2012年06月

旧エアコンの注意点

               <旧エアコンの注意点の続き>
シダーズ:分かりました。いろいろと参考になりました。ところでついでの話で申し訳ないんですけどちょっとお聞きしたい事があるのですけど。
技術担当の方:はい。
シダーズ:最近、フィルター洗浄機能付きのエアコンが結構(市場に)出回っていて実際に一般の家庭で多く使われていて、私もよくクリーニングを行うのですけどなんかフィルターがクリーニングされてないみたいで汚れている事が多いのですけど実際、どうなんでしょう、お掃除ロボット(フィルター洗浄機能)の機能がしっかり効果をだしているのですかね。
技術担当の方:ええ、当社のお掃除ロボットのエアコンに関しましてはしっかりとフィルターを洗浄する機能を備えてますけど。
シダーズ:そうですか。いや実際にフィルター洗浄機能付きエアコンをよくクリーニングをさせてもらうのですけど(フィルターが)汚れている事の方が多いんですよ。10中8、9とは言いませんけど10中7〜8くらいの確率で汚れているんですよ。それでたまにきれいな状態のフィルターの場合もあるので私が‘やっぱりお掃除ロボットだとフィルターはきれいですね’とお客様に言うと、‘それ、私が少し前に掃除したんです’、という風にお客様からよく言われるんですよ。なので本当にお掃除ロボットの機能を果たしているのかどうか、分からないんですよ。
技術担当の方:ええ、ただ当社の製品に関しましては実際に実証試験を行った上で販売させて頂いているのでフィルターの洗浄機能はしっかり機能しているのですけど・・・・。
シダーズ:そうですよね、ダイキンさんの方でしっかり実証試験を行った上で製造して販売してる分けですよね。
技術担当の方:ええ、そうですね。
シダーズ:いや、それと実はですね、少し前にA社のお掃除ロボットエアコンをクリーニングしたんですけど  そのエアコン、電源を切ると自動でフィルター洗浄を始めるエアコンだったんですよ。実際に私もクリーニング前に試運転を行ってみたのですけど 確かにフィルターの洗浄機能が作動してたんですよ。で、実際にそのフィルターを確認してみたんですけど全然、きれいになってないんですよ。と、いうかフィルター一面がホコリで埋め尽くされてたんですよ。
技術担当の方:ええ。
フィルター1

シダーズ:それとこれも最近の事なんですけどB社のお掃除ロボットエアコンだったんですけどこれはお客様が自分でフィルターを掃除していたのでフイルターはきれいだったんですけど ちょうど私がクリーニング後のフィルター洗浄の動作確認をしていた時に、途中でそのフィルター洗浄部品が停止しちゃってその位置から動かなくなっちゃったんですよ。それでB社に修理を依頼して 修理後にその原因を聞いてみたらホコリが部品に詰まって動フィルター2かなくなってしまった、って言われたんですよ。でもこれ、フィルター洗浄中にホコリが部品に詰まってフィルター洗浄部品が動かなくなったって、これ、どうなんですかね。
技術担当の方:ええ(他社製品のエアコン故か、返答に困っている空気を感じた)。
シダーズ:いや  まあ 当然ダイキンさんの方でも実証試験を行った上で販売、という事になると思うのでダイキンさんのエアコンに関してはちゃんとフィルター洗浄機能は作動してる、という事になると思いますけどもね。
技術担当の方:ええ、うちではしっかりとした基準のもとに実証した上でつくらせて頂いています。
シダーズ:ですよね、分かりました。
                              <旧エアコンの注意点イ紡海>

