2013年06月

2013年06月21日

チームしげとくへ ご支援のお願い

チームしげとく(しげとく和彦後援会)へご支援のお願い


チームしげとくサポーターズクラブ設立趣意書
感動の初当選から、はや半年が過ぎました。あの日、私たちが送り出した「しげとく」は、いま、国政の舞
台で、他の1回生議員とは比べ物にならないくらいの輝かしい活躍を続けております。彼が、テレビや新聞
等で現実に活躍している姿を見たとき、私たちは近い将来、この「しげとく和彦」に、この国を担う政治家に
育ってもらいたいという思いが、これまで以上にこみ上げてきております。
現在、東京では、順調な活動をしておりますが、地元(岡崎・西尾・幸田)に目を向けますと、他陣営の圧
倒的な組織力と資金力を前に、大変厳しい環境下におかれております。「地盤(世襲など)」 「看板(肩書
き)」「かばん(お金)」をもたない「しげとく」が、国を担う政治家になるためには、この逆境を乗り越え、周り
の多くの有権者からの信託を受けて、当選回数を重ねていくしかありません。
「政治素人の私たちにサポートできることは、ないか?」と考えたとき、まずは、活動資金を集めることが必
要だと、私たちはこの半年間の活動を通じて強く思いました。日頃の政治活動には、事務所の運営費をは
じめ、多くの資金を必要とします。お金のかからない政治を目指す一方で、後援会の皆様に定期的に活動
報告を送るという基本的な活動であっても多額の費用がかかってしまうのが現状です。
今後、私たちの「しげとく」が、 しがらみのない立場で、視野を広げながら、誠実に地域のため日本のた
めに政治活動を行なっていくためにも、「しげとく」の一番の理解者である皆さまの心からのご支援、また、
御浄財が必要です。そこで、この度、しげとく和彦後援会内に有志の「サポーターズクラブ」を立ち上げるこ
とと致しました。何卒、私たちの思いにご賛同いただけるひとりでも多くの方に、お力添えを賜りますようよ
ろしくお願い申し上げます。

チームしげとくサポーターズクラブ
有志発起人代表  植村 耕作 大原 理佐



概 要

名称
 チームしげとく (しげとく和彦後援会)サポーターズクラブ

年会費
 サポーターズクラブ会員として、一口 2,000 円よりご納入をお願い致します。

納入方法
 申し込み用紙にご記入の上、FAX、または郵送にてご返送下さい。
 また会費につきましては、添付の振込用紙にて下記口座までお振込み下さい。
 申込書(岡崎信用金庫 / 西尾信用金庫

 ※振込手数料に関しましては、恐れ入りますが、申込者様で、ご負担下さいますようお願い致します。
 ※また、「しげとく和彦をゼロから育てる会」では、一口2万円からの寄付金控除の対象となる
  「個人寄付会員」や「法人会員」を広くお願いしております。
  お問い合わせは、重徳和彦事務所(0564-51-1192)までお願い致します。

shigetoku2 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

しげとく和彦を応援しよう!

ボランティア / 後援会に関して

様々なボランティア活動また後援会の入会を募集しております。



「チームしげとく」へご支援について

「政治素人の私たちにサポートできることは、ないか?」と考えたとき、まずは、活動資金を集めることが必
要だと、私たちはこの半年間の活動を通じて強く思いました。日頃の政治活動には、事務所の運営費をは
じめ、多くの資金を必要とします。お金のかからない政治を目指す一方で、後援会の皆様に定期的に活動
報告を送るという基本的な活動であっても多額の費用がかかってしまうのが現状です。
今後、私たちの「しげとく」が、 しがらみのない立場で、視野を広げながら、誠実に地域のため日本のた
めに政治活動を行なっていくためにも、「しげとく」の一番の理解者である皆さまの心からのご支援、また、
御浄財が必要です。そこで、この度、しげとく和彦後援会内に有志の「サポーターズクラブ」を立ち上げるこ
とと致しました。何卒、私たちの思いにご賛同いただけるひとりでも多くの方に、お力添えを賜りますようよ
ろしくお願い申し上げます。
【会費 】 サポーターズクラブ会員として、一口 2,000 円からお願い致します。



