北川正恭氏を招き「チャレンジ岡崎公開討論会」を開きます!岡崎市議選に向けた「岡崎マニフェスト」づくり始動!

2016年05月30日

女性の政治家を増やす「クォータ制」法案を提出!

クォータ制法案提出クォータ制法案提出クォータ制法案提出今日、女性の国会議員を増やすための、いわゆる「クォータ制」(一定の議席を女性に優先的に配分する制度)の法案を提出し、記者会見を行いました。

日本は、女性の政界進出がダントツに遅れている国です。
国会議員に占める女性の割合は1割程度で、先進国で最低なのはもちろん、途上国を含めても100位以下です。

僕はこのことは、例えば日本社会において、いまだに男性の長時間労働と、女性の家事・育児の役割分担が固定化され、核家族における「苦しい子育て」を招いている要因の一つとみています。
性暴力やDV、児童虐待などの家庭や男女の問題への取り組みが、一面的だったり不十分だったりする要因もそうです。
また、議会におけるセクハラや女性蔑視の風潮がなくならないのも、女性議員が少ないことによるものだと思います。


この2年間、僕は超党派のクォータ制に関する議員連盟の事務局次長を務め、男女同数の候補者擁立を目指す理念法案と、衆議院の比例重複名簿において女性の当選者を増やすことを可能とする公選法改正案を検討してきました。
議連に参加しているメンバーは、与野党・男女問わずみな前向きな議員ばかりでしたが、与党内の調整が整わず、野党のみの提出となり、今国会での法案成立は断念せざるを得ません。

しかし、この法案提出をきっかけに、女性の国会議員を増やすことについて、多くの人々が真剣に考えてみるべきだと思います。

日本では、1890年に成人男子の富裕層のみによる選挙が初めて行われて以来、35年後の1925年に成人男子全員の普通選挙が実現し、さらに20年後の1945年に女性の参政権が認められました。
それから71年。
多くの国で、女性の政界進出が進んでいるのは、何かしらのクォータ制が導入されているからです。

日本では、いまだに「女性を優遇するのは逆差別だ」「女性で政治を任せられる人材がいない」という古くからの考えが残っています。
一方で、たとえば企業の採用担当者の多くが「男子学生より女子学生の方が優秀だ」と口をそろえます。言ってるだけなのでしょうか?そんなことないと思います。


実は今回の2法案は、理念を示す法案と、義務づけのない制度改正の法案です。
この程度の法案すら、対案もないままに、2年かけてもまとまらないようでは、日本の政界の意識はまだまだ遅れています。

現職の男性議員が「既得権維持」をかけて反対する構図は、問題があると思います。これからも、各党の推進派議員とともに頑張っていきたいと思います。

今までの常識を覆してでも、社会の閉塞感を突破し、より豊かな社会をつくるのが、政治の役割です。
クォータ制について、多くの皆様の理解をいただく努力をしながら、実現に向けて取り組んでいきます。

shigetoku2 at 19:27│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
北川正恭氏を招き「チャレンジ岡崎公開討論会」を開きます!岡崎市議選に向けた「岡崎マニフェスト」づくり始動!