    ハウスクリーニング シダーズ   ハウスクリーニングのシダーズ

旧エアコンの注意点

               <旧エアコンの注意点△梁海>
と、いう事でその約1時間後にダイキン蠅竜蚕冀甘の方からシダーズの携帯に連絡がきました。以下、その内容を記します。

技術担当の方:すみません。ダイキン工業蠅任垢今、お電話大丈夫でしょうか。
シダーズ:はい、大丈夫ですよ。
技術担当の方:P220TXのエアコンについてのお問い合わせという事でしたが。
シダーズ:はい、そうです。
技術担当の方:冷房が効かない、通風口からでる風が全く冷たくない、という事で宜しかったでしょうか。
シダーズ:はい、そうです。
技術担当の方:まずはお伺いしてどこから冷媒がもれてるか、確認してみなければならないのですけどただ結局ですね、このP220TXですと結構年数が経ってますので実際にその損傷している部品を交換したとしてもまたすぐに他の部品が故障して取り替えなければならない、という事にもなる可能性があるので難しいところではあるのんですよ。
室内機1シダーズ:ああ  なるほど、つまり買い換えた方が得策かも知れない、という事は仮に今回エアコンを修理したとしても使用してまた、どこか部品等が故障して修理する場合においては修理代金が発生してしまうと。であればもう決心して新しいエアコンを買ってしまった方が得策かもしれない、という事ですよね。
技術担当の方:そうですね。このP220TXですと製造してから20年以上経ってますので他の部品が錆びて損傷してそこから冷媒がまた漏れ始める、という事もあり得ますので。
シダーズ:ただ原因がガスが漏れてるだけだとするとガスの補填だけで済む、という事ですよね。
技術担当の方:ですけどこのP220TXは結構年数が経ってますのでどこか他の部品の損傷が起っている、という事も考えられますので。
シダーズ:いや、ただ今このエアコンの動作確認をしている上ではただ単に風が冷たくない、というだけの事ですのでエアコンガスが無い、というだけの原因とも考えられますよね。電源も普通に入ってるし(ONになっているという意)、風も扇風機の風みたいに生暖かい、というだけで風自体はちゃんと出ていますし。
技術担当の方:ええ、ただ冷媒が漏れているのでどこの部品が損傷して漏れているのか確認してその部品の交換も行わなくてはならなくなるので。
室外機2シダーズ:えっ、ちょっと待って下さい、そもそもエアコンのガスって室外機のどこにあるのですか。
技術担当の方:どこにあるかと言われますと室外機と室内機の全体にありますね。
シダーズ:全体って・・・ あっ、そうか エアコンガス自体がどこか特定の所にある、というのではなくてエアコンの室内機と室外機の中を絶えずガスが循環して流れている、という事なんですね。
技術担当の方:そうです、そうです。
シダーズ:すみません、勉強不足でした。ガスが循環して流れている、という事を知りませんでした。という事は基本的にはエアコンのガスが減って無くなるという事はあり得ない、という事ですね。
技術担当の方:そうです。
シダーズ:ああ だからまずはエアコンを点検してガス漏れ検査を行ってどこの部品から漏れてるか、を確認する必要がある、という事なんですね。
技術担当の方:そうなんです。
                 <旧エアコンの注意点い紡海>

