無戸籍ゼロに向けて!性犯罪の実態を描写した映画『ら』の国会内上映会やります

2015年06月27日

「朝まで生テレビ」に出演しました!

先週末の「朝まで生テレビ」ご覧いただいた皆様、ありがとうございました!

生で観て下さった皆様、土日で睡眠時間取り戻していただけましたか??
(youtubeはこちら

田原総一郎さんらのツッコミに、答えきれなかったこともたくさん。
番組後の懇親会で、総合司会の渡辺宣嗣アナ(名古屋出身で中日ファン)の「この番組はいわばスポーツなんですよ」の言葉に納得しちゃいました。

それにしても、各党の若手議員で討論するはずだったのに、与党議員が全員欠席。

いったんは出演OKだった自民議員が「地元の用事と重なっていたことに後で気づいた」とか、直前まで出演予定だった議員も収録直前に「体調を崩し深夜番組に出られなくなった」とか。

そんなことあるのでしょうかね??

田原さんは「自民党の会議で『マスコミを懲らしめるため、広告料収入をなくすのが一番』との問題発言があったことが原因」と述べていました。
つまり、このタイミングで若手議員が討論番組でさらなる下手な発言を重ねないよう、党幹部が出演を取り止めさせたと。


真偽はともかく、まあ、与党議員が欠席したので、与党を攻撃しようとしていた野党議員が、逆にコメンテーターにやりこめられる番組と化してしまいましたが。

攻めに強くても、守りに弱い野党。これでは政権とれません。
批判もするけど、対案もある。「わが党が政権をとったらこうする」という考えを常に持たねばなりません。

その点、維新の党は、安保法制の独自案を用意しています。

政府案が「違憲」と言われ、国会審議が泥沼化する中で、現実の脅威に対応しつつ「合憲」の範囲で説明のつく独自案です。

政府案はとてもじゃないが、いくら安倍総理が説明しても、国民が納得できるようなシロモノではありません。
\府案では、わが国が攻撃される可能性がゼロでも、他国に対して武力行使ができてしまう余地があります。
∧胴餔奮阿旅颪任癲屬錣国と密接に関係する他国」という緩い要件さえクリアされれば、日本が集団的自衛権を発動できてしまうので、世界中の戦争に関与する余地があります。
「後方支援」と言いつつ、自衛隊は輸送・補給だけでなく、武器弾薬の提供までできるようになっており、限りなく戦闘行為と一体化したオペレーションに従事するおそれがあります。

政府案の持つ危険性にしっかり歯止めをかけ、かつ、憲法との整合性のきちんととれた維新の独自案を近く示すことになります。

自民党に代わり政権担当できる政党をつくりあげることが、国民の期待に応えることです。

テレビを通じてそんな発信ができるといいのですが、、、まだまだこれからも努力します。

shigetoku2 at 17:03│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
無戸籍ゼロに向けて!性犯罪の実態を描写した映画『ら』の国会内上映会やります