「重徳和彦をゼロから育てる会」について

「重徳和彦」を物心両面で支えて、育てていく「ゼロから育てる会」を立ち上げることと致しました。本会では、従来の既成政党のやり方とは一線を画した、会員の皆様が全員納得できる新しいスタイルを皆様と共に目指して参ります。皆様からのご指導、ご鞭撻と併せ、何卒ご支援を賜りますよう宜しくお願いを申しあげます。
【会費 】 個人・法人とも、年間一1口20,000円からお願い致します。



インターネット 個人献金に関して

Yahoo!Japan または 楽天 よりインターネットの個人献金を行うことができます。
下記バナーより、詳細をご確認の上、しげとく和彦をぜひご支援ください。
98c3693d  234x60R

shigetoku2 at 15:06|Permalink

「重徳和彦をゼロから育てる会」のご案内

設立にあたり
昨年末の衆議院総選挙にて皆様からの多大なるご支援で69,198票を頂戴し、比例代表選出ではありますが国政への舞台へとお送り頂きましてからはや半年が過ぎようとしております。その間、衆議院予算委員会をはじめとする国政の第一線で、通常の1年生議員では考えられないような活躍をしておりますが、今後もますます活躍していくためにも地元(選挙区)の体制を整えることも急務であります。そこで「重徳和彦」を物心両面で支えて、育てていく「ゼロから育てる会」を立ち上げることと致しました。本会では、従来の既成政党のやり方とは一線を画した、会員の皆様が全員納得できる新しいスタイルを皆様と共に目指して参ります。皆様からのご指導、ご鞭撻と併せ、何卒ご支援を賜りますよう宜しくお願いを申しあげます。


会 費
 個人・法人とも、年間1口2万円からお願い致します。
 ※次年度以降は、今年度入会月に年会費のご請求をさせて頂きます。


申込方法
 「会費納入先について」をご覧頂き、各申込用紙へご記入の上、事務局までご送付ください。


今年度の年間スケジュール(予定)
 6月23日 国政報告会(中田宏衆議院議員 記念講演)
 9月15日 設立総会・記念パーティー
        ※政治資金パーティーで会費1万円の予定/会員外参加可
 10月中旬 セミナー(外部講師)
 11月中旬 研修旅行 (東京)
 1月下旬  賀詞交歓会 及び 新春セミナー(地元講師)
 4月中旬  社会貢献活動 及び 会員拡大活動
 ※なお、上記日程とは別に2カ月に一回のペースで役員会を開催し、会の方向性を調整していく予定です。
   また、来年度は会員の皆様の意向を尊重した年間スケジュールへと改善してまいります。


会費納入先について

個人名でご納入の場合
  重徳和彦の資金管理団体である「三河道州制研究会」への会費としてご納入下さい。
  入会申込書はコチラ

個人名でのご納入で寄付金控除をご希望の場合
  ,硫馮颪箸靴討里看柴では控除の対象とはなりませんので、個人献金として、団体への寄付をお願い致します。
  申請上、住所・氏名・金額・職業・寄付を頂いた日付が三河道州制研究会の収支報告書へ記載されます。
  入会申込書はコチラ

K/楊召任看柴の場合
  政治資金規正法により、企業・団体様からのご寄付は、政党支部に対する寄付しか認められておりません。
  この為、本会への会費も、制度の都合上、
  重徳和彦が代表の「日本維新の会衆議院愛知県第12選挙区支部」へのご納入下さい。
  入会申込書はコチラ




三 河 道 州 制 研 究 会  会 則 

(名称)第1条 この会は、三河道州制研究会と称する。
(目的)第2条 この会は代表者である重徳和彦の政治活動を支援し、道州制の実現と
国家・地域社会の発展を図ることを目的とする。
(事業)第3条 前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1.政治、経済、文化、教育発展のための研究会。
2.会員相互の親睦を図るため各種講演会、その他必要な事業。
(事務所の所在地 及び 活動範囲)第4条 この会の事務所は、議員会館内に置く。
また、道州制実現のため、愛知県を中心とする国内全域を活動範囲とする。
(会員)第5条 この会は、本会の趣旨に賛同する者をもって組織する。
(役員)第6条 この会には、代表者及びその他の役員を置く。
(役員の任務)第7条 この会の代表者及びその他の役員は役員会を結成し、会務の執行を決定しその実行にあたる。
(会計)第8条 この会の経費は、会費、寄付金、その他をもってあてる。
(会計年度)第9条この会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、同12月31日に終わる。
(準拠)第10条 この会則に定めなきことは、役員会の決定するところによる。
附則  この会則は平成24年12月25日より施行する。 