    ハウスクリーニング シダーズ   ハウスクリーニングのシダーズ

旧エアコンの注意点

と、いうことで修理受付窓口に電話してみました。以下、その内容を記します。

修理受付の方:はい、ダイキン修理受付窓口ですが。
シダーズ:お忙しいところすみません、エアコンガスの補填についてお聞きしたいのですけど。
修理受付の方:はい。
シダーズ:先程、技術相談窓口の方へ電話してP220TXのエアコンガスについてお話させて頂いたのですがこのP220TXのエアコンに使われているガスのR−22の補填が可能かどうか確認したくてお電話させて頂いたのですが。
修理受付の方:冷媒の補填ですか。まずエアコンがどういう状態かお伺いして確認させて頂いてから実際に冷媒を補填するのか、もしくは他の箇所の修理を行うのかを決める事になりますが。
シダーズ:と いうと このエアコンが冷えない原因としてガスがない、という事以外にも考えられる、という事でしょうか。
修理担当の方:そうですね。エアコンが冷えない原因としてガス不足以外にも考えられますので。
シダーズ:と いうと他にどんな原因が考えられますかね。
修理担当の方:そうですね、ちょっとお待ち下さい。そうですね、ガス切れ以外に考えられるのは他の部品の損傷によってガスが漏れている、とか圧縮機の故障とか。ただ、まずはお伺いして(エアコンを)点検させて頂き、ガ冷媒1ス漏れ検査をさせて頂いてどこからガスが漏れているかを確認させて頂きます。それによって交換する部品も違ってきますから。それともし、圧縮機を交換する場合ですと新しく買った方が安くすみます。
シダーズ:えっ、圧縮機ってそんなに高いんですか。
修理担当の方:そうですね、圧縮機の交換となりますと新しく買われた方が安くすみますね。
シダーズ:と、いう事は例えばヤマダ電気さんとかコジマさんとか大手家電量販店などでだいたい一番安いのでエアコンの価格が6万円くらいだと思うのですがそれよりも高くなってしまうという事でしょうか。
修理担当の方:そうですね。
シダーズ:だいたい(かかる費用は)どのくらいになりますかね。
修理担当の方:そうですね。出張・点検費で¥5,600、冷媒の補填が満タンに入れて¥20,000くらで 後は他の部品の交換にかかる部品代になりますね。
シダーズ:えっ、という事は仮に修理をお願いしたとして出張・点検費が¥5,600、冷媒を満タンに補填したとして¥20,000で合計¥25,600を仮に一番安いエアコンが¥60,000としてそこから差し引いて¥34,400以上の金額が圧縮機を交換するとかかる、ということでしょうか。
修理担当の方:まあ  そういう事になりますね。
シダーズ:えっ、具体的に圧縮機の部品っていくらくらいになるんでしょうか。
修理担当の方:すみません、ここでは圧縮機を交換するなら買い換える方が得策と思われる、としか言えないのですが。
シダーズ:なるほど、実際に圧縮機の部品代が¥34,400以上かからないとしても結構な金額になってしまうので、だったら(多少安く済んだとしても)新品のエアコンに買い換えた方が(エアコンを)使用する方としては気分的にはぜんぜんいいんじゃないか、っていうニュアンスのお話なんですね。
修理担当の方:まあ  そうですね。もし、そのあたりの詳しい事をお知りになりたいようであれば担当の方から直接,、志田様(シダーズの本名)の方にご連絡致しましょうか。
シダーズ:あ、そうしてもらって宜しいですか。
修理担当の方:ええ。
シダーズ:じゃあ すみません、お手数掛けますが連絡してもらって宜しいでしょうか。
修理担当の方:はい、では後ほど、ご連絡致しますので。
シダーズ:すみません、宜しくお願いします。

と、いう事でした。このシダーズとダイキン蠅諒との話で見えてきた事は、
・エアコンの冷えが悪い場合の原因として冷媒(ガス)の不足とは限らない
室外機1・その場合、他の部品の交換の必要性が生じる可能性がある そして、
・その損傷した部品が圧縮器の場合、買い換えた方が得策、かも知れない
という事です。つまり、ここでシダーズがとり合えずクリーニングを行って後でお客様に冷媒の補填をお願いをしたところで圧縮器の交換をするのであれば、エアコンのクリーニングは行わず、買い換えた方が使用するお客様のとっては得策、かも知れない、という事です。
                             <旧エアコンの注意点に続く>

    ハウスクリーニング シダーズ   ハウスクリーニングのシダーズ

旧エアコンの注意点

先日、シダーズは1990年製造のダイキン蠕愁┘▲灰鵤佳罎離リーニングでお客様のところへお伺いしました。エアコンをしっかり養生して清掃機材も準備していざ、クリーニング開始!、といきたかったのですが何かいつもとは違う感じがしました。エアコンクリーニングを行う際には必ず試運転を行うのですがその試運転時に吹き出されていた冷風、というか風が生暖かいのです。なのでしばらくそのまま吹き出される風を確認していたのですが一向に風が冷たくなる感じがしません。そんな事でとりあえずもう一台のエアコンの方も試運転を行ってみたのでP220TX1すがこちらのエアコンも冷たい風が出てきません。原因はエアコンの冷媒(ガス)が無くなっている、とシダーズは判断しました。ですのでお客様に‘エアコンのガスが無くなっているのでクリーニング後、補填する事をお勧めしてクリーニングにとりかかろうとしました。ですがエアコンが1990年製のものである、という事がすぐに頭を過ぎりました。これの何が問題か? こういった古いタイプのエアコンに使われているエアコンガスは現在製造されていないのです。どういう事かといいますと2000年くらいを境にそれより前に製造されたエアコンに使われているガスはフロンガスなので、地球のオゾン層を破壊する、という事で製造中止になっており、それ以降のエアコンガスはフロンガスではないガスになっているのです。つまり、こういった古いエアコンには現在エアコンに使用されているガスの補填は出来ないのです。なのでシダーズはこの趣旨のお話をお客様にさせて頂き、お客様で行う対策を提言させて頂くためにダイキン蠅謀渡辰靴討澆泙靴拭0焚次△修瞭睛討魑します。

