2011年02月

シダーズ版ダボス会議とは・・・・

BlogPaint先日、シダーズは毎年スイスのダボスで開催されている先進国の首相や有名大学の教授や大企業の社長などが参加して世界の政治や経済、社会問題について会議するダボス会議に出席・・・・ではなくて‘シダーズ版ダボス会議’に出席してきました。今年で13回目となるこの会議(新年会)の参加メンバーは毎年同じ出席者で繰り広げられ、シダーズのお客様3名とシダーズで毎年行われています。今年は楽しく雑談も含めながら主に‘i-Phoneとアンドロイドのどちらを選ぶべきか’とシダーズの提案で‘今後の建築業界(リフォーム工程の流れはどうあるべきか)’について熱く議論が交わされました。その議論した内容を記したいと思うのですがとても全てを記す事は困難なため主要な部分だけ抜粋して記したいと思います。

 出席者(新年会出席者):4名   会議場:隠れ庵(横浜駅徒歩4分の居酒屋)
 横浜市内のIT会社社長のH氏      
 精密機械製作会社幹部のK氏
 塗装業社長のT氏
 掃除屋のシダーズ
  
‘i-Phoneとアンドロイドのどちらを使うべきか’
006H氏   
「私、近頃i-Padを購入して仕事で使用していますがかなりビジネス効率が上がりましたね」
シダーズ 
「と言うと具体的にどういった事でしょうか」
H氏   
「まず仕事をしている上で情報収集という観点からスピード、つまり迅速に情報をつかんでお客様に提供できるのでかなり役に立っています。」
シダーズ 
「なるほど、Hさんの場合IT関係の仕事をしているので特に必要というわけですね」
K氏   
「しかしどうでしょう。i-Phoneのライバルとしてアンドロイドがありますが今現在利用するとしたらどちらがいいのでしょうか」
H氏   
「確かに世界的なシェアでいうとアンドロイドの方が上まわっています。しかしi-Phoneの方がアップル社のOSだけあって格段に使いやすいです。また、インターネット検索がすごく早い。使いやすさで考えたらi-Phoneの方がいいでしょう」
シダーズ 
「しかし、そうであれば日本のシェアだけでなく世界的なシェアももっと拡大しているはずです。例えばアメリカのカリフォルニアではi-Phoneが圧倒的にシェアを獲得していますが東海岸ではアンドロイドを使用している人が多いといいます。この差はどこからくるのでしょうか」
H氏   
「アンドロイドは現状i-Phoneと比べてアプリの数が多いしフラッシュ機能なども使えて使いやすさというよりは使い勝手はいい。i-Phoneはアップルのみの提供ですがアンドロイドはいろんなメーカーからハードを変えて発売されている。いろんなメーカーが開発、製造しているので新機能の提供がi-Phoneよりも早い。今後の事を考えるとアンドロイドの方がいいかも知れません。ただアップル社も今後新機能をどんどん開発していく事は確実です。そのあたりを踏まえて個人が自分のい好きな方を選べばいいのではないでしょうか。」
T氏
「おっしゃるとおりですね。私は今、i-Phoneとアンドロイドの行方を見極めているところです。今年の年末にはどちらがいいか見えてくるのではないでしょうか。」
シダーズ
「なるほど。」

‘今後の建築業界(リフォーム工程の流れはどうあるべきか)’
013シダーズ
「実は昨年の夏のことなのですが私が請け負っているクリーニング現場を管理していた社長さんが‘不当に作業料金を取られた’と不満をもらしていたのですが・・・・」
T氏
「というと」

