本日はエアコンクリーニング(フィルター洗浄機能付き)を今回で4回目のクリーニング依頼になるお客様ところへ行ったのですが改めてフィルター洗浄機能付きのエアコンが機能なしのエアコンより汚れることが気になってしまいました。

それは以前も書いたのですが、そのフィルター洗浄などの部品が多いため汚れるのです。なぜかというと、ホコリというのは部品の後ろに溜まるのです。そのなぜかはシダーズは分からないのですが、とにかく部品がないところではなく、部品の後ろにホコリは溜まるのです。ゆえにフィルター洗浄機能付きエアコンはそうでないエアコンより汚れやすいのです。なので今日は、「本当はフィルター洗浄機能付きエアコンこそ、クリーニングが必要!」、ということを改めて解説して、知って頂きたく思います。では、まず下の写真をご覧ください。

エアコンクリーニング 横浜市 川崎市 神奈川県 大和市 藤沢市 

これは東芝のフィルター洗浄機能付きエアコンになるのですが、このように前面がほぼ部品で覆われています。では次にこれらの部品を取り外したアルミフィン(熱交換器)の写真をご覧ください。

エアコンクリーニング 横浜市 川崎 神奈川県 大和市 藤沢市 

この写真は右半分くらいシダーズが簡単にホコリを除去したものなのですが見て分かるように左の上半分のところにホコリが集中して溜まっています。では次に上のまだ部品を取り外していない写真の部品部分のクローズアップ写真をご覧ください。

エアコンクリーニング 横浜市 川崎 神奈川県 大和市 藤沢市8

では次にアルミフィンの方のクローズアップ写真をご覧ください。

エアコンクリーニング 横浜市 川崎 神奈川県 大和市 藤沢市7

どうですか? ちょうどフィルター洗浄部品のところはホコリがぎっしり溜まっていて、その下半分の隙間が多くある部品の裏側はほとんどホコリがありませんよね! もちろん、上の右半分もシダーズがホコリを拭き取る前はぎっしり溜まっていました。これだけ部品がある部分とそうでない部分に違いがでるのです。なので10年くらい前まで主流だった部品の少ない、お掃除ロボットエアコンでないエアコンの方が、比べてクリーニングの必要性は低いのです(但し風を送り出すファンは同じように汚れる)。

しかも、これも以前書きましたが、実はこのフィルター洗浄機能付きエアコンはフィルターさえあまりきれいにしないのです。それは特にリビングのエアコンに言えるのですが、キッチンで油料理などすることによる油などがフィルターに付着し、そこにホコリが付着してしまうとホコリを吸い取る部品が油でホコリが固着してしまうので吸い取れないからです。

と、いうことでフィルター洗浄機能付きエアコン、少し前まではメーカーが「お掃除ロボットエアコン」、と言っていたエアコンこそ、クリーニングの必要があるのです。なのでもし、シダーズのこのブログを読んで、「えっ、そうだったの!!」、と思われた方はシダーズまでエアコンクリーニングをお申し付け下さい、心よりお待ちしています(^^)//。