2011年07月

2011年07月31日

『モールス』(Let Me In) 観たいな

ホラーなんだが恋愛映画らしい。逆か?どっちでもいいか。
スティーヴン・キングが「『モールス』はジャンルを超えた金字塔である。ただのホラー映画ではない、過去20年間における最高のアメリカのホラー映画である」と絶賛。まあキングはときたまポジショントークするからね。だからというわけじゃなく、『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴスが脚本・監督を担っているから。『クローバーフィールド/HAKAISHA』は素晴らしかったし。

ちらっと耳にしたことでは原作は『ぼくのエリ 200歳の少女』というスウェーデンのスティーヴン・キングとかいわれてる、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説らしい。2008年にスウェーデンで同名で映画されてる。(違う?・笑)。う〜ん、そうだなあ、原作名わかるとちょっとネタバレか?とも思うけど、観たいなあ。
『モールス』ポスター



shige4 at 18:57|PermalinkComments(0)

ゴーンさんの「cross functional team」

今朝のゴーンさんが言ってた言葉でうう〜むと思ったのがこれ。「CFT」すなわち、クロス・ファンクショナル・チームという。部門横断的メンバーを集めて全社的な経営テーマについて検討、解決策を提案していくことをミッションとした組織の事。まあ、目新しくもなくあたりまえとうか、なにも大袈裟な組織形態とも思えないかもしれないけど、これってやろうと思うと、というかやってみるともう大変なことなんだね。これをやり通したゴーンさんは偉いなあと。

ちょっと思い出したことだけど、以前某週刊誌表紙デザイン担当して4〜5号目くらいの時に、日産本社でのゴーン氏のインタビューと表紙撮影に立ち会ったことがある。そのときはなんとなくコストカッター主義風な経営者かな?ぐらいの認識しかもってなかった。その取材は撮影も兼ねてきっちり20分しか時間をもらえなかった。上着を着用せず、シャツ姿であらわれたゴーン氏。インタビューと表紙撮影を同時に始めたんだが、次の予定が詰まってるため周囲の秘書やら役員やらが無茶苦茶ぴりぴりし、時計とにらめっこしてる。そんななか、当のゴーン氏「あっそうか撮影もあるんならネクタイ上着も必要だね」とにこやかに笑顔で語り、なんと自ら取りに行こうとし立ち上がり、その周囲の方々に必死で止められた、な〜んてことあった。そのとき「ほほ〜っ」と、その余裕と器に、なるほど世界屈指の経営者とはかくあるものなのかと、えらくとても感心した覚えがある。
そんなことも思い出した。
蛇足だが、その号の表紙はシャツ姿で語るゴーン氏のアップとなった。結果的だが、シャツ姿で語るゴーン氏いうのは珍しく、その意味で面白い表紙になったんじゃないかと自分一人で思ったもんだけど。

shige4 at 18:32|PermalinkComments(0)

カルロスゴーンを見直した

今朝フジテレビ『新報道2001』でのカルロスゴーンの発言に感心した。もうほんとうにゴーン氏に総理をやって欲しいくらいだ(笑)。感心したというより、見直したというべきか。書きたい事は色々あるが、日曜日とはいえあさっぱらからゆっくりBLOG書いてる時間はない。あとでもうちょっと書いてみたい気がする。
さて本日は娘の運転で、まもなくDIC川村美術館へ向かう予定。。。。。
川村美術館



shige4 at 10:05|PermalinkComments(0)

2011年07月30日

『トランスフォーマー』酷いなあ

いまTVで見てる。意味分からない。ひどい映画だと思うけどね。そういえば自称国際的芸術家だとかいう村上ナントカというインチキ野郎がこの映画を絶賛してたなあ。程度とお里が知れる。

トランスフォーマー


shige4 at 23:05|PermalinkComments(0)

新藤兼人監督の『裸の島』を見る

なんてったって評価が高い作品である、1961年にモスクワ国際映画祭グランプリを始め、数々の国際映画祭を受賞、世界60カ国以上に上映され、新藤兼人の代表作っぽい。しかし、セリフなしで水を汲みに行く話が延々と続く。何を訴えたかったのかさっぱりわからない、むちゃくちゃ退屈な映画だった。なあ。
新藤兼人は嫌いじゃないんだけどねえ、こういうのは私駄目だなあ。

裸の島


shige4 at 20:18|PermalinkComments(2)

2011年07月29日

江ノ島 その2

というほど大げさなもんじゃない。でもちょっとしたリクエストがあったもんで、まあその残り物情報ですけどね。
まあ、江ノ島はなかなか良いとこですというところで。
江ノ島A-1


その後の散策中のスナップですね。「一人高原を行く男」も写ってますね。しかしみんなアホだなあ(笑)
江ノ島A


翌日はチェックアウトとともに即解散。皆さんはそれから鎌倉とかなんとか遊びに行かれたようで。わたしゃその夕のつまみを手に入れさっさと帰りましたね。まあ、「一人高原を行く男」は旅行が嫌いだから(笑)。ぶらぶら帰ってるところを誰かに撮られてました。知らなかった。てな1枚。
江ノ島B


