shigeoka_siraoka

岡しげお活動日記

埼玉県議会議員 東6区(白岡市・宮代町) 現職4期目 ♪歩いて 話して ひとつずつ♪

24 7月

お礼

御礼

いつも「岡しげお活動日記Livedoor  Blog」をご覧いただき誠にありがとうございます。

このたび公式ホームページを新しくいたしましたので、本日
7月24日(金)を持ってこちらのブログは閉じさせていただきます。


これからも、下記HPの「活動日記」で最新の情報や活動内容をわかりやすく発信いきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

岡しげお公式ホームページ
24 7月

危機感のズレ!

723日本全体
(7月22日までの日本全体の感染者数)
7月23日の日本全体の感染者数は981名(22日:795名)でこれまでの最多でした。また、埼玉県でも昨日の新規感染者数が64名で最多を記録し、感染者総数も1,955名と予想よりも早く2,000名を超える勢いで感染が広がっています。そして、東京都でも366名、愛知県97名、福岡県66名と過去最多でした。このような感染拡大状況でも政府(官房長官)のコメントなどに危機感が感じられません。
一昨日、菅官房長官が「東京都の入院患者が増加しているが、医療体制が逼迫(ひっぱく)している状態ではない」とのコメントに対し、杏林大学の山口芳裕教授は東京都のモニタリング会議で「国のリーダーが使っている“東京では医療が逼迫していない”というコメントには2つの誤りがある」と警鐘を鳴らしています。
その理由は、
1.病床を増やすには2週間の時間が必要で、現在の数字では
  なく2週間先を見越して評価すべきである事
2.ベッドの確保=入院可能ではない。現場の医療従事者が
  対応の長期化で疲弊し、感染者を入院させる調整が困難
  になっている事
の2つです。更に「国のリーダーが医療が逼迫していないので、遊びましょう!旅しましょう!というのが、医療従事者にどのように響くのか想像力を持ってもらいたい」という言葉が心に強く響きました。
正に、山口教授の言葉が「政府、国のリーダーたちの危機意識の無さ、そして、医療従事者たちの厳しい状況から目をそらしている」事を表しています。
一方、感染症の専門家の尾身茂会長の“少人数のりょこうは問題ない!“と言う政府よりの発言に違和感を感じるのは私だけでないと思います。
国民の生命を守るべき政府の“危機管理欠如”は、国家として致命的です!

23 7月

勉強会

722陽性・退院
(7月22日現在の陽性者数・退院者数など)
埼玉県では、昨日の新規感染者数が62名で過去最多でした。これで感染者(陽性者)総数は1,891名となりました。
また、昨日1日の感染者は東京都238名、神奈川県68名、千葉県40名、大阪府121名、愛知県64名、福岡県61名と東京周辺だけでなく大都市部で最多を記録し、全国的に感染が拡大している事が明らかになって来ています。
また、若者だけでなく各年代層に感染が広がっている事で、高齢者の感染者の増加・重症者の増加が心配されます。
現在でも地元の病院や介護施設などでは感染防止に細心の注意を払っていますが、義母(94歳)がお世話になっている施設からも頻繁に電話がかかり容態を気にかけてくれています。
高齢者は、感染すれば重症化しやすいので細心の注意を払っています。
やはり、この連休間は“不要不急の外出”を避ける事が大切ですね。
0001(会派控室で)
さて、昨日は会派の勉強会を開催しました。
テーマは「新型コロナウイルス感染症の、これまでの県の対応と課題など」で執行部と意見交換を行いました。
執行部は、保健医療部の他病院局、福祉部、教育局など各部局との意見交換でしたので、病院経営や介護施設の運営更には学校教育・感染防止策、商工業業者の経営等など幅広い内容で、現在の課題やその取り組み等が良く理解できました。

ところで、最近の全国的な感染拡大の状況を見ると、多くの専門家は「第二波と見るべきで、4月頃の第一波に比べると更に感染者が増える恐れがある」とも言っています。
その対策として、病院(医療体制)の受け入れ準備、そしてPCR検査数の拡大、隔離施設の準備などに力を注ぐべきだと考えます。そして、心配されることはこの連休間のGoToキャンペーンが終わった後の8月に感染(陽性)者数が大幅に増える事、特に地方で感染が拡大すれば地方の医療崩壊につながり、通常の患者の診断や手術などが出来なくなる恐れがあります。
今後共、地元の状況を注視しながら活動して行きます!

22 7月

意見交換会

8F7A8A3E-FACA-4ED0-AA6D-00BEF14F6C7F
(宮代町長・議長等との意見交換:宮代町役場)
埼玉県では、昨日の新規感染者数は47名で感染者総数は、
1,830名となりました。また、昨日も入院していた60歳代の男性が亡くなられたことは大変残念で、未だ働き盛りですので家族の皆さんの落胆も大きいと思います。
ご冥福を心からお祈りいたします。
また、昨日現在で県内の患者数は452名で、その内入院者は248名、宿泊施設療養者が100名、自宅療養(入院調整含む)が104名です。一昨日に比べ入院者数の変化はありませんが、宿泊療養者(20日:85名)と自宅療養者(20日:88名)人数が増えている事が心配で、家族内感染を防ぐためにも自宅療養者の入院又は宿泊施設療養への転換が必要です。

さて、昨日は宮代町役場で新井町長・渋谷副町長・田島議会議長と担当課長との意見交換会を行いました。
町の大きな事業は、国よりも県との連携が必要なものがほとんどです。また、県道や1級河川の改修工事は県の予算で実施されますが、宮代町の協力は欠かせませんので定期的な情報・意見交換が大切です。特に、宮代町の大きな課題の1つは県道の整備ですので宮代町の県への要望を確実に伝えていく事が重要で、それが県とのパイプ役である私の大きな役割です。
昨日は、先ず宮代町の初めての工業団地の造成工事、東武動物公園駅西口の開発事業などの大きな事業などについての説明を受けて県が出来る支援などについて意見交換を行い、続いて県の事業の東武線の立体交差事業や、国納橋の人道橋整備事業などについての意見交換を行いました。
いずれの事業も、宮代町の発展にとって重要な事柄ばかりで20年後、あるいは30年後には町民に良い評価を受けると信じています。久しぶりに大変有意義な意見交換が出来ました。

21 7月

岡しげお公式ホームページへ

いつも「岡しげお活動日記」をご覧いただき誠にありがとうございます。

このたび公式ホームページを新しくいたしましたので、7月24日(金)を持ってこちらのブログは
閉めさせて頂くこととなりました。

これからも最新の情報や活動内容をわかりやすく発信
していきますので、よろしくお願いいたします。

現在でもご覧いただけます。


岡しげお公式ホームページ

ギャラリー
  • 危機感のズレ!
  • 勉強会
  • 勉強会
  • 意見交換会
  • ポスティング
  • 中国の脅威
  • スペイン風邪1
  • 病院でクラスター
  • 東京除外
  • ライブドアブログ