※ご不明な点がございましたら、下記事務所までお問い合わせください。
 衆議院議員 重徳和彦事務所内 三河道州制研究会 事務局 
〒444-0858  岡崎市上六名3-13-13 浅井ビル3F西 
TEL:0564-51-1192 FAX:0564-51-1198 E-mail:shigetoku.office@gmail.com

shigetoku2 at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

しげとく和彦 学生インターンシップ

衆議院議員 重徳和彦事務所では、
学生のインターンシップの受け入れを行ってます。


「人生で一番楽しい大学生の夏休みを、インターンに使ったことは、間違いではなかった」
と数年後に言って頂けるように、事務所も真剣にインターンシップに取り組みます。

インターン生の皆さんも、この大切な時間をいかに有効に使い、自らの殻を破るかに尽きると思います。
失敗をおそれず、何事にも貪欲に取り組んで下さる方を求めます。
このインターンを通じて自分を変えるきっかけを見つけたいと思っている方も、是非チャレンジしてみて下さい。


【受入期間】
 8月1日〜9月30日
 ※インターンシップ参加日は相談の上で決定します。
 ※上記日程以外でも受入可能です。詳しくはご相談下さい。

【活動内容】
 ・議会傍聴  ・施設訪問  ・勉強会/イベント同行  ・資料/ 文章作成  ・HP/WEB管理
 ・政策研究  ・支持者訪問  ・選挙活動 ・広報活動  ・駅立ち  ・接客  ・広報誌作成
 ・事務業務  ・勉強会 ・イベント企画

【申込方法】
 参加をしたい方は、しげとく和彦事務所まで直接お電話下さい。
 しげとく和彦事務所 0564-51-1192



インターン生が主体となり行える活動

《オリエンテーション》
インターン活動開始にあたり、事務所でオリエンテーションを実施し、政治・行政の基礎的な知識や選挙区事情について理解を深めて頂きます。その上で、2か月間を有意義な時間にするため、インターン生それぞれに合わせたプログラムを策定します。

《議員・秘書同行体験》
国会議員が普段、何を目的に、どのような活動をしているのか、また、それを支えるスタッフがどのようなサポートをしているのかを、密着して体験して頂きます。事務所全体の活動イメージを共有した上で、本格的な活動へ入ります。

《地元市議会・県議会傍聴》
選挙区内の議会議員と交流をして頂き、各市町村の実態と問題点の把握、また地方議員の活動への理解を深めます。

《政策研究・調査活動》
議員が衆議院で行った質疑内容や、取り組んでいる主要政策、地元選挙区の諸問題についてインターン生でチームを組んで調査・研究に当たって頂きます。

《広報活動》
ネット選挙運動解禁に向け、インターン生で今後の戦略の策定し、企画をプレゼンして頂きます。紙媒体の広報ツールと、HPやSNSを活用した広報活動を効果的にミックスさせた新しい広報活動の在り方を考えて下さい。また、実際に「インターン活動体験記」を作成し、効果的に外部へPRする為の企画をインターン生で実行して頂きます。


インターン生がお手伝いできる活動

《営業活動 》
後援会活動の一環として、支援者訪問(個人宅や企業) を行います。幅広い世代の様々な方々との交流を通して、ヒューマンスキルの向上を図り、就活でも生かせる「自分売り込み術」を会得して頂きます。初対面の人から話をどのように広げていけるか、腕を磨いて下さい。
また、新規支援者開拓に向けて、事務所スタッフと共に営業戦略を策定し、戸別訪問・ポスティング・街頭演説 等を行います。戸別訪問では「度胸」を、街頭演説では「プレゼン能力」を、ポスティングでは「仕事効率化」を身につけて下さい。

《事務業務 》
事務所では日々、来客対応・電話応対・祝電や弔電の作成・名刺・資料の整理・名簿管理などの様々な業務に追われています。議員が出席する会合やイベントの下調べ、スタッフが効率的な外回りをするための下準備、ボランティアさんの日程調整なども事務スタッフの大切な役割ですし、後援会を維持していくためには、繊細な心配りも求められます。地味で根気のいる業務もありますが、円滑な議員活動を進める為には、大変重要な業務です。インターン生にも、スタッフのフォローをお願いし、一般常識や礼儀・基本的な事務処理などを身につけて頂きます。


