2011年04月02日

改めて「オール電化は停電に強い」を検証する

5年ほど前に「オール電化は停電に強い」という記事を書いたところ、今回の東日本大震災と計画停電の余波でアクセスが急増したことがありました。
諸般の事情(炎上の事前防止)もあって、タイトル、文面を変更させていただきました。

さてその後、ある実験をしてみました。
それは「エコキュートは停電時に給湯できるか?」というものです。
実は計画停電の際にエコキュートでしっかりとお湯が出た、という記事を見つけたからです。
うちの地域は実際にはまだ停電していないのですが、自主的に停電させて給湯してみました。
未だに雪が降る3月下旬の午後4時過ぎ、貯湯条件としては厳しい条件です。
結論を先に言いますと、しっかりとお湯が出ました。
2〜30分かけてシャワーのお湯を湯船に張ったのですが、1.25坪タイプのユニットバスで、しっかりとお風呂一杯分のお湯を出し続けてくれました。

私なりの検証結果です。

最強なのはオール電化+カセットコンロ。
コスト面、実運用などをこれ以上の組み合わせはありません。

続いてはオール電化単体かガスコンロ+エコキュート。
計画停電時間帯に家庭で最も調理に火を使うと思われるのは夕食時ですが、暗い中でガスコンロを使う・・・という状況を考えた時、また災害復旧においても電気はガスよりも格段に復旧が早い点を考慮すると、個人的にはオール電化単体に軍配を上げますが。

ちなみに、千葉県浦安市では地震後即日に電気は復旧しましたが、ガスは二次災害の危険があるということでその後一部地域で停止しました。
全面的に復旧したのは2週間以上経った3月30日の夕方です。

「節電、節電と言っている時にオール電化なんて・・・」
という方もいらっしゃると思いますが、そう言う方は給湯だけでもエコキュートに変えることをオススメします。
蓮舫節電啓発担当相が「夜間の電力は余っている」と先日の会見で言い切ったようですので、深夜の電力でお湯を沸かして貯湯するエコキュートはまだ余力があると言えます。
(余力があるという上での、あくまでも現実的な話をしています。「全世帯がエコキュートにしたらやはり電気が足りなくなるじゃないか」というような非現実的な話はスルーさせていただきます。)


2010年11月06日

憲法を知らない護憲派議員

「尖閣ビデオ」のネット流出が物語るものは

ライブドアの政治トピックスに「文民統制の問題に発展することも」という言葉を見つけてクリックしてみると、社民党の保坂展人前衆議院議員のブログでした。
私よりちょっと上の世代の方に取っては「内申書裁判の人」と言った方が分かりがいいかもしれません。

さてさて、実際のブログの内容です。
保坂氏は「事実関係については断言しない」「政府は説明責任がある」とした上で、次のように述べています。

自衛隊や海上保安庁が撮影したビデオで、もし「公開」したら大きな波紋を呼ぶだろう映像が、政府の判断を飛び越えて流出するという事態は、シビリアンコントロール(文民統制)の問題に発展する可能性がある。

まあ、いかにもと言う感じですね。
サヨクの連中と言うのは、何でも戦争問題へ結び付けたがります。
文民統制も何も海上保安庁職員は最初かられっきとした文民です。
海上保安庁は国土交通省所管の官庁で、更にその職務、例えば武器の使用に関する規定は警察官職務執行法が適用されます。
警察官が中国人強盗団の捜査情報を意図的に漏らしたとして「文民統制の問題に発展する可能性が・・・」なんて言う人がいると思いますか?
保坂氏が言っていることはそれくらい馬鹿げたことなのです。

これが文民統制の問題に発展する可能性があるんだったら、政府の外交判断を跳び越えて釈放を決定した那覇地検だって文民統制の問題が出てくるはずになる!!
でも、そんな馬鹿なこと言う人はいなかったでしょ?
それくらい保坂氏の言っていることは馬鹿げているんです。
文民統制も知らないようなバカが「文民統制の問題に発展」などと言って、護憲活動しているんだから笑わせます。
大体なんで関係無い自衛隊が出てくるんでしょう?
もう、「文民統制の問題に発展」と言いたいがために強引に持って来たとしか思えません。
火の無い所に放火して大騒ぎするのはサヨクの常套手段ですからね。
(盗聴されたって大騒ぎしたのもマッチポンプだって説もありますし)

