2015年05月

2015年05月27日

「無から有を生む」モデルを目指す藤川まちづくり協議会!

先日、岡崎市藤川地区で「田んぼアート」が行われました。

400人もの市民の皆さんが参加して、没後400年を迎える家康公と葵の御紋の巨大絵に、5色の苗を植えました。

この田んぼアート、20年以上前に青森県田舎館村で始まって全国に広がり、近年、安城・西尾まで来ましたが、岡崎では初めての試みです。

岡崎城のある中心部と違い、岡崎東部は「何もない」と嘆く声もありますが、「むらさき麦ビール」といい、地域には無限の資源があるのです。

「ないものねだり」でなく、「あるもの探し」をすれば、いくらでも地域は輝きます。

特に、地産地消は地方創生の決め手です。

藤川で、全国モデルを作ってほしいです!


そして本日、地方創生委員会で、石破大臣にこの事例を紹介しました。以下、概要です。

【しげとく委員】
藤川という地区で田んぼアートが行われました。
大人から子どもまで何百人も泥んこになり、色んな色の苗を植えて葵の御紋や家康公の絵を楽しむ。
田舎ならではです。
 「無から有を生む」という、まちづくり協議会の執念。
「むらさき麦」を使った地ビール、お菓子コンテスト、地元大学の協力で、アクションヒーロー「武槍幻将ムラサキ」をつくったり。
地方創生は、日本の原風景を工夫次第で観光資源にできると思う。

【石破大臣】
 「むらさき麦」は知りませんでした。
地域に、あっ、こんなものがあるんだ。
この仕事を始めて驚きの一つ。
岡崎、藤川の方々が自分の地域に自信と誇りを持つからこそ、人がやってくる。
どの市町村へ行っても、「これはすごいね」というのに会わなかったことはございません。
そういうものをさらに活性化していく方策を又議論させていただきたい。

shigetoku2 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月22日

日本の遅れた刑事訴訟制度が、日米地位協定に影響

本日、法務委員会で質疑に立ちました。

沖縄の在日米軍人の婦女暴行などの凶悪犯罪について、日本の司法ルールが適用されない、不平等な「日米地位協定」が存在しています。

これまで60年以上の間、時々、日米合同委員会において運用が見直されるのみで、地位協定の改正は全く行われてきませんでした。

背景には、駐留軍の治外法権的な地位があるのはもちろんですが、米側から日本の司法を見ると、「密室での取り調べ」が自白強要の温床となっているといった刑事訴訟制度の後進性も一つの要因と言われています。


冤罪の温床となっている日本の「密室での自白強要」。

これを理由として、日米地位協定では、犯罪を犯した在日米軍人の被疑者の身柄引き渡しを拒否されてきました。
取調べが可視化されておらず、弁護人の立ち合いもなく、長期間拘留される日本の刑事訴訟制度は、拷問の名残りのようで野蛮だというのです。

いまだに重大犯罪(殺人・強姦)以外は、起訴前に身柄を日本側に拘束することができません。


今回、刑訴法が改正され、「取り調べの可視化」が一部スタートします。

全面可視化には程遠いですが、こうした一歩がやがて不平等な日米地位協定の見直しにつながり、沖縄をはじめとした米軍基地所在地域の皆様が安心して暮らせる社会がつくれればと思います。

shigetoku2 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月20日

松野頼久代表のもとで、維新は結束!

昨日、維新の党の新代表に松野頼久さん、幹事長に柿沢未途さんが決まりました。

大阪都構想は実現しませんでしたが、日本の課題は他にもたくさんあり、政治がいつまでも立ち止まっているわけにはいきません。

さっそく今日の党首討論で、松野代表がデビューしました。

維新の党は新体制で結束し、今までと変わらず、政権に対しては是々非々路線で進みます。


それにしても、新聞っていうのは、色々憶測で書きますねぇ。

今朝の各紙の見出しです。
「分裂含み、維新の船出。親安倍・親民主、配慮カギ」(読売)
「維新、民主連携に傾斜。大阪組は拒否感」(朝日)
「維新再出発、危うい結束。4勢力同居、草刈り場にも」(産経)
「維新、挙党体制を最優先。大阪系議員、民主接近を警戒」(毎日)
「強い野党を、再編意欲。路線巡り分裂の芽」(日経)

