洗面台クリーニング

水垢の除去はお早めに

senmen2先日、3点セット(バス、トイレ、洗面台)のユニットバスのクリーニングをしたのですが改めて水垢の付着力、というものの強さを再確認することになりました。というのはこの3点セットのバスの洗面台部分をクリーニングする際に水垢を落としきれなかったのです。

この洗面台は5年くらいちゃんとしたクリーニングをしていなかったということで水垢が洗面台の表面の膜(コート部分)に強力に張り付いていました。除去するのと同時にその膜が剥がれてしまう状態まで水垢が素材に浸透していたのです。

クリーニングでまず表面の汚れを除去してみました。やはり強固に水垢が付着しているため、はっきり水垢が残りました。

senmen13

それで水垢落とし用の洗浄剤である程度水垢を除去し、さらに専用のクレンザーで磨き、光沢の復元を試みました。

senmen3

この写真が光沢の復元を試みた後の写真なのですが一見きれいで光沢がでています。ですが至近距離で見ると水垢が洗面台のコートを剥がしてしまっているのが分かります。

senmen14

クリックして拡大して見て頂けると分かるのですがオレンジのライン引いた左側、もしくは上部分が膜が剥がれています。5年以上ちゃんとしたクリーニングを行なってなかったので膜に浸透して剥がしてしまった、ということです。これがもう少し早い段階でこの水垢の除去を行なっていればこのように膜に深く浸透することなく、きれいに除去ができます。新品の洗面台にかなり近いレベルでの光沢の復元が可能です。

今回改めてこの5年以上ちゃんとしたクリーニングを行なわなかった洗面台のクリーニングを行って定期的なクリーニングの必要性を感じました。もちろん、かなりのレベルでの光沢の復元を求めないのであればシダーズのような清掃業者にクリーニングを依頼する必要性はありません。ですがもし、‘できるだけきれいにして欲しい’とか‘ピッカピカにして欲しい’等の要望があるのであれば是非プロの清掃業者への定期的なクリーニングをお願いすることをおすすめします。あまり長期間水垢を放置すると、上の写真のように素材の膜を剥がしてしまうからです。

    ハウスクリーニング シダーズ   ハウスクリーニングのシダーズ

シダーズ7日間戦争 VS洗面台

本日はシダーズ7日間戦争の3日目になります。それで本日行ったクリーニングの中のひとつに洗面台があったのですけどこの洗面台も前日の換気扇同様結構手強い相手でした。ただ今日の手強かった原因は昨日の換気扇に付着した油汚れとは違い水垢でした。一見、この洗面台を見た時、‘随分茶色く汚れが付着しているなあ’と思ったのですがいざ水拭きしてみると全く除去できずその正体が水垢であることに気付いたのです。洗面台上面一面にまだらに付いていたのですが洗面台一面に水垢がつくという現象は通常あまりないのでシダーズはまさかにも水垢とは思わなかったのです。おそらく洗面台一面に多量の水滴を残したままかなりの長期間使用してない状態が続いた結果と思われます。でいざ磨いてみると通常の水垢を除去する場合の倍以上の時間がかかりかなり難儀しました。また、クリーニングの工程もいつもより一工程多くなり普段の洗面台クリーニングとは違う方法、洗浄剤で磨きあげました。シダーズが実際クリーニングしていて洗面台をクリーニングしているというよりはトイレの便器に固着した尿石を削り落とすような感覚でクリーニングを行い、通常の洗面台クリーニングと比べるとかなりの違和感を感じながらのクリーニングでした。ただ、また今日も改めて感じたのはコーティングされた石材やお風呂のタイルなどは強く磨いても(見た目には)キズは全く分からないので普段のクリーニングで強く磨いたりクリーニングの頻度を上げても長期間使用出来る素材だという事です。また、どんなに強い汚れや水垢が付着しても落とせば石材にコーティングのような鏡面加工がしてあるので照明の光を反射して見栄えがとても良くなるのです。ですのでクリーニング自体が大変だとしても終わった後の状態は見た目にはとてもきれいになるのでした。そんな石材のメリットを感じながら洗面台の水垢と戦っていた今日この頃のシダーズでした(⌒∇⌒)。
IMG_1226
このようにかなり水垢が付着している洗面台でも
IMG_1242
鏡面加工された石材は磨き上げるとここまでつやが回復するのです( ̄ー ̄)ニヤリッ。
記事検索
livedoor プロフィール

シダーズ

QRコード
QRコード