先日、横浜のとあるミニシアターのトイレクリーニングを行いました。このミニシアターのトイレはかなり築年数が経っていて便器の外側及び水タンクの外側と床面に頑固な水垢がこびりついていました。

便器の水垢1

このように便器の外側に水垢が付着する、ということはあまりないのですがいろんな要因が重なると内側ではなく、外側にしかも強固にこびりつくごとが起こりえます。また、便器だけでなく、便器に流れる水を溜めるタンクの外側も水垢がビッシリこびりついていました。


タンク1




こういった水垢は比較的暖かい所に発生します。それは湿気が出る場所ともいえます。つまり便器内に水が流れ、内部が冷えているのに対しその外側は暖かいゆえに温度差が発生し、それゆえに湿気が発生し、その湿気(水滴)が乾いて水垢となるのです。

一般のご家庭のトイレなどは窓があったりまた、換気扇を常時回していれば湿気を取り除くのでこのように便器の外側に水垢が付着する、などということはまず起こりえないのですが比較的築年数が経過している建物においては起こる可能性がある、といえます。それはたとえ換気扇があっても最近の建築事情と違い、建物屋内における換気をそれほど考慮していないものが多いからです。ここ10数年くらいの間に古いガス給湯器から一酸化炭素が発生し、中毒を起こす事故が多数発生したこともあり、新しく建てられる建物は換気がしっかり行われる構造になっているようですが築年数がかなり経過したものですとあまり換気されてなく、その結果時期によっては温まり、水が流れる便器内との温度差が発生し、湿気となるのです。

また今回のこのトイレ掃除においては、床にも水垢が付着していました。

床1

これも上述の便器同様に屋内の換気がしっかり行われていないことによって発生した湿気によって発生した水垢です。この床はタイル、つまり石材でできているのですが床にしても便器にしても、石材にできた水垢というのは除去するのはかなり難しいです。まず市販されているような湯垢落し用の酸性洗浄剤などでは除去できないでしょう。しかしシダーズは除去します(注:完全には除去できない場合もあります)。次の写真を見てください。

便器の水垢2

これは一番はじめの便器の写真の水垢を除去した写真になります。水垢を除去したことにより、便器本来の光沢がかなり復元できています。次に水を溜めるタンクと床の水垢除去後の写真を続けて貼り付けます。

タンク2

床2

このクリーニング後の仕上がりは市販の酸性の洗浄剤などではまず除去できない、と前述しましたがシダーズなら除去できます。シダーズの石材専用洗浄剤と数種類の資材で除去します(注:完全には除去できない場合あり)。

ということでもし、こういった頑固な水垢が発生していてかつ除去できずに困っている方がいましたら、是非シダーズに水垢除去を依頼されてみてはいかがでしょうか!しっかり除去させて頂きます(^^)//。

                ハウスクリーニング シダーズ