シダーズ:お忙しいところすみません、ダイキンさんのエアコンについてお聞きしたいのですが。
担当の方:はい、どうぞ。
シダーズ:実は今、ダイキンさんの型がかなり旧式のタイプのエアコンをクリーニングしようとしていたのですがどうもエアコンのガスがないみたいなんですよ。それでまずエアコンガスの補填が出来るかどうかを確認したくてお電話させて頂いたのですけど、確か10年くらい前にエアコンガスの規格が変わって古いエアコンには現在エアコンに使われているガスは補填できない、と聞いた事があったので。
担当の方:エアコンの型番分かりますか。
シダーズ:え〜と P220TXです。
担当の方:そうですね、現在エアコンに使われている冷媒(ガス)はRー410かR−407になりますので このP220TXのタイプですとRー22の冷媒になりますので現在残っているだけになりますね。
シダーズ:と、すると現在の段階ではガスの補填が可能、という事ですね。
担当の方:と、思いますけどね。
シダーズ:え〜と 今もしエアコンガスの補填をお願いしたら確実にしてもらえるかどうかを知りたいんですけど。
担当の方:それですとこちらではお伺いしておりませんので担当の方へ連絡して確認された方が宜しいかと思われますが。
シダーズ:(それ)だったらその電話番号を教えてもらえますか。
担当の方:いや、この電話番号で*3番を(電話機のボタンを)押して頂ければそちらにつながりますので。
シダーズ:あ なるほど、ではそちらに電話してみます。
担当の方:お願いします。

と、いう事でもしこのP220TXに使われている冷媒Rー22の在庫があれば補填してこのままエアコンを使用できP220TX2る、という結論になりました。ちなみこの後シダーズが調べたところ、このR−22の冷媒は2020年に全廃される事が決まっているようです。それまでは製造しても特に法的には問題ないようです。ただ、このダイキン蠅涼甘の方との話からすると、ダイキンさんでは現在製造していないので(注:冷媒の製造そのものはダイキンさんではなく、関連会社等が行っていると思われます)、残っている在庫のみの提供、という事だったのでおそらく、環境面での会社としての配慮という事から新たに製造する事はしていない、という事なのでしょう。
               <旧エアコンの注意点△紡海>

    ハウスクリーニング シダーズ   ハウスクリーニングのシダーズ

富士通エアコンAS○○PPZ(2005年製)シリーズの注意点


      <富士通エアコンAS○○PPZ(2005年製)シリーズの注意点,梁海>
富士通4するとどうなるか。エアコンを静止した状態でも風向ルーバーが垂れ下がってしまうのです。





なのでシダーズでは心苦しい限りではあるのですがこの風向ルーバーは取り外さずに下方向へ下げてそこから注水し、クリーニングを行っています。ただ、このクリーニングの仕方によって仕上がりに問題は発生しません。特にこの風向ルーバーを取り外さなくても通常どおり注水でき、クリーニング出来ます。要は風向ルーバーがあるゆえに我々清掃業者の作業がしにくくなるというだけです。

ちなみにそのだいぶ前にシダーズがこのスプリング部品を伸ばしてしまい、富士通ゼネラルの方に修理に来てもらった際に起った小話になりますが、この時シダーズは修理が無事に終了した事を確認する為に富士通ゼネラルの修理をしてくれた方から連絡をもらう事になっていました。で、シダーズきたその連絡内容なのですが、「いやあ すみません。実は私も同じ事を(スプリング部品を伸ばしてしまった)やってしまいまして・・・・今度また(日を)改めて部品を用意してお客様の所へお伺いする事になったんですよ。」と、いう事でした。

いやいや、そのメーカーの方も上手く出来ない作業をシダーズが出来るはずないよなあ・・・・などと思ってしまったのですが実はこの風向ルーバーの部分にスプリング部品が使われているのは富士通ゼネラルのエアコンで富士通5は他にもあるのです。それは2007年製のAS−Z○○S(○まるには数字が入る)シリーズです。今年に入りシダーズはこのAS−Z○○Sシリーズのエアコンクリーニングを2回ほど行いましたが風向ルーバーの部品としてスプリング部品が使われていました。おそらくシダーズの推測になりますが富士通ゼネラルのエアコンの多くの機種に風向ルーバーの部品としてこのいスプリング部品が使われていると思われます。

