なんか、気軽に書こうと思ってもつい力が入ってしまいこのブログを始めたものの、仕事に追われたせいもありますが、ずっと遠ざかっていました。日々思うことはいろいろあるのですが、それを書こうとするとなかなか上手く表現できないな、なんて感じてしまうことが多々ありました。


 書いてない期間中にあった大きな出来事としては、なんと言ってもラグビーW杯でしょうね。今頃「五郎丸、ゴローマル!」と騒ぎ立てていますが、僕は彼が大学の時からずっと見てきた人間なので、「何をいまさら」って感じです。大学の時からキックはめちゃめちゃ正確だったし、FBとしても超一流でした。彼が一番後ろにいるという安心感たらなかったです。僕より上の世代のキッカーって今泉なんでしょうけど、僕にとって最高のFBであり最高のキッカーは五郎丸です。彼の大学最後の試合の時「皇帝フルバック」という名称をつけた引退記念Tシャツまで売ってたくらいですから。


 YAMAHAに入ったその後もズッと心の片隅に留めていたのですが、YAMAHAのラグビー部がエライことになったり、エディHCの前には代表にも選ばれず(というか、彼を選ばない時点でそのHCは失格だと思っていますが)、不遇の時代が続いた印象です。あのときの早大ラグビー部員は皆、サントリーやらトヨタやらトップリーグで強豪と言われるチームに入っていたのに、なぜ五郎丸がYAMAHAに入ったのかとても謎でした。僕はその時サントリーの監督になっていた清宮氏の元に行きたくなかったからと邪推していますが。
 
 
 でも結局YAMAHAの監督に清宮氏が就任し、大学以来のコンビを組むことになったわけです。YAMAHAにはSOの曽我部(彼を代表に呼ばないのもおかしい)もいるし、タレント揃いですよね。清宮氏の就任3年目にして初優勝したのは記憶に新しいところでしょう。

   
  今年、南アフリカ戦を生で見て、日本が勝利したときには深夜にもかかわらず大きな声を上げてしまいました。アメフトが観戦スポーツでは一番面白いと思っていますが、ラグビーだって相変わらず好きです。ドライビングモールでトライを取る爽快感は外のスポーツでは味わえないですからね。


 エディHCが「JAPAN WAY」と言っていましたが、これは「体格に劣る日本が勝つのは、FWは耐えてバックス勝負」ということだと思っています。バックス勝負なんだけど、とにかく継続し続けること。こういうことなのではないかなと思っています。昔からのラグビーファンとしては、せっかく盛り上がってきた機運をしぼませたくないですね。そのためには高校・大学のレベルの更なる向上が求められるでしょう。特に関東大学ラグビー対抗戦はこのままで良いのでしょうか?外人入れたFWでゴリゴリ押すだけの帝京の1強じゃ、もう誰も見なくなっちゃいますよ。外の大学も帝京に勝つように底上げが必要だ。早慶明といった伝統校がもっと自分の強みを活かしたチーム作りをすることが急務なのではないでしょうか?

 
 単なる一ラグビーファンの戯言でしたが、言いたかったのは「大学の時から五郎丸を応援していたぞ」ということです。日本のプロスポーツはあまり見ないようにしているので、トップリーグにもさほど興味はありませんが、W杯に勝てる力がついてきたので是非次回に向けてリスタートを切ってほしいです。