・・・産経の言う「4勢力」というのは、大阪系、民主出身、結い出身、その他で、それぞれ10人強という分析です。僕は「その他」に入るのでしょう。


国会での党内の雰囲気は、「結束!」でまとまっています。

松野頼久さんは、これまで幾度もの難局において、幹事長として絶妙な舵取りと、行き届いた心配りでみんなをリードしてくださった方です。

派手さはないけれども、党の危機において求められる、しっかりした党運営をまずは実現してくれるでしょう。
マスコミがあおるような「分裂」とか「草刈り場」とはなりません。

shigetoku2 at 16:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年05月19日

橋下さんへの想いと、三河・愛知からの決意

今朝の中日新聞・西三河版にデカデカと載っているように、マスコミ各紙各局から愛知維新の今後について取材していただいています。

大阪都の否決は非常に悔しいですし、橋下さんの引退表明は「負けたら辞める」の言葉どおりとは言え、いまだに実感がわきません。

が、だからといって、これで皆さんの政治への期待や関心が失われてしまうようでは、時計の針が戻るだけです。


橋下さんの政治スタイルには色々批判もありますが、僕は、橋下さんの私心のない真っ直ぐな改革精神に共感してきました。
従来型の私腹を肥やすタイプの政治家と明確に違います。
国会議員の文書通信費の使途公開にしても、歳費引き上げ反対にしても、企業献金の禁止にしても、国民感覚から見て当たり前のことを当たり前に実行する維新の精神は、橋下さんというリーダーがいたからこそ貫徹できました。

今後も、僕自身、国民に身近な感覚の政治家であり続けたいと思っています。


一方、地元活動においては今までも、橋下依存でなく、地元三河・愛知に根差した改革政党をつくりあげなきゃならないと考えてきました。

おかげさまで、愛知12区(岡崎・西尾・幸田)では、4月の県議選で維新から、園山康男、鈴木雅登、渡辺靖の3県議を当選させていただきました。
今回の一件を踏まえ、あらためて三河・愛知から、政治を活性化する流れを生み出していく決意を強めました。
地に足を着け、子どもから若者、女性、働く人、お年寄り、すべて人たちの「声なき声」を聴いて、地元の課題を捉えます。

・子どもが増える「増子化」社会

・モノづくりと農業が融合した「食べモノづくり」産業

・受験一辺倒でなく、社会を経験させるキャリア教育

・原発ゼロでもやっていける省エネ・新エネ社会

・障がい者が当たり前に働き、稼げる社会

・児童虐待・性犯罪・DVなどの隠れた被害者に温かい社会

・人と動物の「いのち支える」社会

・誰もが文化・スポーツを楽しめる成熟ニッポン

・「税金を1円たりとも無駄にしない」日々カイゼンの行政風土

・役所が市民の暮らしを下支えする「官民ひっくり返し」(脱天下り)


・・・そのほか、やりたいこと、やるべきことは、山ほどあります。
地元県議、県内同志とともに、取り組んでいきます!

shigetoku2 at 08:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年05月18日

「大阪都構想」、追い上げるも残念な結果に

昨晩「大阪都構想」が、大阪市民の住民投票で否決されました。

投票率66%、賛成69万、反対70万。
1週間前、反対が10ポイント前後上回る世論調査が出ていたことを思えば、賛成派が追い上げたとも言えるでしょうが、橋下さんの言う通り「負けは負け」です。

地方自治史上に残る、自治の枠組みを市民が決める住民投票でした。
16年間総務省の職員として地方自治に想いをかけてきた僕個人としても、霞が関発でなく大阪発の大阪改革に期待していたのですが、残念です。

皆様から激励や心配のメッセージや、逆に期待や憶測(??)の声も寄せて頂いています。いつもありがとうございます。

大阪都構想は、維新の一丁目一番地とはいえ、僕らの役割はそれだけではありません。1強多弱の政界を再編したり、安保法制や原発政策に対案を示して軌道修正していかねばなりません。

また、僕の地元愛知の発展に向け、政治のリーダーシップが必須です。

政治は、山あり、谷あり。いっときの逆風ごときに屈しては、日本の危機は救えません。
これからも皆様の「声なき声」をしっかり聴いて、皆さんにとって「身近に感じられる政治」を実現します。
自分の政治の原点を忘れず、重い荷を背負って長い坂道を登るがごとく、頑張りますので、皆様応援よろしくお願いいたします!!

shigetoku2 at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月17日

「大阪都構想」、住民投票日です!

いよいよ今日、5月17日(日)は、大阪都構想の住民投票が行われます。
(今朝、大阪に応援に向かう新幹線の中で、ブログ更新しています。)
通常の選挙と異なり、現行制度上、住民投票の場合、投票日にも運動ができるんですよね。
投票する市民の皆様にはちょっとうっとうしいかもしれませんが。。。


先日(5月12日(月))にも大阪に入りましたが、報道で賛成派の劣勢が伝えられる中、橋下市長の区民センターや街頭でのタウンミーティングは、人がぎっしりでした。
区民センターで感じたのは、よくある個人演説会と異なり、子ども連れの若い夫婦がたくさん聴きにきていたことです。
次世代にどんな大阪を引き継ぐのか、皆さんが真剣に考えていると感じました。

投票日の今日、まちはどんな雰囲気か、楽しみです。

さて、大阪都構想については、政治的意図もあって激しい反論が出ていますが、僕は先日来大阪の現場に入り、以下のように考えています。

‘鷭店埓の排除

 大阪府と基礎自治体の役割分担を明確化することによって、二重行政排除による財政削減効果は論理的に確実にあります。二重行政の排除によって何億円節減されるかについて、諸説あるのかもしれませんが、僕は、大阪市の権限を府の権限と切り分けることによって、将来にわたって、ハコモノ建設競争などが起こりにくくなる効果に意味があると思っています。つまり、府がやるべき仕事を市もやる(その逆も)なんてナンセンスなことがなくなります。
 過去の巨額のハコモノ投資の失敗はバブル崩壊によるものとの反論がありますが、二重行政排除の必要性への反論になっていません。
 また、府と市の明確な役割分担論は、全国どこでもみられる政令市選出の都道府県議と市議の役割分担のあり方にも一石投じることになるでしょう。

区になると、行政サービスが悪くなる??