ヒーローごっこは普通は小学生くらいでやめますが、保坂氏は中学生になってからもくだらない革命家ごっこに入れ込んでいたようです。
保坂氏はもう一度、中学校から勉強し直すことをお勧めします。

PS
保坂氏の内申書裁判ですが、全く理解が出来ません。
全共闘活動していたことを内申書に書かれたから高校に落ちた、と主張していたわけですが、信念を持って活動していたのであれば書かれたことを批判する筋合いは無いはずです。
仮に意図的に批判的に書かれたとしても、思想活動家たる者が社会生活において最も身近に接する者に対し、自らの信念を理解させることができなかったと言うことは本来最も恥ずべきことであるはずです。
自己批判を一切することなく、全て他人に責任転嫁する保坂氏の姿勢こそが、学生運動衰退、及びそれに伴う市民の「シラケ」による運動衰退を招いてしまったことを猛省するべきでしょう。
ちなみにこの時の原告側弁護士は仙谷由人氏だそうです。
まあ、いいコンビだとしか言いようがありませんね。

2010年11月05日

尖閣諸島巡視船衝突事件のビデオ流出

これまたビックリのニュースが飛び込んできましたね。
誰かが、国家の最重要機密である尖閣諸島巡視船衝突事件のビデオをよりによってyoutubeにアップしてしまいました。
内部でしか持ち得ない資料である上に、ユーザー名もsengoku38というのですから、まあ海上保安庁の人間の確信犯であることはまず間違いないでしょう。

今回の流出の一件は、官僚組織の内部統制が全く取れていないことを示しています。
そして、それは「政治主導」が全く機能していない、それどころか完全に逆行していることを表しています。
無為無策、暴虐無道、全員無能のクソ集団民主党ならまあ当たり前のことなんですがね。

このバカ集団を擁護する大バカどもは、それでも「結果を求めるのは早すぎる」とでもほざきやがるつもりなのでしょうか?
「政治主導」というのは民主党の政策(らしき妄想)を実現させるための第一段階の体制作りであり、政策が結果を出すまでのプロセスをしっかりと考えれば、現時点で官僚組織の現場を政府が全く掌握出来ていないというのは問題外といえるでしょう。

政府と政党の一体化によって小鳩体制で運営していた鳩山政権に明らかに政権運営能力が無いことが明らかとなり、それと反目する「赤い“劣化版”後藤田」の仙谷官房長官率いる菅政権も政権運営能力が無いことが明らかとなりました。

こう言うとね、必ずいるんですよ。
「自民党よりはマシ」
とかいうバカが。
そりゃ、自民党にはダメなところはたくさんありました。
でも、何だかんだ言って、莫大な借金を抱えたまま文字通り破滅した日本を、世界第二位の経済大国にまで押し上げ、大型連休の度に海外出国ラッシュがニュースとなり、庶民が見るテレビでもブランド品を始めとしたファッション特集が組まれ、レストランのメニュー食い尽しなんて企画が組まれるほど豊かな国にしたという功績は忘れてはいけません。
高度経済成長期に助けられたということもあるでしょう。
でも、今の民主党政権の源流ともいえる美濃部都政は高度経済成長期に誕生したにも関わらず、今では暗黒時代のように言われていますがね。
大体、高度経済成長も終わって、バブルが崩壊して、更にそれから10年以上経過して、国民の半数以上が「地球環境のためなら生活の質を落としてもいい」と言うような社会を作ったという功績は消せるものではありません。
功罪両面ある物を、罪の面しか見れないバカが、民主党の詐欺的主張に踊らされているわけです。

2010年10月30日

討論会

先日、自分の地元で市長立候補予定者による公開討論会を開催しました。
私は実行委員長兼コーディネーターをさせていただきました。
開場1時間以上前からポツリ、ポツリと並ぶ人が出始め、開場の頃には長蛇の列が・・・
最終的には9割以上の席が埋まり、ほぼ満員となりました。

本当はパネリストの意見を自分なりに咀嚼して深く切り込んで行きたい所だったのですが、何と言っても地元市長選挙の公開討論会です。
ヘタすれば「○○よりだった」「あいつは××に味方している」などと謂れのない誹謗中傷を受けかねません。
あくまで事前にシナリオを作り、そのシナリオに沿って話を振る・・・というスタイルを取らざるを得ませんでした。