インターン生が見学できる活動

《国会事務所への研修》
インターン期間中に、東京研修を実施する予定です。参加人数や時期によって、企画内容が変わりますが、議員会館を中心に衆議院・参議院・国会図書館・憲政記念館、靖国神社などへの訪問や、インターン生が地元で集めた声を元に、各省庁の役人との意見交換などを予定しています。


その他
インターン生個々のキャリアアップの為に、重徳議員の幅広い人脈を生かして、様々なことへチャレンジが可能です。(例えば、異業種交流会への参加や、職場体験、東日本大震災被災地への視察、選挙スタッフ・政治塾の運営スタッフなど)
是非、インターン期間中に自分自身のことを見つめ直し(自己分析)、どんな事も自分から興味を持って、飛び込んでみてください。議員・スタッフともどんな相談にも乗りますし、インターン期間後も、やる気のある学生のチャレンジを応援していきます。



学生へのメッセージ

政治の原点は何よりも有権者の皆様方の生の声です。

もちろん、業界団体や各種団体などの要望書や陳情などの形で表現される有権者の声もありますが、多くの有権者の声は、こちらから聞いて回らなければ聞こえてきません。だから私は、「現場に飛び込み、声なき声を聴く」という姿勢が政治家にとって何よりも重要だと考えています。

インターン生の皆さん自身もこれまで政治家に対して直接物を言ったことがありますか?おそらく、ほとんどの方はないと思います。だから、政治家が待ちの姿勢では、有権者の思いと政治がどんどん離れていってしまうのです。

インターン生の皆さん方には、どんどん現場に入って、サイレントマジョリティーの声を発掘してもらいたいと思います。その声を形にするために、
政策立案の事務作業があるのであって、政策は教室や研究室では作ることができません。

皆さんには、こうした政治の本質的な実践活動にどんどん飛び込んでもらいたいと思います。私も、皆さんの発掘活動を元に、国会でどんどん発言をしていきたいと思います。
 
様々な人の利害や歴史・感情が絡み合う、決して、ニュースや新聞だけではわからない政治の裏側も実体験し、自分自身でやりがいを見つけ、スタッフやボランティアと共に成長してくれる熱い仲間を待っています。


衆議院議員 重徳 和彦


shigetoku2 at 14:49|Permalink

2013年06月13日

しげとく和彦の国会活動一覧

しげとく和彦が国会で取り上げた内容をコチラでご確認できます。

2013年06月05日 経済産業委員会
2013年06月04日 本会議
2013年05月31日 経済産業委員会
2013年05月28日 消費者問題特別委員会
2013年05月23日 消費者問題特別委員会
2013年05月16日 経済産業内閣財務金融消費者問題連合審査会
2013年05月14日 本会議
2013年04月26日 経済産業委員会
2013年04月16日 予算委員会
2013年04月15日 予算委員会第八分科会
2013年04月11日 消費者問題特別委員会
2013年04月03日 経済産業第6号
2013年03月22日 経済産業第3号
2013年03月18日 予算第15号
2013年02月13日 予算第5号
2013年02月08日 予算第3号
2013年02月08日 予算第3号

shigetoku2 at 12:00|Permalink 活動報告 | 国会での活動報告

2013年06月09日

しげとく和彦 国政報告会の御案内

陽春の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。
重徳和彦につきましては、所属政党を代表して衆議院予算委員会質疑を度々行うなど、通常の1年生議員では考えられないような舞台で活動させて頂いております。
さてこの度、国政での活動や今後の活動方針などをお伝えすべく、衆議院議員「中田宏」代議士をお迎えして「重徳和彦 国政報告会」を開催する運びとなりました。つきましては、下記の日程で開催いたしますので、ご案内申し上げます。ご多忙の折、恐縮ではございますが何卒ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



日付:平成25 年6 月23 日(日)
時間:19:00〜
場所:岡崎市図書館交流プラザLibra(リブラ)
1F ホール会場 (岡崎市康生通西4 丁目71 番地)


ご参加の場合は出欠席連絡票にて6月17日までにご連絡下さい。


大きな地図で見る

shigetoku2 at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 活動報告 | 国会での活動報告