三河の伝統、手筒花火!園遊会に出席しました

2014年11月04日

消費税増税は、凍結を!

維新の党は「消費増税凍結法案」を提出しました。
(写真は、法案提出直後に行われた有楽町での江田代表の街頭演説)

もともと来年10月に税率を10%に引き上げる消費税法を、以下のとおり改正する内容の法案です。
−−−
〜税の施行期日を別に法律で定める。

∩税に当たっては、国会議員定数の削減、歳費・期末手当の削減、国家公務員給与の削減、歳入庁の設置、特別会計の見直し、国の不要資産の売却など、歳出削減と歳入増加に必要な措置を講ずる。

A税の判断指標として、従来の指標のほか、名目・実質賃金上昇率、完全失業率、歳出削減と歳入増加の成果を加える。
−−−

景気回復が実感できない国民が大多数という状況の中、日銀の金融追加緩和(国債のさらなる引受け)が表明され、いよいよ増税路線が敷かれてきた感があります。

僕は、将来世代への責任の観点から増税を否定はしませんが、現状では、経済指標以上に、行革努力が足りないと思っています。

「地方創生」の名目で、各省の予算分捕り合戦が激しくなっています。

これでは、増税分が本当に社会保障に使われるのか、疑念をぬぐえません。
この役所体質や、与党議員による歳出膨張圧力を変える必要があります。

本来、税金の使い方を納税者の立場からチェックするのが議会の役割。
「代表なくして、課税なし」なのですから。
141104維新街頭増税凍結法案

shigetoku2 at 22:58│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
三河の伝統、手筒花火!園遊会に出席しました