ハマノBlog

ギタリスト浜野茂樹のブログです。 日常のことなど、書き綴っています^^

これまた美しい響きですね。

夢の世界に誘われそうです^^










1895年頃、ドイツで作られたオルゴールのようです。


カードを使うので、長時間の演奏ができるみたいですね。








これも一種のマルチメディアですよね。


よく考えたものです^^











201707スライドショー


先日よりお知らせしていました
7月9日のコンサート。

いよいよ1週間をきりました!



素敵な曲をたくさん演奏いたしますので
皆さま、お誘い合わせのうえ、
ぜひぜひお越しくださいませ^^



≫浜野茂樹 ギターコンサート




1885年頃の作品だそうですが、
なかなか、凝った動きですね。








曲は『魅力的なマズルカ』。


上蓋が開閉できるようになっていて
ピアノ・フォルテの変化もつけられるんですね。


確かに魅力的です^^




このタイプのオルゴールの音って
儚げで、どことなく哀愁もあって
それでいて美しいですよね。


なんとも言えない魅力があります。










この手回しって、結構な重労働ですよね(笑)











厳密には、フレーテンウーア(笛時計)の
楽器部分を修復したもののようです。


曲は、ヘンデルの『アリア』なのですが
バロックの曲はどうしてこうも
オルガンの音色に合うのでしょうか?







曲は、『雪はともへに』という端唄だそうですが
なんとも言えない味わいがありますね。








↑このページのトップヘ