昨日、原状回復クリーニングでシダーズの事務所にすぐ近くにある賃貸アパートへ行って来ました。その物件は網戸が2枚ほど破れていてその補修も込みでの作業だったのですけど最近の網戸の傾向なのか網を固定するゴムが固くなっているのですがデザインとしてはとても見栄えがいいものになっていました。それ自体は素晴らしいのですがこのタイプの網を固定するゴムは張替えが難しいのが難点です。ゴムの幅が結構広く張替え時に差し込む隙間になかなか入らないのです。今回も従来のタイプの張替えよりも時間が2倍ほどかかりまた、ゴムを押し込む時に結構神経を使いましたが何とかこの網戸の張替えを終わらほっとしながらもシダーズは少し考えてしまいました。‘確かに見栄えがよく、デザインも素晴らしいのだがこれだけ張替えがむずかしいと上手く張り替える事の出来る人は限られるのではないか’と。さらに‘せっかく(網戸を製造するメーカーが)いいものを開発しても張替えの出来る人がいなければ意味がないのでは?’とも考えてしまいました。そして‘やはり物事何事もメリットがあればデメリットもある’といういつもシダーズが心の中で意識している世の中の訓示が心をよぎる今日この頃のシダーズでした(⌒∇⌒)。
IMG_1059
これが従来の網戸の止めゴムで
IMG_1057
これが最近よく見る見栄えのいい止めゴムです。



           ハウスクリーニング シダーズ