2015年05月27日

ISO内部監査員の養成

最近、企業内でのISO内部監査員の養成研修を行うことが多い。研修では、「ISOをどのように思うか」というワークショップからスタートする。結果、運用中のISOシステムが自分の仕事に役立っていると思っている人はほとんどいない。

naikan

一言で言えば「めんどうだ」となる。内部監査員研修は、ISOの目的を考える意識改革する方法から始める。

経営に直結するISOマネジメントシステムの研修シナリを作る時、規格解釈、適合性監査テクニック中心では、各人の仕事に役立たない。ISOを道具として使うための目標を決めた研修シナリオにする。図の例は「よいか会社を作ろう」という目標の例である。

そして、ワークショップで「よい会社とは何か」の合意を得てからその会社の品質マニュアルの意図と、からませながらのロールプレーンで監査の体験を積んでいただている。シナリづくりでは、「ISOだけでは会社はよくならない」。そこで、5つの基本要素で研修を組立てている。

社員の仕事への意識改革の道具として、短時間内部監査法による有効性監査は効果的である。3〜6ヶ月の運用で「組織力」と「組織風土」改善に影響が表れ、個人と組織の能力の引き出しに効果を上げている例がある。

shigesan7 at 09:22│Comments(0)TrackBack(0) ファシリテーション | ISO9001

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
ブレイクスルー思考
ファシリテーション
Amazonライブリンク