廣松哲学

2010年01月24日

whiskey conditionの廣松哲学を読む-1

239a99a9.jpgそろそろどんな形であれはじめないとやばいよな。どういう風になるか全然わからないけど、とにかくワタシが自分流に読んだ廣松渉哲学論だ。一応ここは(笑)と入れさせてちょうだい。
対象としたのは平凡社ライブラリーの熊野純彦編『廣松渉哲学論集』。6編の論文が収められているので順番に「読む」つもり。まず最初の一遍は「世界の共同主観的存在構造」。

なんだかタイトルからして凄いんだけど……続きを読む

shige4 at 19:09|PermalinkComments(0)