東海道新幹線、50周年解散、そして総選挙へ!

2014年11月07日

国会議員の文書通信費の使途公開を!

国会議員に給料と別に毎月100万円支給される「文書通信費」

非課税で、使途は自由、使途公開の義務もありません。もちろん100%税金で賄われています。

僕は、維新の党愛知県総支部代表として、また現職国会議員として、この「文書通信費」の使途公開を国会議員に義務付けることを求める市民運動をスタートする旨、愛知県庁で記者会見した後、名古屋駅前で街頭演説と署名運動を始めました。141107文書通信費名古屋街頭

以下、記者会見の概要です。
141107文書通信費名古屋会見
ーーー
1 地方議員の政務活動費流用問題
 地方議員の政務活動費の流用問題で、兵庫県議が会見で号泣する騒動が起こったのは、政務活動費の使途公開が義務付けられていて、説明に窮してしまったからでした。

2 国の政治とカネ問題
 国政でも「政治とカネ」から閣僚2人が辞任に追い込まれ、その後も不透明なカネの使い方が、次々と明るみに出ています。
 本来、集団的自衛権や消費税、社会保障など、重要な政治課題がたくさんあるのに、審議が進みません。
 小渕優子さんのように、親の地盤をそのまま引き継いだり、カネで票を買う風土がはびこる限り、日本の政治は良くなりません。政治文化を刷新し、世襲・金権・既得権益と闘うのが、われわれの政治スタンスです。
 そもそも政治資金には国家予算が政党助成金として年間320億円つぎ込まれており、それを私物化するような使い方は、絶対に許されない。

3 国会議員の文書通信費の使途公開すべき
 加えて、国会議員には、文書通信交通滞在費が年間1200万円支給されています。議員全体で86億円です。
 地方議員の政務調査費の使途公開が義務付けられているのと同様に、国会議員の文書通信費の使途公開も義務付けるべきです。
 税金で賄われているのだから、使い方が適切どうか、政治家自身が勝手に判断するだけでなく、すべて公開して納税者に判断していただくべきです。

4 維新の党、使途公開を義務付ける法案を提出
 そこで、維新の党は、文書通信費の使途公開を義務付ける法案を10月22日(水)に国会に提出しました。
 その上で所属議員は、自主的に10月分から自主ルールにより公開することを決めているが、他党の動きはまったく鈍い
 政治とカネ問題の発端となった自民党は「みんな適切に使っていると思う」を理由に消極的です。適切というなら、公開しても何の問題もないのでは。
 民主党も閣僚のスキャンダル追及には熱心だが、自らの資金の使い方を公にすることには及び腰です。
 このままでは、法案は成立しません。

5 消費税増税も凍結すべき
 私たち維新の党は、11月4日(火)には、消費税増税を凍結する法案を提出しました。
 自民党も民主党も公約していた増税前の国会議員の定数削減がいまだ実現せず、政治とカネの問題も多発する中で、庶民への増税だけはしっかり行うことを許すようでは、何のための政治でしょうか?

6 愛知・名古屋で署名活動を
 ぜひ愛知・名古屋から、政治とカネの問題にまみれた今の政治に新しい風を吹き込みたい。
 文書通信費の使途公開を市民に訴え、法改正を求める署名活動を行うこととします。141107文書通信費名古屋ビラ

shigetoku2 at 22:42│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
東海道新幹線、50周年解散、そして総選挙へ!