さてその日の夕餉ですね。江ノ島からサザエとはまぐりたんまり買って来たんだけど、その日津田沼駅南口モリシア津田沼の「角上生鮮市場」で珍しく良さげな「タラバガニ」が。でそれもGet。かくして「壱乃醸 朝日」とともにこんな具合。うらやましいなあ〜、とか言われそうなそんなハナシ。そんなハナシしてどうすんだぁ。。。
江ノ島C


shige4 at 12:42|PermalinkComments(0)

この映画気になるなあ

今朝の朝刊の広告に出てた『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』。1959年5月「大人は判ってくれない」でセンセーショナルでヌーヴェル・ヴァーグの名を世界に知らしめたフランソワ・トリュフォーと、その直後「勝手にしやがれ」を発表して映画の革命児となったジャン=リュック・ゴダール。どうやらドキュメンタリーのようだけど、フランスヌーヴェル・ヴァーグは私の10代後半から20代後半くらいのいわば青春(w)とぴったり重なってしまうなあ。だから愛憎半ばする、、、、、て、大げさなもんじゃないけどね。気になるなあ。明日から新宿k's cinemaで公開。ああ、三越裏あたりのあそこですね。

はい、YouTubeにUPされてた予告編です。




shige4 at 11:33|PermalinkComments(0)

2011年07月26日

BLOGはマメに更新しましょうね

つい先ほどのことだけど、ちょっと久しぶりの出版社の編集の方がおみえになって「わ〜Sさん(私の事)大丈夫ですか、元気ですかぁ、BLOG見ててすっごく心配してたんですよ。」とおっしゃいました。そ〜ですよねえ、こんなBLOGも訪れてくださるかたいらっしゃいますんでねえ。ちゃんと更新しなくちゃいけませんですね。で、そうします。場合によっては更新のための更新になるかも(w)だけど。とかいいつつ、もう2日ばかしで80頁ものサムネール作らなくちゃいけない。なんてホント自分でも無謀と思えるスケジュールになってるんだけどね。

で、どうでも良いんだけど「サムネール」というのは単純に50%大(おおよそ)位のミニコンテのことだけばかり思ってたら、違ってた。wikipediaによると
「サムネイル(thumbnail)とは、画像や印刷物ページなどを表示する際に視認性を高めるために縮小させた見本のこと。親指(thumb)の爪(nail)のように小さく簡潔であるという意味から来ている。」
だそうだ。いや〜知らなかった。知らなくても良かったけど、知ってしまうと自分のいい加減さが良く分かるなあ。

話戻るけど、先の編集のかた、お仕事ありがとうございます。だけど、ご無沙汰にならないようにお仕事ご一緒しましょうね。そうすればなにかと安心でしょ。よ〜するに仕事入れろってことかな(w)

shige4 at 18:41|PermalinkComments(2) 日記 

2011年07月24日

西村賢太はゴロウを殴るべきだとおもうよ(w)

『ゴロウ・デラックス』てのは酷い番組だったなあ。というか昨今のバラエティ番組なんてみんなこんなもんなんだろう。情けなくなるほど馬鹿番組ばっかなんでほとんど見ないからいいけど。
まあ、西村賢太も計算ずくで出演してるんだろうけど、ワンカップ飲むんなら10杯くらい一気飲みしてゴロウに悪からみして殴っちゃうくらいしていいと思うよ。バラエティにならないか。しかしやっぱりこんな番組には出ない方がいいと思うけどね。



shige4 at 23:36|PermalinkComments(0)

SUNDAY通信

てのをその昔やってましたね。久しぶりにやってみました。
さて日曜日、先週より娘2人をペーパードライバーから脱出させるべく、日曜日はミニ・ドライブしてる。2人ともハンドル握る事自体3年ぶりくらいだ。さてとりあえずGOLFに乗り込み、自宅から15分くらいの所にある私の母親の住む実家へ向かう。途中お土産にスーパーで買い物。入出庫の練習も兼ねて。。。。。

ドライブ01


さてその後、京葉線新習志野駅前のMrMaxへ。立体駐車場への入出庫の練習。ここで昼食。昭和45年福岡県筑豊地方にて創業したとかの筑豊ラーメン「山小屋」で昼食。ちょっとさっぱり目ながらこれは私にとっては昔懐かしい九州ラーメンの味。なかなかいけるラーメンなのである。3人でひとつ替え玉とって食べた。

ドライブ02


さてその足で湾岸線沿いの「ファッションセンターしまむら」へ。私は全然興味はないんだが、娘2人は興味があるらしい。が、どうもパッとするものが見当たらないらしく、15分で撤退。次は幕張副都心(て、今も呼ばれてんだろうか?)のシネプレックスのある「メッセアミューズモール」へ行き、やはり立体駐車場への入出庫の練習。31(サーティワン)でアイスを6個お土産に買って帰路。

ドライブ03


帰路にガソリンスタンドにてガソリン給油の練習もして、本日の予定完了。GSには次女が運転して入ったんだが、初めてでやっぱり焦ってたんだろう「ハイオク、満タンで」というのを「ハイテク、満点で」と言ってた。

というんで一通りのことは出来てそう。来週は高速教習。東関東自動車道に乗って佐倉のちょい先「川村美術館」へ行く予定。コレクション展のようだけどピカソ、ブラック、カンディンスキーなど20世紀美術が中心のコレクションなんで面白い。なんてったってマーク・ロスコの作品が多いんで楽しい。次回ルポしようかな。

といったSUNDAY通信でした。

shige4 at 23:22|PermalinkComments(0)