企業献金禁止法案の提出者・答弁者として無戸籍ゼロに向けて!

2015年06月19日

派遣法案、同一労働同一賃金法案が衆院を通過・・・複雑な思い

今日は、衆議院本会議で労働者派遣法が与党賛成多数で可決されてしまいました。

僕ら維新の党は「反対」。

この法案は、
ヾ覿搬Δ砲箸辰討稜標の期間制限を撤廃する、つまり人を取り替えながら同じ職場にずっと正社員より人件費の安い派遣社員を受け入れることができるようになる

一方で、派遣社員の中には専門職種で(処遇もけっこう良くて)長く続けたい人もいるのに、3年で雇い止めになってしまう

2燭噺世辰討眷標社員の給与は、どれだけ働いても能力経験があっても低いまま

・・・というように、非常にバランスの悪い法案だと思います。



一方、維新の党が別途提案した「同一労働・同一賃金法案」が、与党の修正を経て可決されました。

派遣社員が正社員と同じ仕事をしているのに処遇の格差が大きいという状況を変えていこうとする法案です。

小手先のルール改正よりも、時代にあわせ、日本人の働き方を根本的に変革することを目指すものであり、こういう法案を成立させることは、維新の「改革路線」に一致します。


残念なのは、与党の修正でだいぶ骨抜きな改革になってしまったことですが、野党の法案である以上、どこかで折り合わないと永久に日の目を見ない。
悔しいけれど、仕方がない。
やるべきことを完全に実現するには、政権をとるしかありません。


もともと「同一賃金法案」は、民主党との共同提案だったのですが、いろんな経緯から、民主党は最後は採決を退席することとなりました。これも残念。


政治の世界は人間社会の縮図ですから、思うようにならないことが多いですが、粘り強くがんばっていきます。

shigetoku2 at 18:18│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
企業献金禁止法案の提出者・答弁者として無戸籍ゼロに向けて!