シダーズ
「中古物件をリフォームして売りにだす物件だったのですがその物件のフローリングの張替えの際にその仲介をしたリフォーム業者がいろいろと理屈をつけて高く請求したんですね。ですが物件を管理している社長さんは基本的に現場経験がないので床材がどうのこうの言われても分からないわけですよ。なので不満がありながらもその高い床工事を承諾した。けれども納得がいかない。ということなんですよ。」
T氏
「それは仲介にはいったのがリフォーム業者だったというのが微妙なところですね。本来なら工務店がはいって行うのがセオリーですよ。」
K氏
「というかその社長さんだって長いこと建築業界に携わっているのだからそのあたりの事は分かっているんじゃないんですか」
シダーズ
「いや、一般的にはそう思われているかもしれませんけど実際に現場で作業していないと分からないものなんですよ」
T氏
「それは言えるね」
K氏
「だとしてもその社長さんがリフォーム業者と取引きを始める際に相手の業者をしっかり見極めて釘をさしておくべきですよ」
シダーズ
「もちろんそういう考え方もあります。ですが業者同士の付き合い、もちろん対エンドユーザー(お客様)の場合もそうですが取引きというのは本来‘信頼’で成り立っていると思います。実際に長くお付き合いできている場合、そこに‘信頼関係’が存在しているのはきれいごとではなく現実によくあることです。」
T氏
「話を戻しますがその仲介にはなぜ工務店ではなくリフォーム業者が入ったのでしょうか」014
シダーズ
「それは流通の問題にもなると思うのですが一般的な受注のながれとして 依頼者⇒工務店⇒リフォーム業者⇒清掃業者⇒物件を購入するお客様 の流れになるところを 依頼者⇒リフォーム業者⇒清掃業者⇒お客様 のながれで工務店の工程を省くことでその物件価格が下がり、物件を購入するお客様により安く提供する事を考えたのです。言ってみれば大手量販店が卸問屋を通さずにメーカーから直接商品を取り寄せているのと似ています。」
T氏
「なるほど。しかしそういったかたちで行うならばリフォーム業者に対して先程シダーズさんが言った‘信頼関係’といったものが必要となるでしょう。これはもちろん工務店さんに対してもそうですし清掃業者のシダーズさんに対してもそうです。まあ、この業界に限らず最終的にはその取引きしている相手の人との信頼関係に依るのでしょうね。例えばどんなに名の知れた大きい会社であっても結局話をして商談を行うのは対その人になるわけですから」
シダーズ
「なるほど。」

と、こんな感じで少し遅く開催されたシダーズの新年会は終了したのでした
(⌒∇⌒)。

ハウスクリーニングシダーズ ハウスクリーニングのシダーズ

シダーズワックス選手権1位(光沢編)に輝いたのは・・・・

本日は先日お伝えしたシダーズワックス選手権の結果についてお伝えしたいと思います。まずは先日出場したワックス群をおさらいしておきたいと思います。

商品名:タイムカット
販売元:コニシボンド

002タイムカット







商品概要
コニシボンド蠅離錺奪ス群の中でも群を抜く光沢性がある。ライトベージュや白に近い床面に塗布するのが適正と思われる。日光や蛍光灯の反射性が強い為、屋内を明るく保つのに最適。

商品名:クラスターコート
販売元:横浜油脂

001 クラスター







商品概要
横浜油脂蠅離錺奪ス群で最高品質を誇るワックス(最近発売されたハイグレードコートを除く)。透明感がありクリアな射鏡性を十分に発揮するワックス。床面塗布時にでる若干の茶褐色が屋内を落ち着いた雰囲気にさせる。深みのあるチャコール色の床面に最適。

商品名:ヒールブロック
販売元:ユシロ化学工業

003 ユシロ (2)







商品概要
抜群の耐久性、耐ヒールマーク性を持ち、現在発売されているワックス群の中でも最高クラスの耐久性を誇る。薄色系の床面へのワックス塗布時にその効果を特に実感できる。歩行頻度の多い美容院などの商業店舗の床面には特におすすめできるワックス。

商品名:グランドプレステージ
販売元:リンレイ

リンレイ  グランドプレステージ









商品概要
リンレイ独自の研究開発によりゴルフボールにつかわれている衝撃吸収性樹脂‘アイオノマー’を配合することにより歩行時の衝撃吸収性を格段に高めることに成功。また、この‘アイオノマー’を配合したフィルム設計により新しいゴルフボールのようなやわらかい光沢感を実現。

商品名:スーパーワックスDW
販売元:オーブテック

スーパーワックス オーブテック









商品概要
リノリウム床に塗布しても変色しない床面万能型ワックス。床面万能型ワックスでありながら高度な光沢性を実現。また、水の上からの防スリップ性もかなりのレベルで実現。光沢性、耐久性、防スリップ性とワックスの性能バランスがいい。
 
商品名:アルファコンセプト
販売元:リンレイ

リンレイ02 アルファコンセプト










商品概要
リンレイ独自開発の‘アイオノマー’樹脂を配合することにより高レベルでの耐久性を実現。また、若干の茶褐色性があり、チャコールブラウンなどの濃色系の床面に塗布すると落ち着いた、やわらかい光沢感を実現。

