2016年04月29日

HP
来年から始まる所得控除についての対象品目は、こちらにアップされるようです。
成分を含む商品が対象となるため、今後その医薬品のパッケージや品名を
踏まえて、1月以降の購入になっていくと思います。

今も、通常の医療費控除として、その医薬品で対象となるケースが大半ですが、
治療目的などを踏まえて、購入する必要がありますね。




shigeki123 at 12:23コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月28日

インボイス導入により平成33年からは、課税事業者のみ、登録番号が付されます。
その登録番号に基づいて、インボイスを発行できるため、
発行できない免税事業者は、取引から排除される可能性もでてきます。

また、免税事業者からの仕入れ控除は、 33年から、3年間は、80%可能です。
36年から3年間は、50%可能となるようです。
そのため、39年からは、まったく控除できないという猶予が設けられています。


軽減税率の範囲についても勉強が必要ですが、
インボイスがない場合の仕入れ控除の特例についても調べねばと思います。



shigeki123 at 08:07コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月27日

インボイスについて寄稿が出ています。
軽減税率の導入により課税漏れがないようにするため、インボイスが必要という仕組みに
なっています。
 これまでは、インボイスがなくとも、帳簿方式と請求書等の保存により、成り立っていたものですが、
この機会に制度が改正されます。

 非課税と免税事業者は異なる仕組みということも覚えていなければいけなそうです。

これまでは、税区分を対象外と非課税にあまり注意をしていなかった場合、
この機会に、仕入れ控除の判定には注意をしていったほうがよさそうですね。



shigeki123 at 07:59コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月26日

日税連の税制審議会から答申が出ています。
今後のありかたとして、資本金等の額の基準だけではなく、従業員数を併用として範囲を決めることが
よりよいのではと読みました。

1000人という基準で、決められているケースもあるので、資本金を無償減資により1億円以下まで
下げて、外形標準課税を免れるなどの事態を想定していると思います。
ただ、業種によっては人数の差があるなどの問題ももっているようですが。

応益課税としての事業税の考え方なども出ています。
公共サービスを受益している以上、一定の負担を伴うべきというのは間違いないですね。



shigeki123 at 07:54コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月25日

秋田の場合、プライマリーバランスも単年度ベースで黒字化となっている点、
実質公債費比率も基準となる18%以下をまもれている点などが決算資料からも
出ています。
 県債発行の抑制が進むことは、次の世代へつけを残さない大切なテーマなので
守っていってほしいものです。



shigeki123 at 09:20コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月24日

企業からのふるさと納税がスタートしましたが、
まだ対象となる市町村からの事業の公表が進んでいないように感じます。

企業にしてみれば見返りのない資金支出ですが、魅力ある事業を展開するうえで、
企業からの寄付が進むことは財源が少ない地域ではいいことと思いますが。

秋田の場合、地域活力創造課ではなく、
企画振興部総合政策課にて、さまざまなふるさと納税に対する施策を
担当されているようなので、今後もみていければと思います。




shigeki123 at 08:57コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月23日

地方税法の分野においても一部対象となりますが、
裁決の結果は、一部、国のデータベース化により公表も期待できそうです。

過去の裁決例を参考に実務が進むことがよりよいのではと思います。



shigeki123 at 08:53コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月22日

県税事務所への申請・届出が早ければ、8月ごろには開始となるようです。
市町村にはできていた作業でしたので、これで県に対しても便利になりそうです。

とはいえ、マイナンバーの関係もあり、
まだ少し時間があるので、うまく運用されるものか注意したいものです。


shigeki123 at 08:51コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月21日

作業料金に上乗せをして支払う契約のケースがあります。
そのプレミアムの言葉を調べてみました。
 「割り増し」と一般的に言われているところですね。
そのほうが成果が上がるという点から、合理的ではあると思いますが。





以下、コトバンクより。
プレミアム

プレミアムとは割増価格のことをいう。または、製品購入のインセンティブとして無料ないし低価格で提供される景品のことをいう。

shigeki123 at 16:09コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年04月20日

ザ・セカンド・マシン・エイジ
エリック・ブリニョルフソン(Erik Brynjolfsson)
日経BP社
2015-07-29


馬から自動車へ産業が移行し、人間の作業から機械へ移行する時代を先読みしているように
感じます。
GDPには反映されにくいスカイプの便利さや、ダウンロードによる格安のビジネスなどにより、
フリーで経済的利益を享受しやすくなっていることを分析しています。
 負の所得税の仕組みの項目では、経済力により、保育料や医療保険の公的負担の差などによる便益も出ています。
 保育料や医療では利用をしない世帯では、負の所得税の実行が難しいようにも感じます。


shigeki123 at 15:57コメント(0)トラックバック(0) 
生活板 
税理士