2009年02月

2009年02月27日

麹町は雪

fe32a92c.jpg……が降って、これは久しぶりに雪が積もるかなあ、と思ってたら、装丁いくつかしてるうちに止んでしまったよ〜です。

ところでロバート・B・パーカーの『警察署長ジェッシイ・ストーン』シリーズ第1作「暗夜を渉る」ハヤカワ文庫版184〜186ページにこんな会話がある。


「とにかく、彼はなぜあなた(ジェッシイのこと)を怖がってるの? 私が言うのは、あの体を見て、という意味。彼はなぜ、あなたにやっつけられた仕返しをしないの?」
……
「ジョウ・ジョウはまやかしだ。夜一人でいて、たまに眠れない時、彼は一分ほどそのことに気付く。それに、おれが知っていることに気付くのだ」
「まやかし?」
「そうだ。彼は力が強いし、残酷だ。しかも、それは危険な組み合わせだ.
しかし、彼はほんとうにタフじゃない」
「で、あんたはタフなの?」
「その通りです、奥さん、おれはタフです」


て、どうってことないんだけど、まだ、どう彼(ジェッシイ)がタフなのか物語には出てきてない。そういう場面はまだ無いんだけど、主人公はそういうことを云う。そういう部分に出くわすと、ちょっぴり鼻白む思いがするんですけど。まあその、タフでないとジェッシイが云うジョウ・ジョウを、ちょっと痛めるくらいはしましたけど。タフでないって奴を痛めたって。。。。

で、本日間もなく「ビール会」だそうで。飲み過ぎないよう注意しますだ(笑)

shige4 at 18:01|PermalinkComments(0)

2009年02月26日

Franklin McMahon

f78ff609.jpg装丁のために写真エージェントのcorbisをあれこれ探してたら、なかなかイケるイラストレータの作品に出くわした。Franklin McMahonて人。マークマクマホン て読むのかな。アメリカ人で、ジャーナリズムに関係ありそうなんだけど、よくわかりません。う〜ん、こういう絵、描いてみたいなあ。

画像はcorbisからです。http://pro.corbis.com/

shige4 at 13:35|PermalinkComments(0) 日記 

2009年02月24日

今週の『週刊ダイヤモンド』

9fa779fa.jpg忘れてました(笑)

それより、来週号と、さ来週号でてんやわんやになったりしてますもんで。

農業のことはよく分からないんだけど、こう製造業やらサービス業やらにお先真っ暗感があると、農業とやらの分野がなにやら明るく思えてきますよね。有望な雇用先、安全・安心の国産回帰、新たなビジネスチャンスと……。まあ、しかし、なにやらそこにも落とし穴がありそうな気がするんですけどね。そういう訳でちょっと慌ただしくてまだこの特集読んでないんだけど、そこんとこどうなんでしょう。どっかのおしゃれな雑誌でも同じ特集組んでて、売れ行き好調らしいんだけど、ココがだめならあっち行こう風じゃなけりゃいいんだけど。

で、王将戦七番勝負第5局始まってました。深浦、先手で中飛車のようで、なにがどうなってるのやら、さっぱり分からない局面になってました。

とりとめない話ですみません。です。。。。


shige4 at 23:09|PermalinkComments(0) 日記 | 週刊D

2009年02月23日

『屋敷女』で思い出すのは……

d7e656c2.jpg『屋敷女』で思い出すのは望月峯太郎の漫画『座敷女』ですねえ。あれは面白くて、よく出来たホラーコミックだった。望月峯太郎の才能にオドロイテた頃ですね。で『屋敷女』の原題「A l'interieur」は「内部に」くらいの漠然とした意味らしいけど、邦題つけるとき(日本の担当者が)『座敷女』を意識したのかな。テーマは一緒、てくらい似てるから。『屋敷女』(ややこしい)の監督、ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロはかなりの日本通らしいんで、結構『座敷女』知ってたかも。でもホラーとしては『座敷女』(ややこしい・笑)のほうが格段優れてると思うけどね。