以上がワックス選手権に出場したワックス群です。
では、早速結果発表を行いたいと思います。

シダーズワックス選手権
光沢部門1位は
グランドプレステージ(リンレイ蝓
に決まりました。
 グランドプレステージ
この床面の仕上がりは高光沢でありながらキラキラし過ぎない安定感があります。‘つや消し’床面が少しづつ脚光を浴びてる現在のお客様嗜好を加味すると光沢感が適度に出ていた方が光沢感を求めるお客様の要求に沿ったものといえると思います。
BlogPaintBlogPaint
                






(クリックで拡大可)              (クリックで拡大可)

上の2枚の写真は1位に輝いたグランドプレステージ(左)と耐久性を重視したヒールブロックの写真(右)です。グランドプレステージの写真1の丸い円の中に反射する照明の輪郭がくっきりでているのがお分かり頂けると思います。逆に右の写真の2の丸い円の中に写る照明の輪郭が若干ぼやけて見えると思います。このくらいグランドプレステージを塗布した床面はクリアな反射が可能なのです。ただ、右の写真のヒールブロックは耐スカッフ性、耐ヒールマーク性を重視してつくられたワックスでありこの結果は当然の帰結といえます。このヒールブロックもシダーズは使用しており、商業店舗の床面をおもに塗布してお客様から絶賛頂いております( ̄ー ̄)ニヤリッ。

※お詫び
先日、このワックス選手権の結果発表を昨日に行うと記しましたがシダーズのこの6種類のワックスがかなりのハイレベルでワックス力が均衡していた為、検証に時間がかかり、発表日が遅れてしまったことをここに慎んでお詫び申し上げます
(⌒∇⌒)。

ワックスの戦い

突然ですが本日、‘シダーズワックス選手権--光沢編--’行いました。実は前々回のブログでも記した2種類の床用ワックスがリンレイ蠅気鵑ら郵送で届き、これでシダーズの現時点での床用ワックスの所持数が計7種類となりました。そんな中でこのシダーズのかわいいワックス達が‘誰が一番か決めてくれ!!’と叫び始めました。ということで急遽、この‘ワックスの戦い’を開催しました。只今シダーズ検証部にて結果を検証中です。検証結果は明日、分かります。以下この戦いに出場したワックス達です。下の商品名の右側にある写真が各ワックスの塗布後の床面の状態です。どうぞご覧下さい。


商品名:タイムカットタイムカット
製造元:コニシボンド






商品名:クラスターコ−ト クラスター
製造元:横浜油脂






商品名:ヒールブロック ユシロ (2)
製造元:ユシロ化学工業






商品名:グランドプレステージ グランドプレステージ
製造元:リンレイ






商品名:スーパーワックスDW オーブテック
製造元:オーブテック






商品名:アルファコンセプト アルファコンセプト
製造元:リンレイ







どうでしょうか。このブログをご覧のみなさんはどのワックスが一番に輝くと思いますか。時間がございましたらちょっとだけ考えてみてください(⌒∇⌒)。

注 .轡澄璽困裡啓鑪爐離錺奪スのうちJグロス(製造元:ジョンソンディバーシー)の高濃度WAXはワックス塗布可能な面積がなくなりましたので急遽欠場となりました。
注◆,海寮錣い暴仂譴靴織錺奪ス各々のワックス力が均衡している為、シダーズ検証部による検証結果が1〜2日ほど遅れることがあります(´−д−;`)。

