たいくつだったので、1週間ものあいだ不眠不休でプロジェクトXを見た後のつもりになってみました。
ですが実際にはまだ2日しかたっていませんので、あと5日もあります。この5日分、どうすればよいのでしょうか?
というわけで、せっかくなので残り5日分もどうにかしちゃおうと思います。
(と、この後で私、かなり怒っています。 このDVDディスクをPCのDVD対応ドライブに入れたとき、予期し得ないウィルスがシステムに入り込んでしまい、PCのシステムが思いっきり汚されてしまったからです。)

●DVDの自動起動をとめて、ウィルスの感染を防ぐ方法

600円DVD_ヘンなファイルがいっぱい600円DVD_ウィルスの正体
この写真を見れば分かりますように、このDVDディスクのautorun.infにおいて、Gomagic.exeが実行されるようになっています。

(autorun.infは、PCに入れたときに、自動的に実行されるプログラムなどを記述するファイルです。)

このGomagic.exeを実行してしまうと、なんの予告も無しに特定のソフトウェアが起動できなくなるウィルスが仕込まれますので、
このDVDディスクをPCのDVDドライブに入れるときは、必ずShiftキーを押しながら入れてください。 好き好んで私のようにウィルスに感染する必要はありません!

(もしくは、CD/DVDドライブの自動起動を解除するプログラムを導入するか、ということになります。)

・・・・勝手にウィルス仕込むのって当然犯罪だろうし、これって酷くないですか? 
同意も何もしてないんですよ? まだインストールするときに同意を求めてくるApple社やReal社の方がマシです。

・・・・・えーと、たしか、こんなのと似たような手口が、CCCD(コピーコントロールCD)でもあった気がします。 確か、HDDのルートフォルダに、勝手にexeファイルを上書きしてしまい、重要なプログラムが消されてしまった方がいらっしゃったように思います。


●うっかりDVDの自動起動を止めずにPCに入れてしまったとき

勝手にウィルスがインストールされてしまいます。しかも、環境によっては、このようにDVDの再生すら出来ずにエラー画面だけが出てきてしまいます。(私の環境にて発生)
600円DVD_ウィルス仕込まれてこの仕打ちかい
まさに踏んだり蹴ったりです。 しかも英語でエラーメッセージを出されましても、何がどうなっているのかさっぱりわかりません。

このウィルスが何をするかといいますと、私たちが生活をする上で重要なプログラム(容量が冗長になっているところを上手く圧縮してくれるプログラムや、NTTやUDなどの分散コンピューティングでお馴染みの、暗号解除プログラムなど)が、強制的に起動終了させられます。
しかも、このウィルスを削除するには、「システムの復元」を行うか、徹底的にレジストリの中を洗い出して、ウィルスに関係するところを削除するしかなさそうです。 ってこんなこと普通そう簡単にできっこない!ふざけるな! 

というわけで本当に頭にきたのですが、ウィルスの対策はSymantec社やTrendMicro社等にお任せするとして。

●ウィルスにより起動できなくなったプログラムを復活させる方法

DVD Shrinkという名前のフォルダがある方は、そのフォルダを開いてください。 このフォルダの中に、先ほどの、「容量が冗長になっているところを上手く圧縮してくれる、役に立つプログラム」があるはずです。

誰だって冗長な部分は切り詰めたいにきまってますから、この便利なプログラムが起動できなくなるのは本当に我慢がなりません。

ですので、そのプログラム名を、今まで見たことが無いようなプログラム名、もしくは先頭に _ でも付けた状態にしてください。

ウイルス対策

これで、一応、今まで使っていたこの便利なプログラムは強制終了されることはなくなります。

※そうそう、 DVD Decrypter というフォルダについても、同じ事をすればいいみたいですよ。 ちなみに私は、分散コンピューティングでお馴染みの暗号解除プログラムとして使っていますのであります。です!。