2016年08月25日

HP

個人住民税について、給与所得者への普通徴収を義務者から納付を受ける特別徴収に
移行する過程についてまとめられています。
 マイナンバーが始まり、徴収漏れが減ることはいいことと思いますが、
前年度分についての課税により、担税力がなくなって滞納しているケースもあります。
 翌年度分の納税資金まで考慮した資金繰りをとれればいいのですが、実際には
なかなか手元に残っていないようです。
 特別徴収では、義務者に滞納の場合の通知を出すなどの措置を市町村にてとるため、
期限内納付が見込めることも特徴です。

 現年度課税し、年末調整化すべきとなるとより企業の事務負担が重くなるようにも
感じます。
 税目の一本化を図ることも難しいので、これからも地方税務では悩ましい気がします。



shigeki123 at 11:46コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年08月24日

7月20日の租税教育担当者会議の記事がでています。
テキスト2016を踏まえ、副読本パワーポイント版も作成されています。
前年度比、税理士会の租税教室開催数は、1193回と、かなり増えてます。

業務対策部からは、
税務代理権限証書に、被相続人の氏名、相続開始日を記載して、
固定資産評価証明書の交付作業に活用することなどが確認されています。

 新しい租税教育のテキストをみましたが、DVDについては、プログラムのダウンロードが必要な
ものなど、内容を開くまでに時間がかかってしまいました。



shigeki123 at 13:59コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年08月23日

現在、第3世代のカードを使用していますが、
来年1月下旬に、次のカードの申込書類が届くようです。

 そのため、来年3月上旬の税務支援などでは、ぎりぎり使うかどうか、のタイミングに
なると思われます。

 3月15日を終了してからの切り替えとなることが現実的ですね。



shigeki123 at 13:49コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年08月22日

HP

地域活性化のキーワードなど参考になるところが多いです。

人口減少問題などを、住民がコミュニティカフェなどを運営したり、
映画を町ぐるみで製作したりするなどもあります。

 

shigeki123 at 10:11コメント(0)トラックバック(0) 
会計つれづれ 

2016年08月21日

HP

予算をシミュレーションし、財政収支を黒字化させるための分野別配分などを
ゲームで行うものもあり、よくできています。
 クイズの初級編もけっこう難しいと思いますが、知識として面白いものです。

租税教育においてもこうしたサイトの紹介はいいかなと思います。


shigeki123 at 10:07コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年08月20日

HP


中途解約により違約金を支払い、物件の交付を受けた場合(それまでは都度、リース料処理)、
その時点でリース料総額を一度資産計上し、経過分は減価償却累計額扱いとし
、リース期間定額法による償却が原則とされています。

休眠などにより、中途解約によるケースは今後あり得るのかなとも思いますが、
稼働していない場合の扱いも気になるところです。


shigeki123 at 08:53コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月19日

HP
書面添付制度について、日税連も国税庁も推奨しているのですが、
なかなか年に一度の関与の場合は、その書面を添付するまで、内容をヒアリングできていないところが
あります。
 とはいえ、これからは、もっと活用して、意見聴取による方法で税務調査を簡略化することも
ひとつの流れではと感じますが。



shigeki123 at 08:45コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年08月18日

HP

新しいものではないですが、補佐人制度について、近畿会でまとめられたものがあります。
実務ではまず触れることがない部分ですが、不服審査法改正の点もふまえ、学びたいものです。



shigeki123 at 12:25コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年08月17日

HP

不動産の譲渡を検討している場合には、納税額を予測するうえでも参考になりそうです。




猛暑日になることはなくなってきていますが、冷房にあたりすぎて、
のどが痛いときがあります。
オリンピックが4年後にあると、時間にかかわらず日中の8月の業務はだいぶ控えめになりそうですね。


shigeki123 at 12:10コメント(0)トラックバック(0) 
税金あれこれ 

2016年08月16日

OJT完全マニュアル---部下を成長させる指導術
ダイヤモンド社人材開発編集部
ダイヤモンド社
2015-03-13


計画、実行、評価、改善を大切にすることとあります。
 このサイクルをいかに、共有し、継続できるかは、実務では難しいですね。



shigeki123 at 12:06コメント(0)トラックバック(0) 
fp関連 
税理士