 巨大都市が一元的に提供する行政サービスよりも、5つの区ごとに学校教育環境を改善したり、児童虐待に対処する方が、きめ細やかな行政サービスになるのも論理的に間違いありません。
 市民に身近な行政サービスまで、市から奪われて都に吸い上げられ、市がサービス提供できなくなるかのような反論がありますが、どの分野のサービスのことを言っているのでしょうか。今回の制度設計では、児童相談所の事務権限を府でなく区に与えるなど、東京23区や中核市の行政よりも基礎自治体としてのサービスは充実した面があります。
 もし、それでも、府がやるより区がやった方が良いにもかかわらず、府にもっていかれた事務権限があるようなら、今後段階的に見直していけば良いと思います。

「都」が担う仕事

 防災、経済、産業のような広域的な役割を都が担うのですから、例えば都に設置される「大阪消防庁」が、東京消防庁のようなハイパーレスキュー隊を持つことも可能になるでしょう。
 僕が10年ほど前に現地で携わった、新潟県中越地震でがけ崩れの中から2歳男児を4日ぶりに救出した東京消防庁のような、高度な救助技術で大災害時に備えた体制を整備できるでしょう。こうした分野を市でなく都に担わせ、充実した防災体制の実現を目指すのが大阪都構想です。

ぁ崑膾紊諒顕修なくなる」?

 大阪都は、府庁と市役所の役割の整理をする、つまり行政改革です。
 役所があろうとなかろうと、地域に根差したお祭りや伝統文化は受け継がれます。大阪の良さが失われるかのような指摘は的外れです。市町村合併ではなく、市の区域を分ける話なのですから、市役所がより身近になり、地域を支える体制となるはずです。

ヂ舒討覆反対派は、現状維持で良いのか?

 大阪都構想は、大阪の経済的・社会的・財政的な地盤沈下が続いてきたと言われる大阪を改革し、再度日本のエンジンとして機能させるための処方箋として、現職知事と市長が数年来にわたって練り上げてきた構想です。反対の方は、今までどおりで良いというのでしょうが、本当にそれで良いのですかね?(この点こそ、大阪市民の実感を住民投票で表明すべきポイントです。)
 対案なく反対するのは、現状維持を是とすることに他なりません。他の選択肢を提案することもなく、変えることを否定するだけの政治勢力には、現状打開の力はないとみるべきでしょう。
 何か対案はないのでしょうかね。対案があれば議論はもっと健全化するような気がします。

Φ腸餬攣襪凌覆疂に問題がある?

 住民投票に至るまでの議論の進め方が乱暴、議会軽視だとの意見もあるようですね。
 僕は、地方自治の制度は、本来、最低限の全国ルールの範囲内で、住民自身で決めるべきだと思っています。大阪都をつくるため、2012年に国会で地方自治法の特別法として大都市地域特別区設置法(ちなみに自民・民主・公明などの共同提案)が制定され、その法律に手続が定められました。
 この法律に反しない範囲で、大阪のことは大阪の住民の手で決めることが大事です。
 議会の反発が強い中で、住民投票に持ち込むまで様々な経緯があったようですが、法律違反ではありませんね。手続は問題ないと総務大臣も認めているようです。
 ただ、議会での審議のあり方について、議会軽視などの批判はあるのかもしれません。もっとも、議会軽視など今の国会ではしょっちゅうあります。
 が、地方自治の法制では、首長と議会の関係が不正常になったような場合、住民の直接関与が担保されていることが多いです。リコールとか住民直接請求などです。もし議会軽視の批判があるなら、住民に決めてもらうことができます。国会にはその仕組みが欠けているので、強行採決などの問題はもっと深刻と言えましょう。今回の大阪都構想は、まさに住民投票による判断が担保されているのです。

日本の地方自治史上、画期的なできごとに!

 何よりも今回の市民投票は、これまで中央官庁が決めてきた地方自治制度を市民の手で決めようという、日本の自治の歴史上画期的なできごとです。市民の皆さんにこぞって参加していただき、中央支配が続いてきた地方自治の流れを変えてもらいたいと思います。
 そして、いずれにせよ、大阪都構想は、大阪に必要な処方箋なのでしょうが、僕の地元の愛知に必要な統治機構改革は道州制と思っています。岐阜・三重と統合して「東海政府」をつくり、中央政府に依存せず、諸外国と通商貿易を行う、自立した強い地方政府をつくりたいです。
 この話はまた今後。とりあえず以上です!!!

shigetoku2 at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)