で、「おくりびと」アカデミー賞外国語映画賞受賞 だそうだ。前に「こんな映画、誰がみるんだろ?」と余計な疑問書いたことあったけど、いろんな人が観るんですねえ。まあどうでもいいですけど、私は観ないなあ、あんな映画(笑)。

shige4 at 19:04|PermalinkComments(0) 日記 | ホラー

2009年02月22日

SUNDAY通信

装丁を3つほどこさえました。一つは手直し版ですが。
TVシリーズ『警察署長ジェッシイ・ストーン』シリーズに刺激されロバート・B・パーカーの原作「暗夜を渉る」を読み出しだんだけど、やっぱりこの小説家は肌が合いません。どうしてなんだろう? どこかが大事なところがハードボイルドしてないように思えてしょうがない。20代頃2〜3作読んだときも同じように感じた。こんどゆっくり考えてみよう。

そのうちです。このところちょっと元気ないんで考えるの億劫です。

shige4 at 19:45|PermalinkComments(0) 日記 

2009年02月19日

王将戦第4局 107手で羽生王将の勝ち

931a3d49.jpgだそうです。七番勝負はこれで羽生王将2勝、深浦挑戦者2勝。途中▲2四銀の鬼手も放ち、間断なく寄せ切ったようです。休養も十分とれたでしょうし、またまた強い羽生さん帰って来るといいですね。

将棋と言えば、明日は私、飯野先生と飛車落ち戦。明けて土曜日は所司先生と飛車落ち戦の連続対局。どちらも勝つ気でいるんですが、何か?

画像は「毎日jp」http://mainichi.jp/enta/shougi/
より

shige4 at 19:40|PermalinkComments(0) 日記 | 将棋

2009年02月18日

王将戦第4局 戦型は後手1手損角換わり

9a3a120b.jpg2日制なので決着は明日。
そろそろ羽生さんにも復活して欲しいんだけど、まだダメな気が。。。。
この戦形最近私も良く指します。というか指させられる。何度指しても仕掛けの時期が分からない。勉強しましょう。
画像は「毎日jp」http://mainichi.jp/enta/shougi/
より

shige4 at 13:32|PermalinkComments(0) 日記 

2009年02月17日

『屋敷女』

432ffd6c.jpgフレンチホラーまあがんばってるっちゃ、がんばってんなあ。巻頭からもう生理的嫌悪感たっぷりですねえ。ちょっとドキドキします。まあ、映画といえばほとんどホラーしか見ないんだけど、実は私は大変怖がりなんですね(笑)。いや、ホント。だからホラーが好きなんだけど。
そういうわけで、こりゃ一体なにが始まるんだろうと、かなり不安になります。ただ、事が始まってしまえば、結構普通のゴア映画展開なんで、途中から落ち着いて見れます。
まあ出産を控えた妊婦が見知らぬ女の訪問を受け、その女がやたらめったら凶暴に人を殺しまくる、って作品です。血が一杯でますねえ。

あ、監督はジュリアン・モーリー;アレクサンドル・バスティロです。

shige4 at 20:01|PermalinkComments(0)

2009年02月16日

本日のAmazonからの手紙

55f74e40.jpgまあこういうの来る事もあります。

本日多忙につき、こんなとこで。。。。。

shige4 at 21:34|PermalinkComments(0) 日記 

2009年02月15日

今月のなむちゃん

5fa6f288.jpg金曜日夜6時から銀座で、『New WAVE』という某企業の社内報のスタッフと打ち上げ会。で、とにかく朝から慌ただしくBLOG更新する暇もなし。このなむちゃんも、その日午後4時頃から必死に描いたもの。

しかし時間に追われるとなかなかアイデアも出てこない。残り時間30分をこえたあたりで、ようやくこんなのどうだろう?てのが出て来た。季節柄「春分」がテーマ。いつも仕上げをお願いしてるA田君が「面白いですよ、笑っちゃった」といってくれたんでホッとしたけど。まあ、お世辞かなあ。とにかく6時10分前くらいに書き上げて、机の上のチョコレートの山を、とりあえず引き出しにしまって、慌てて出かけていきました、マル。

shige4 at 17:59|PermalinkComments(0) 日記 | Hello! なむちゃん