ハウスクリーニングシダーズ ハウスクリーニングのシダーズ

ありそうで無かったもの

032前回のブログで‘グランドプレステージの世界とは’というタイトルでこの前シダーズが行ってきた‘第21回ビルメンフェア’について記しましたが今回はその第2弾です。シダーズが扱っているワックスの1つをいつも取り寄せている横浜油脂蠅箸いΣ饉劼離屐璽后覆店)なのですが今回はワックスではなく、清掃資材でとてもいいものがありました。それはキッチンの五徳などを洗浄液につけおきするための容器です。といってもシダーズも当然キッチン廻りのクリーニングをする時には五徳や魚焼きグリルの受け皿などをつけおき洗浄するのですでに持ってはいるのですが大きさが大きすぎるのです。123この今現在シダーズが使用しているつけおきする為の容器はよく野菜市場や魚市場で野菜や魚を多量に入れる時に使われているものでかなりの大きさになります。この市場用の容器だとキッチンの形式によっては置き場所に困ることもあり以前から‘何か代わりになる物は無いか
(´−д−;`)’と思っていました。そんな矢先にこのビルメンフェアの横浜油脂蠅離屐璽垢砲討箸討睥匹気修欧覆弔韻き用の容器を発見したのです( ̄ー ̄)ニヤリッ。007左の写真のシルバー色の容器がそれなのですがこの容器だと今現在五徳の主流になっている横長のタイプが2つある場合でもすっきり入るのです。もちろんその他の魚焼きグリルの受け皿やバーナー部分の部品を一緒に入れる事も可能です。それでいて写真のように横長にスリムなデザインになっていて場所を取りません。持ち運びも簡単に出来そうです。いたってシンプルなものではあるのですがこれが実はありそうで無かったのです。
BlogPaint

005しかしシダーズの驚きはこれだけに留まりませんでした。横浜油脂蠅涼甘の方いはく、‘この容器は上部にフタが付いていて一度使用した洗浄液の入ったこの容器をフタで閉じれば持ち運んで次の現場でまた使えるんですよ’というのでした。更には‘そういう意味では洗浄液をリサイクル使用している事になりますのでエコにもなります’とまでおっしゃるのでした。とはいっても一度使用した洗浄液を再度使用すれば洗浄効果は減少するはずなのでシダーズは‘そりゃそうですけど一度使用した洗浄液を再度使ったら洗浄効果が減少するじゃないですか’と切り返しました。そしたら‘いや実はこの度当社で油汚れ用洗浄剤として新商品を発売致しましてその洗浄液は何度使用しても洗浄効果が減少しないんです’とおっしゃるのでした(゚ロ゚;)エェッ!?。シダーズはこの横浜油脂蠅離屐璽垢砲董討箸討皀好螢爐覆弔韻き容器’と‘何度使用しても洗浄力が落ちない洗浄剤’の2つのダブル攻撃でビックリさせられたことになりました。

ちなみにこの‘何度使用しても洗浄力が落ちない洗浄剤’はまだ発売されてなく、来月発売予定との事です。もちろんシダーズは来月にこの横浜油脂蠅北笋す腓錣察△海寮浄剤を発売初日に購入する予定でいます(⌒∇⌒)。

ハウスクリーニングシダーズ ハウスクリーニングのシダーズ

グランドプレステージの世界

先日、毎年この時期に行われるハウスクリーニングやビルメンテナンスで使用される洗浄剤や清掃資材が多数展示される第21回ビルメンフェアに行って来ました。今回は30社の洗浄剤メーカーや洗浄資材メーカーが集まり多くの清掃業者がそこに集い、とても活気のあるビルメンフェアとなりました。シダーズもそのうち7社ほどのメーカー及び卸問屋の方とお話、交渉、対決(´−д−;`)させて頂きました。そんな中でワックス選定士の名を誇るシダーズとしては(自称)やはりワックスメーカーに注目しました。その中でも本日は日本でもトップクラスの商品実績、売り上げ規模を誇るリンレイ蠅気鵑離錺奪スについて記したいと思います。まずは下をご覧下さい。

リンレイリンレイ02リンレイ03リンレイ04リンレイ05リンレイ06










これらはリンレイ蠅波稜笋靴討い襭横玄鑪爐里Δ船螢鵐譽い気鵑特にお勧めしている上位6種類のワックスです。この6種類のワックスはP-Tec(ピーテック、プレステージテクノロジーの略)というリンレイさん独自の検証方法でつくられたワックス群でリンレイさんの28種類のワックスの中でも光沢、防汚、耐久性の性能おいて最高位の位置づけのワックス類です。シダーズが今回特に調査したのはこの6種類のワックスの中でも最高位の位置づけになる1段目左の‘グランドプレステージ’というワックスです。このワックスに関してのリンレイさんの担当の方のプレゼンテンショーンはかなり熱の入ったものでありまた、かなりの自信に満ちた語り口でした。下にこの‘グランドプレステージ’の特徴を記します。