ただ、富士通ゼネラルの方に問い合わせたところ、このスプリング部品の取り外しは基本的には出来る設計として製造しているとの事でした。ですのでこのスプリング部品の取り外しは清掃業者の方の各々の技術力を踏まえた上で行うか否か判断が委ねられる、といえるでしょう。
スプリング

   ハウスクリーニング シダーズ    ハウスクリーニングのシダーズ

富士通エアコンAS○○PPZ(2005年製)シリーズの注意点

シダーズは衂抻猟魅璽優薀襪離┘▲灰AS○○PPZシリーズのエアコンの分解クリーニングに毎回苦戦しています(○○には数字が入ります)。と、いうのはこの富士通ゼネラルのAS○○PPZシリーズのエアコンは化粧カバーがエアコン本体にがっちり装着していてなかなか取り外せないのです。どういう事かというと、エアコン本体の上部部分のフック部分と下部部分のエアコンを設置する為の取り付け金具の部分に化粧カバーにあるフックをかける穴があるのですがここに化粧カバーのフックが富士通1深くかかっている為、なかなか取り外せないのです。このフックをかける穴にフックが約5ミリくらい下方向に入り込んでいるのですが化粧カバーを取り外す際にエアコン本体に化粧カバーがほとんど余裕なくサイズがピッタリに被さっているため、取り外す際に化粧カバーが微動だにせず、5ミリも上下に動かないのです。ただエアコンの設計上は分解出来るように設計されているので物理的には取り外し出来る、という事になります。なのでもし取り外す際には辛抱強くひたすらこの化粧カバーの下に向かっているフックを穴から5ミリほど上に上げる作業を行って取り外さなければなりません。この作業の過程である程度化粧カバーのプラスチック素材が軟化して5ミリくらいフックが上に上がるようになる、という事になります。

富士通2ただ、エアコン上部3箇所と下部2箇所にフックをかけるところがあるのですが上部の方は比較的フックを取り外しやすくなっています。問題は下部のフックです。この下部のフックは前述したようにフックをかける穴にフックが5ミリくらい下方向に入り込んでいるため、なんとか化粧カバーのフック部分を上部に上げなければならないのです。

さらにもうひとつ注意点があります。エアコンの風向ルーバーの端部分がエアコンの左右両端の穴に入り込んで取り付けてあるのですがこの両端部分が針金のような素材でスプリング状になっているもので固定してあります。このスプリング状のものがエアコン本体両端の穴の中にフックをかけるように取り付けてあるのですが、この穴の中は目視できません。よって手作業による感覚でこのスプリング状になってい富士通3る部品をエアコンの両端にある穴の中のフックをかける部分を探し当て、かけなければなりません。こう言うとその作業が‘それほど難しいものなのか’、と思われるかも知れません。ですがシダーズはだいぶ前の事になりますがこの穴の中にスプリングの部品を取り付ける作業を行った際、かなり悪戦苦闘した事があります。もちろんただ悪戦苦闘してでもしっかり取り付けられたのであれば問題ではありません。ですがこのスプリングの部品を取り付ける作業を行っている過程でこの部品が少し伸びてしまい、方向ルーバーをしっかり取り付けるために必要な作用としてのバネの効力が低下してしまったのです。
       <富士通エアコンAS○○PPZ(2005年製)シリーズの注意点△紡海>
   
   ハウスクリーニング シダーズ   ハウスクリーニングのシダーズ

パナソニック製お掃除機能付きエアコンの注意点

             < パナソニック製お掃除機能付きエアコンの注意点△梁海>
と、いうことでパナソニック製エアコンの分解手順について記してきましたがここでのポイントは2つ挙げられまシャープ1す。それはこのパナソニック製エアコンの前にブログに記したシャープ製エアコン2011年製造のAY-A○○SEシリーズもそうですがひとつはここ数年に製造・販売されたおそうじロボット機能付きエアコンは化粧カバーとフィルター洗浄機能部品と一体化されている傾向がある。もうひとつはその化粧カバーがセパレート(分割)されていて左右2枚と中央部のフィルター洗浄部品と一体化された化粧カバーの計3個になる、ということです。つまりフィルター洗浄部品を取り外さない事には化粧カバーすら取り外せない、という事になり、熱交換器などが洗浄しにくくなる、という事です。

