行いその後にバスクリーニングを行っているその時でした。そのお風呂の照明のカバーを外そうとしたその瞬間、パリーンとガラスカバーが割れて飛び散ったのでした。原因はその照明のガラスカバーに始めからヒビが入っていてかなり老巧化していたため手で触った程度の力の入り具合で割れてしまったのです。シダーズもその原理自体は理解していたもののまさか触っただけでガラスカバーが割れてしまうとは思ってもいなかったので少しの間呆然としてしまいました。そしてその飛び散ったガラスを片付けたのですが問題が残りました。それはガラスカバーではなく、照明器具本体そのものを交換しなければならないということです。つまり照明本体を全て取り外し壁の中にある配線と新しい照明器具をつなぎ直さなければならないということです。今現在、ホームセンター等で照明のカバーだけの販売はされておらず換えるとしたら照明器具そのものを換えなければならないのです。シダーズは焦りました。それはまず照明器具そのものを購入しなければならずしかもそんな工事作業は本来電気やさんの仕事で清掃業を営んでいるシダーズにはほとんど経験がなかったからです。そして困った末に‘とにかくやってみるしかない’と自分に言い聞かせ行動に移しました。ですのでその行動結果は次回のブログで報告したいと思います(すみません、只今クリーニング中でこのままブログを書いていると今日中に終わりそうにないので(´−д−;`)。



     ハウスクリーニング シダーズ

大工さんかと思いきや・・・・

昨日は横浜のシダーズがいつもお世話になっている不動産会社の依頼で1Kの空室清掃を行いました。汚れ自体はさほど汚れていなかったのですがフローリングの床が一部腐食していたので大工さんが途中から来てリフォームする事になっていたのでした。その大工さんはPM4:00頃に来てPM6:00に終了して帰ろうとしていたのですがその姿を見ていてシダーズは少しうらやましく思ってしまいました。と言うのはシダーズのクリーニングは朝9時に来て始めているのに大工さんはたったの2時間だけ作業をして仕事が終了なのです。そんな大工さんを見てシダーズは思わず‘手に職がある人はいいですね、私の仕事は朝から来てまだ終わってませんよ’と大人げなくグチっぽい問いかけをしてしまいました。すると大工さんは‘何を言ってるんですか、私は本来看板屋なんですけど仕事が無くて今は大工もクロスの張替えも何でもやって何とか生計立ててるんですよ’と言うのでした。シダーズは以外な返答にビックリしてしまいました(゚ロ゚;)エェッ!?。さらに大工さんは続けました。‘しかも作業料金は低く抑えられるし現場の数を多く行わないといけないしもう大変ですよ’とおっしゃたのでした。シダーズは普段自分のハウスクリーニングという仕事を体力は使うし長時間労働だし大変な仕事だと思っていたのでしたがこの大工さんとお話をしていて改めて‘大変なのはシダーズだけではない、みんなこの大変な時代の中を一所懸命に生きているんだ’と頑張っている人の姿を見てまたもや励まされていた今日この頃のシダーズでした(´∀`)。



    ハウスクリーニング シダーズ

汚れは見かけによらない!

昨日は東京の上野に空室清掃に行ってきました。この物件はシダーズが開業当初からずっとお世話になっているリフォーム会社が管理している物件でいつもの様に‘さあ、長いことお世話になっている分頑張るぞ!’と気合いをいれてその玄関ドアを開けたその時でした。なっなっなんと汚れ具合がシダーズ基準で最高レベルに達しているお部屋がシダーズの視界に入ったのでした。シダーズはこの日あまり時間が無かったこともありちゃんとクリーニングが終了するか不安になりました。と言ってもやるしか無いので猛スピードで始めたところなっなんと汚れの落ち具合はシダーズ基準で最低レベル(簡単に落ちるという意味で)だったのです。なのでシダーズの心の中は不安な気持ちから一転して安堵の気持ちに切り替わり案の定作業が早く終わったのでした。それでクリーニングを行いながらなぜこんなに早く汚れが落ちたのかシダーズは考えたのですがそれはまず・その部屋が会社の寮で住んでいた方が仕事が忙しく寝るだけの為にその部屋に帰っていた・ですので料理などはほとんどしておらず油汚れはほとんど無かった・しかし男性ゆえ清掃はほとんどしていなかった(シダーズも男ゆえ気持ちがわかる〜(^∀^))。といった条件があてはまったことが分かりました。つまり簡単に言うとほこりのつもりやキッチンやお風呂などに残った水滴などがエンジ色(何か錆びた時にでる色)になったといったような汚れで汚れていただけであり簡単に落ちる汚れだったのです。そんな現場をクリーニングしてシダーズは思ってしまった。よく‘人は見かけによらない’と言うが‘汚れも見かけによらない’と(^∀^)。



     ハウスクリーニング シダーズ

熱交換器がボロボロと・・・・

昨日は○○○○レアメタル研究所という所へ200Vのエアコンクリーニングに行ってきました。いざその研究室に入って作業を始め、熱交換器(アルミフィン)を専用ブラシで磨いているとなっなっなんと空気を冷やす熱交換器のアルミフィンがボロボロと落ちてくるではありませんか!!「なっ何という事か、これではエアコンをクリーニングするどころか壊している事になってしまうではないか」と思い急いで担当の方にその事を伝えるとその担当者の方は‘ああ、うちでは研究する時に塩酸など強力な薬品をたくさん使用するのでそれでアルミフィンが腐食してるんでしょう。すいません、クリーニングがしにくくて’とおっしゃるのでした。シダーズは改めて薬品について勉強させられた気分になりました。と言うのも実はシダーズも塩酸とか苛性ソーダなどの薬品はクリーニングする時によく使うのです。それが今回この研究室では普段からよく使われていてしかもそれが気体の状態で触れただけなのにアルミを腐食させたわけです。もちろんシダーズでは素材には何もダメージが無いという事を万全に熟知した上でクリーニングしいるので何も問題は無いわけですがただこの研究室では使用している薬品の数、量ともシダーズが使用するそれよりはいずれも多いとしてもこういった危険性があると言う事です。一般的に気体としてこの世の中に目に見えないかたちでしかもそれが非常に危険なものとして存在しているものは数多くあるわけです。例えば鳥インフルエンザの菌などもそれと一緒で実際に目には見えない気体の菌が人体に悪影響を及ぼしているわけです。そんな事を考えているとまた、表現を比喩する事が得意な(?)シダーズは思ってしまった。‘人生の成功への道は目に見えて効果があると分かるような事の実行だけではなく、一見効果がでているのか分からないような地味でコツコツと行う日々の努力があとで成功へ導く’と逆の意味で‘一見存在すら分からない気体の劇薬物がコツコツと熱交換器に付き続けてあとでアルミフィンを腐食させる’と(´−д−;`)。



    ハウスクリーニン シダーズ
記事検索
livedoor プロフィール

シダーズ

QRコード
QRコード