BlogPaint

この‘グランドプレステージ’は使用している樹脂にゴルフボールに使用されている樹脂‘アイオノマー樹脂’を配合しています。写真上の方にある青く丸い物体がそれです。この図のようにこの青い‘アイオノマー樹脂’が散りばめられていることによりゴルフボールのような耐久性とシャープな光沢を実現するとのことです。また、写真下の方に床面の写真がありますが左の写真が‘グランドプレステージ’をを塗布した床面、右の写真が他社高濃度ワックスを塗布した床面ですが明らかに‘グランドプレステージ’の方がキズがついていないのが分かります。

044 とは言ってもシダーズはまだこの‘グランドプレステージ’を使ったことがないのでまずはこの試供品を次なる現場で施工してみて後日その結果報告をしたいと思います      (⌒∇⌒)。




ハウスクリーニングシダーズ ハウスクリーニングのシダーズ

好きでもあり嫌いでもある奴(洗濯機)!!

1941本日は今回で3回目の洗濯槽分解クリーニングになる横浜市のお客様の所にお伺いしました。このお客様の洗濯機は日立蠕修痢お湯取り物語’というシリーズの洗濯機なのですがシダーズはこの‘お湯取り物語’が好きでもあり嫌いでもあります。というのはこの‘お湯取り物語’という洗濯機は洗濯槽部分において部品ひとつひとつ完全に分解出きるのでどんなに小さい汚れも見逃さず100%完全にきれいに出来るのです。で、ありますがこれを逆にいうと作業の手間がかかるという事でもあるのです。つまり分解できればできるほど洗浄すべきパーツ(部品)は増えていくわけでこの‘お湯取り物語’は作業時間を多分に要します。なのでこの‘お湯取り物語’はシダーズは好きでもあり嫌いでもあるのですが完全に徹底してきれいにできるという意味においてはシダーズの洗濯槽クリーニング履歴の中でも最高峰にランクインします。そんな完全にきれいに出来る日立蠕宗討湯取り物語’の洗濯槽の解説をもって本日は洗濯槽クリーニングを徹底解説したいと思います。

BlogPaint

\濯槽最上部にあるカバー 洗濯槽と外側の脱水槽の隙間を隠すカバー
∪濯槽の帽子 洗濯槽上部にあるカバー
洗濯槽本体 洗濯機作動時、実際に回転する胴体部分
の水カバー 洗濯槽回転時、下から逆流してくる水の水路を覆うカバーでここを水と同時に流れる水カスや細かいゴミなどを上部にあるネットで拾う為にある(実際には拾いきれない)。
ゥ僖襯察璽拭 洗濯機作動時、この部分が回転することによって水の回転が発生して洗濯が行われる。
δ貅け部分 洗濯槽最下部にある洗濯槽の底受け部分
透明摩擦防止フィルム 軸棒接合部分にあたる銅部品とその下にあるプラスチックの底受けの間にあり、この両者の摩擦を防止する。
┝緩誓楾臧分 この銅で出来た部品の中心部に穴があり、ここに洗濯機本体の軸棒が入り、洗濯槽と洗濯機が接合される。

BlogPaint以上がこの‘お湯取り物語’の洗濯槽部分の全部品になるのですがここまで分解できる洗濯槽の洗濯機は他にあまりありません。特にΔ猟貅け部分は他の多くの洗濯機において洗濯槽本体から取り外す事ができないのです。このΔ猟貅け部分との洗濯槽本体の重なる部分に水カスが溜まりやすく、ここの分解ができて完全に水カスやゴミなどを除去できるのがこの‘お湯取り物語’の優れた特徴といえるでしょう。

意識しない印象の差

昨日、またまたシダーズが大好きな古い中古物件(築40年くらいの古い物件)の原状回復クリーニングを行ってきました。この築40年くらいの築年数が経っている物件の特徴としてガラス・サッシにシルバーの色を使用している点が挙げられます。これは築30年以上前くらいに建設されたものに多く見られるのですがシダーズはこのシルバー色のサッシをクリーニングする時にお掃除屋さんとしての満足感を感じる事が出来ます。というのはサッシの色が淡色のシルバーゆえに、汚れるとその汚れが目立つのですが逆に洗浄後はそのビフォア&アフターの違いに‘こんなにきれいに出来たぞ!!’などと心の中で叫び、‘お掃除屋やっててよかったあ’とさえ思えるのでした。