また、もうひとつの視点としてエアコンの設置場所が壁側右端ギリギリにはパナソニック9設置できない、という事です。フィルター洗浄部品とコネクターで繋がっている電装基盤がエアコン右側面にあるので当然、そのコネクターを取り外すために最低でも5cmくらいのスペースをとって右手がそのスペースに入らないとコネクターの取り外しができないからです。実はシダーズはこの点についてパナソニッック電工蠅涼甘の方に電話で聞いてみました。以下記します。

シダーズ:「いやあ 今回のこのパナソニックさんのエアコン、右側面にメインの電装基盤があるんですから壁右側いっぱいについていたらコネクター取り外しできないですよね」
担当の方:「ええ、(エアコンの)取り付け業者に‘取り付け施工マニュアル’を渡してあるのですがそのマニュアルには右側は最低5cmは空けるように書いてあるんですけどね」
シダーズ:「えっ、ということは取り付け業者の方の施工ミスという事ですか」
担当の方:「ええ、それか建物の状況的にその位置にしか(エアコンを)取り付ける事が出来なかったとか」
シダーズ:「えっ、でもこのお客様のお宅(室外の庭の状況も含め)、そういう止むを得ない状況じゃないですよね」
担当の方:「まあ そうですね」
隙間シダーズ:「という事は取り付け業者の方の施工ミス、という事になりますよね」
担当の方:「まあ そうなりますね」
シダーズ:「しかしそれだと困りますよね。お客様から(エアコンの)分解クリーニングをお願いされても分解しない状態でクリーニングをする事になりますよね」
担当の方:「ええ」
シダーズ:「パナソナックさんの方でそういう業者の方向けに取り付けの施工の講習会を行うとか電話などでそういう(施工時の)注意点を促すとか、そういった事をやったりはしないのでしょうか(無理だろうな、と思 いながらも聞いてみた)」
担当の方:「施工マニュアルに記すという事以外には特に行ってないですね」
シダーズ:「しかしそれだとクリーニングが出来ない、という事になってお客さんも私ら清掃業者も困りますよね」
担当の方:「いやあ でもそういう施工会社に(注意点を)促してもその会社のほんの一部の取り付ける方のミス、という事もあるんで」
シダーズ:「あ、そうか、その施工会社に促してもその会社の一部の社員の方がその施工マニュアルを無視して
勝手に我流で行ってしまう、という事もあるというですね」
担当の方:「ええ」
シダーズ:「なるほど、分かりました。どうも長々と(話をさせて頂いて)すみませんでした」
担当の方:「いいえ」

と、いう事でした。

まあ、普通に考えればあえてエアコンと壁の間に全く隙間がないくらいにピッタリ取り付ける必要はない、と思えるのですがそれはその実際にエアコンを取り付ける業者の方の感性によるところでもあるので難しいところなのでしょう。考えてみれば例えばひとつの会社があったとしてそこで働く社員全員が会社の目標に向かって一丸となって頑張っている、なんていう事は実際にはなかなかない。そういった事を考えると‘なかなか上手くいかねえよ〜’的なところで仕方がないのかなあ、などと思ってしまった今日この頃のシダーズでした('A`|||)。

        ハウスクリーニング シダーズ   ハウスクリーニングのシダーズ

パナソニック製お掃除機能付きエアコンの注意点

              < パナソニック製お掃除機能付きエアコンの注意点,梁海>
次に先に取り外した右側カバーの内側右側面の基盤パナソニック8とフィルター洗浄機能の部品とつなげているコネクターを取り外します。と、いきたいところですがここで前回のブログで説明した問題が起きます。つまりその右側側面にエアコンが右側壁面に全く隙間がなく取り付けてあるためコネクターを取り外そうにも手が入らないのです。コネクターを外せないとなると熱意交換器のパナソニック9前面を覆っているフィルター洗浄部品を取り外せないため、その部品が若干重なっている部分の洗浄がしにくくなるのです。

ですがそうは言っても分解出来ない以上は仕方がありません。この状態でクリーニングするしかありません。シダーズはこの状態からエアコンを養生してエアコンをクリーニングしました。

パナソニック10この場合のエアコンのクリーニングは大方の部分はクリーニング出来るのですがフィルター洗浄部品が熱交換器前面を覆っている為、少しの部分クリーニングが出来ません。それが難点なのです。

それとフィルター洗浄部品の隙間から洗浄機の圧水をかけるためクリーニングがしにくいのです。
パナソニック11
     < パナソニック製お掃除機能付きエアコンの注意点に続く>
記事検索
livedoor プロフィール

シダーズ

QRコード
QRコード