以前下で紹介した「本当の国語力」が驚くほど伸びる本ですが、自分自身でももう何回読んだだろうか?と思うほど読み込み、日々子供へのフィードバックをしておりますが、どの程度効果がでてきているかがふと気になってきたので感覚的でなく、数値化してみることにしました。


 まず書籍を購入してからのテストの結果

 勉強前(5月/6月)⇒勉強後(7月8月)の結果で偏差値で13〜15

 あがっていました。
 
 5月/6月は塾の平均点をすべて10点以上下回っていた

 のに対して

 7月以降は塾の平均点をすべて10点以上上回っている

という結果となっていました。

正直なところまだまだ偏差値的にも点数的にもまだまだですが、塾のクラスも少しずつあがり、本人も国語に自信がつき始めてきているようです。

現状の課題は以下

国語力というよりきちんと勉強したかどうかの 漢字と知識力の問題
⇒これは今までは本人任せで未チェックだっだのでチェックしてあげようと思います

心情をよみとる問題
⇒なぜか心情を読み取るときだけ、想像の世界に入り込んでしまう癖がなかなか抜けないため、これも論理的に考えることができるように日々特訓中です
ただし、おかしな回答をするときは語彙不足であることが多いため、そのあたりも一緒に鍛えていかないと・・・・・。


てなわけでまだまだこれからという状況ではあるが、効果がでているのはまちがいなく、書籍の著者である福嶋隆史さんには非常に感謝したい。
これからも3つの力をさらに伸ばしていきたいと思いますので、さらに良い本を出していただければなーと期待しています。


私のブログをみているのはほぼもと同僚の方が多いとおもうのでこの話が役に立つこともないような気がしますが、子供の国語の学力が伸びずに悩んでいる方にはぜひお勧めしたい一冊だと思います。



追伸
この本の考え方を自分も学生時代に取得できていればなーと子供に教えるたびに
感じてしまう今日この頃です。

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本

価格:1,575円(税込、送料別)