002そんなシルバー色のサッシですがクリーニングを行う際はスチールウールを使うととてもきれいに仕上がります。サッシの素材がアルミできているということもありますがサッシに限らずその素材によっては目の細かいスチールウールで磨くとよりきれいになるといえます。例えばアルミサッシ、キッチンシンクのステンレス、トイレの排水管などです。これらに使用されている原材料はアルミ、ステンレス、鉄などですがこれらの素材は特徴としてさびやすい事が挙げられます。ですがスチールウールは本来素材の研磨やサビ落としに使うものでもあり、その素材を磨くことによってきれいになり、つやもでてきます。また、サッシに使われているアルミニウムというのはよく見ると横にラインが多数入っているのですがスチールウールで横に研磨することによって‘切れのあるシャープな感じ’な印象になります。

012この‘切れのあるシャープな感じ’とかなり抽象的な表現で恐縮ですがこの奥深いところに実はシダーズはお掃除屋さんの極意を意識して日々クリーニングしているのです(ちょっと大げさか(´−д−;`))。
そんなシダーズがクリーニングしている中で以前から気になっていることがありまず。それはクリーニングする箇所のビフォアとアフターの両方を確認していればその歴然とした違い(きれいになったかそうでないか)に心を打たれるのはいうまでもありませんが仮にその清掃箇所のビフォアを見ずにアフターだけを見たときに起こる印象の差です。つまり何が言いたいかといいますと‘きれいな仕上げ’といってもそのきれいの種類はいろいろあり、そのきれいさの違いを意識はしていなくても違った印象で受けている事がしばしばあるという事です。

その違った印象というのが今回のこのシルバー色のサッシのクリーニングにおいてもいえるのです。つまりこのアルミニウムのサッシというのは前述したようによく見ると横にラインが入っているのですがこのラインを活かした仕上がりとそうでない仕上がりに分かれるのです。それのどちらかの仕上がりに仕上げればいいというわけではなく、その時々の状況によって判断するべきものと思われるのです。
BlogPaint
とまあ小難しい理屈を長々と記させて頂きましたがシダーズが一番なすべき事は‘お客様に出来る限り喜んで頂く’ことに尽きます。なのでそんな想いをこのガラス・サッシにぶつけてクリーニングしている今日この頃のシダーズでした(⌒∇⌒)。

        この汚れを            このようにしました( ̄ー ̄)ニヤリッ006 016







ハウスクリーニングシダーズ ハウスクリーニングのシダーズ

MAW−D9YPとMAW−HD88Yの違い

011昨日、三菱㈱製乾燥機能付き洗濯機MAW−D9YPという機種の分解クリーニングを行いました。この洗濯機は通常の三菱㈱製洗濯機の構造どおりのものでいつも通りの分解クリーニングするように行いました。ですが同じ三菱㈱製の乾燥機能付き洗濯機で若干構造が違うものがあります。それはMAW−HD88Yという機種の洗濯機です。この洗濯機はシダーズも分解クリーニングが出来ません。というのはこの洗濯機は分解時、洗濯槽を取り外す前の段階で上部カバーを開閉する事が出来ないのです。どういうことかというと通常、洗濯機の分解時、上部カバーを約90度に垂直に上に上げて洗濯槽を取り出すためのスペースをつくるのですがこのMAW−HD88Yという機種は上部カバーが90度どころかその半分の45度にも上がりません。これは下の洗濯槽を覆う脱水槽と上部カバーが洗濯槽を覆うように輪状の大きいゴムで接合されているからです。つまりこの輪状のゴムを取り外さないと上部カバーが上に持ち上がらないというわけです。

BlogPaintですがその大きい輪状のゴムは6〜8本のビスで下の脱水槽に取り付けられていて上部カバーが角度45度も上がらない状態で奥にドライバーを入れてその複数本のビスを回すというのは至難の業です。というか出来ません(´−д−;`)。また、仮にビスを回して上部カバーを上げる事が出来たとしても、逆に閉じる時に回し取ったビスを閉め直すのは不可能といえます。ですのでシダーズはこの機種の分解方法を以前三菱電機㈱の技術相談の方に‘どのようにすれば分解できるのですか’と聞いた事があります。

BlogPaintそしたらその担当の方は‘いや〜、やめた方がいいですよ。この機種は上部カバーと脱水槽をつなぐカバーのビスを取り外すのが難しいんですよ。また、そのビスと取り付けるのはもっと難しいんですよ。しかもそれとは別に洗濯機後部にある部品も取り外さないといけないんですよ。我々もこの機種の分解をする時は本当に汗だくになってやってるんですよ。’とおっしゃっていたのでした。毎日のように洗濯機を修理している技術担当の方が‘汗だくになる’ような作業をシダーズのような清掃業者が出来る可能性は限りなくゼロに近いのでこの機種においてはシダーズでは分解クリーニングを行っていないのが現状なのです。

