「朝まで生テレビ」に出演しました!安保法案の「強行採決」に思う

2015年06月30日

性犯罪の実態を描写した映画『ら』の国会内上映会やります

7月14日(火)16:00〜国会内(参議院会館B1・B107会議室)で、性犯罪の実態を描写した話題の映画『ら』の上映会を行います。

性暴力を現に受けた女性監督が、犯行の実態や後々まで続く被害者の心理的苦悩を描いた作品です。http://www.mmizui.com/ra

【どなたでも参加OKです。お名前と「上映会参加希望」を書いて、しげとく事務所までFAX(03-3508-3285)願います。】

私は一人の男性議員として、性犯罪の本質について一人でも多くの男性が正面から受け止め、理解することが、この重大犯罪を防止し、被害者の過酷な状況を解決することにつながると考えています。

今回の上映会の開催に、超党派の多数の男性議員が賛同してくれたことは、大きな一歩です。

今後もぜひ関係者の皆様とともに問題解決に向け、取り組んでいきたいと存じます。



【以下、案内文をコピペします】
========
関係各位
国会内映画上映会
〜性犯罪の実態を描写した話題の映画 「ら」 〜

映画「ら」を上映する議員の会呼びかけ人
泉健太・尾辻秀久・重徳和彦・武井俊輔・谷合正明・仁比聡平・初鹿明博・福島みずほ
 
 性暴力、児童虐待、DVなどの被害に遭った方の心の傷は癒されることがなく、自己肯定感の喪失や自殺リスクの上昇など、その後の人生に深刻な影響が残ると言われています。
 しかしながらそうした実像は被害者以外に知られることは少ないため、人々の無理解、無関心を招き、この問題の社会的解決に向けた取組みはまだまだ不十分です。
 今般、実際に起こった連続少女暴行拉致事件をもとに製作した映画「ら」(無理に連れて行く「拉」の意)を国会議員の皆様をはじめ、多くの関係者に鑑賞していただく機会を設けることとしました。
 自らも被害者である水井真希監督が、被害者の心的描写も含め、克明に描いた衝撃的な映画ですが、必ず多くの皆様に性犯罪特有の被害の実像を体感的に理解いただけるものと思います。
 当日は、水井監督本人にも参加していただき、性犯罪対策に必要な教育上の課題や支援体制などについて、トークセッションの時間も予定しています。
 これまで性犯罪の実情を知る機会のなかった皆様、是非お誘い合わせの上ご参加ください。

・日時:平成27年7月14日(火)16:00〜18:00

・場所:参議院議員会館地下1階B107会議室

・内容:
 ̄撚茵屬蕁廚両絮如別70分)
⊃絨 真希監督、被害者支援団体によるトークセッション 

shigetoku2 at 16:55│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
「朝まで生テレビ」に出演しました!安保法案の「強行採決」に思う