しかしここまで書くとひとつ疑問がでてきます。それは‘何故あえてこのMAW−HD88Yという洗濯機を違う構造で製造しているのか’と。そんな疑問が昨日のMAW−D9YPの機種分解クリーニングをしながらシダーズの脳裏を過ぎりました。ですので早速、この分解クリーニング終了後、三菱電機㈱の技術担当の人に聞いてみることにした。すると、

013‘それはですね〜、MAW−D9YPの乾燥機能を使用した場合は洗濯機上部から下方向に向けて温風が出るんですよ。それとは逆にMAW−HD88Yは洗濯機下部から上に向けて温風が出るんですね。ですので上部カバー部分を下からの温風が漏れないようにゴムカバーでしっかり脱水槽とつないであるんですよ’といった返答が返ってきました。

なので‘なるほど、そういう事か’とシダーズは納得して電話を切りました。しかし更にまたここでひとつ新たな疑問が出てきます。それは‘何故あえて乾燥機能の部品を洗濯機の上部と下部に分けて設置してあるのか’と。この疑問がシダーズの脳裏を過ぎった時、すでに電話を切ってしまった事をシダーズは後悔しました。なのでこれはシダーズの推測の域をでていないのですが、


BlogPaint上から温風を出した場合、その温風が洗濯物に当たり、上に跳ね返ってきます。その洗濯物と洗濯機の閉じ蓋との間には空間がありますのでそこに温風が溜まり続ける事になります。一方、洗濯物の下から温風を出せば洗濯物に当たった後、当然跳ね返りますがそこには空間がありません。ですので極端な言い方をすればその乾燥機能の部品の温風が出る通風口に洗濯物を直接当てている状態で温風がでているといっても過言ではありません。であれば下から温風をだした方が洗濯物が温まりやすいといえると思います。しかも先ほど記したように上部カバーと脱水槽をゴムカバーで接合すれば洗濯機の外部に温風が漏れにくくなります。つまり、より洗濯物の乾燥機能を高める為にあえてこの乾燥機能の部品を洗濯機下部に設置したものを三菱電機㈱さんが製造していると思えるのです。

とまあ、日々ハウスクリーニングに‘熱い情熱’を傾けて業務に携わっているシダーズは長々とシダーズの独断による推論を書いてしまいました。しかしこの推論にかなりの自信を持っているシダーズはこのMAW−D9YPとMAW−HD88Yの違いを完全に解明した気になって自己満足に陥っている今日この頃のシダーズでした
( ̄ー ̄)ニヤリッ。

ハウスクリーニングシダーズ ハウスクリーニングのシダーズ

このアルミフィンの正体は・・・・

003昨日、入退居されるお客様の3LDKのマンションのクリーニングを行ったのですがその際に行ったエアコンクリーニングでふと気になる事がありました。そのエアコンは日立㈱製のRAS-4010RX2という機種なのですがエアコン表面のアルミフィンの手前にさらに2重に細長く軸棒1本分のアルミフィンがあるのです。こういったタイプのエアコンは他にもあるのですがシダーズはこの手前にあるアルミフィンが何の為にあるのか以前から気になっていました。単純に冷房なり暖房のパワーを強める為にあるのならアルミフィンを単に2重にすればいいだけの話なのですがあえて細長い軸棒1本分だけ手前に設置してあるのです。以前から気になっていたこともあって早速シダーズは次の日、日立㈱の技術相談窓口に電話をして確かめてみました。

その答えは意外なものでした。その1本の軸棒の正体は除湿機能の為の軸棒だったのです。つまりこういう事です。まず、通常どおりエアコンの冷房を作動させたとします。すると奥のアルミフィンが冷え、そこに屋内の空気が通り冷風がでます。そしてその冷風の1部が手前の軸棒1本のアルミフィンを通過します。しかしこの時この軸棒1本分のアルミフィンはなんと暖められているのです。つまり奥の冷えたアルミフィンによって冷やされた空気は手前の軸棒1本分のアルミフィンのところを通過した冷風だけが暖められるのです。その結果冷風と温風が合わさって冷風ではなく温風ともいえない生ぬるい空気がでてきます。これをもって除湿という事にしているのです。

これは以前このブログ(冷房の方が除湿になるんです!9月10日付)にも記しましたが他の多くのエアコンにも見られる除湿機能なのです。要は除湿もしくはドライと表示していても除湿機能など無いのです。ただ生ぬるい空気がでて冷風でも暖房でもない生ぬるい空気がでているというだけなのです。

005しかしそんな生ぬるい空気をだす為のアルミフィン部分に結構ほこりが溜まりやすいのです。しかも当然このアルミフィン部分も銅管で繋がっている為、動かすことは出来ないのでアルミフィン裏面に溜まったほこりなどはクリーニングしずらく、いつもシダーズはこの部分を洗浄する時は難儀するのです(´−д−;`)。そんな事で‘なっ、なっ、なんでこんな生ぬるい空気をだすためだけのアルミフィンに難儀しなければいけないのだ(`・д・´)!!’という気持ちでこの除湿ならぬ生ぬる空気機能のエアコンをクリーニングしていた今日この頃のシダーズでした
(⌒∇⌒)。

※ちなみにこの日立さんの技術担当の方が言われていたのですが日立㈱製のエアコンでもPAMシリーズという機種のエアコンは本当の除湿ができるとのことです。

このようなほこりや              このような汚れを006 004







クリーニングして、              きれいにするのでした( ̄ー ̄)ニヤリ007 009
       









日焼け跡による、感じることのできない達成感

004シダーズは先日、この扉にやられました。というのはこの扉は金属でできていて凹凸のあるエンボス柄のものなのですがこれが汚れるとクリーニングがすごく大変なのです。エンボス柄であるゆえに凹凸の凹の部分につく汚れがとても落としにくいのです。さらにいうとこのタイプの扉はだいたい20年くらい前に製造されたものが多く長い年月を経て、タバコのヤニや油汚れが染み付き、さらには金属の素材にしみ込んでしまうのです。そしてその結果真っ白の扉のはずがうすくオレンジがかった色に変色してしまうのです。さらに付け加えると各扉のパーツの中央部にクローゼットに湿気が溜まらないように空気孔があるのですがこの空気孔の部分に特に汚れが集中してどす黒い色の汚れが溜まるのです。

010それでこの金属製エンボス扉のクリーニングですが普通に水拭きなどしてもまず汚れは取れません。ですのでアルカリ洗剤を吹きつけ、少しおいて汚れを浮き立てます。





008そのあとにナイロンブラシなどで丁寧に磨きあげます。本来はここでスポンジなどで磨いてふきあげて早く仕上げてしまいたいのですが実はそれが出来ない理由があります。それは前述した扉の中に湿気を溜めない為の空気孔があるからです。この空気孔の上下に金属板があるのですがこの上下の金属板が斜めに微妙に重なっていてその重なり部分はスポンジなどでは磨くことができずナイロンブラシなどのブラシ類を使う必要があるのです。

011しかしこのようにナイロンブラシでしっかり磨き、きれいにしても問題はまだあります。ここまでは汚れをを落とす方法を記させて頂きましたが実はクリーニングで解決出来ない問題が最後にあるのです。それは汚れを除去した後に扉表面に浮き彫りになる日焼けの跡です。実は他の箇所でもそうですが私たちの生活する居住空間はいたる所で日光や蛍光灯による日焼けを起こす可能性があるのです。なのでこのクローゼットの扉も例外ではなく日焼けしてしまいます。ましてやこのような屋内に取り付け後20年も経過している扉ですと間違いなく日焼けしているといっても過言ではないでしょう。ということで案の定シダーズがクリーニングした後にしっかり日焼けした跡が浮き出ていたのでした(´−д−;`)。

そんなわけで何とかこの扉のクリーニングも終了したのですがクリーニングではなんとも出来ない日焼け跡を扉に残していつもより少し物足りない達成感を感じながら事務所への帰途につく今日この頃のシダーズでした(; ̄Д ̄)。

この状態から                   この状態にして
004 011  






汚れた空気孔も                 きれいにしたのですが、
006 007
           





           微妙に日焼け跡が残るのでした(´−д−;`)。003

ハウスクリーニングシダーズ ハウスクリーニングのシダーズ
             
                                  










記事検索
livedoor プロフィール

シダーズ

QRコード
QRコード