ただ、そこからが腕の見せ所です。
両者が実行委員会に提出した政策アンケートを精査、定型文通りの話の振り方でも、しっかりとお互いに急所を突き合って討論できる形に持って行けました。

webで好き放題言っているのも楽しいですが、数百名の人間を目の前にして市長選挙の討論を仕切る、というのもまた格別です。

2010年07月12日

参院選の結果を受けて

参院選が終わりました。
mixiで6月上旬に
「枝野幹事長じゃ選挙区では負けるだろうね。」
と書かせていただいたのですが、一応は当たった形になりました。
ただ、その後の獲得議席予測では民主、自民とも40台後半で改選第一党は民主党と予測していたのでそれについては外しました。
選挙区、比例ともに思ったよりも民主党が伸びなかったですね。

全体として獲得した票は民主党の方が多く、むしろ比例では自民党は前回衆院選よりも得票数を落としているようですので、自民党にとっても安泰ではないでしょう。
今の状態で谷垣総裁を変えるというのは流石にできないでしょうから、石破幹事長、柴山政調会長あたりで「政策の自民党」をアピールして欲しいです。

あとはお灸を据えられた民主党がどれだけ反省してくれるか。
今までのような自分たちが絶対正義で何をやっても許されると言うような態度じゃいかんということです。
ただ、党の建て直しは自民党よりも厳しいだろうなあ・・・

2010年06月08日

自分専用メモ

mixiに書いてた日記でのことなんで、普通にこれを見る方には検証の仕様が無いと思うので、まあ私のメモくらいのつもりで読んで下さい。

予想1
官房長官以外の閣僚経験の無い若い安倍総理率いる内閣はドロドロとした政治的闘争に耐え切れずに早い段階で崩壊する。
→○

予想2
福田内閣は政治的思想は違えど、「父親が自民党の重鎮」「側近がいない」「閣僚経験に乏しい」と言った共通点から、安倍内閣とほぼ同じ末路を辿る可能性が強い。
→◎

予想3
仮に衆院選で民主党が勝利した場合、間近に控えた日米首脳会談に対応できず、普天間移設問題を始めとした日米問題がこじれて参院選前に鳩山内閣は窮地に立つ。
→◎

予想4
インド洋給油問題では鳩山内閣は一転して賛成に転じ、福島社民党も村山内閣同様に転向して給油継続となる。
→×

予想5
普天間問題がこじれているので、早晩議会を中心とした通商関連分野での日本叩きが始まる。
→○

予想6
参院選前に鳩山内閣は退陣して菅内閣が発足する。今の路線のまま鳩山内閣を追い詰めると肝心の鳩山首相が逃げてしまうので、自民党は本気で政権奪還を狙うなら菅財務相就任を機に彼を集中攻撃して総理後継レースから引き摺り下ろして退路を断つのが望ましい。
→○

予想7
次の首相にふさわしい人で民主党のトップは前原大臣になっている。菅直人が鳩山後継となった場合、思ったほど支持率は上がらず35〜50%の幅で見て、恐らく45〜49%前後になると思われる。
→×

さてさて、次はどんな予想をしようかなあ・・・


2009年11月06日

建て直しへの道

さて、すごい久しぶりのブログ更新です。

2ヶ月前の総選挙で、第1党が与党の座に就くという形では初めての政権交代が起きました。
まあ、今更何を言っているんだ?と言う方がほとんどでしょうが・・・
政権交代主義者である私は嬉しい反面、政策的に相容れない政党が政権与党の座に就いたことで非常に複雑な気持ちです。

今後は崩壊寸前の自民党を彼らがどう建て直すか、と言う点に国家の行く末がかかっています。
どんなに民主党が素晴らしい政策を打ち出そうとも、第2党の自民党がダメなままでは、その民主党が堕落していくのも時間の問題です。
その際に、参考となるのが同じく議会制民主主義において政権奪還したイギリスの労働党です。
イギリス労働党は若いトニー・ブレアを党首に据えて舌鋒鋭く論戦を挑み、議会で存在感を示しました。
そして、その結果として保守党から政権を奪還したのです。

そうすると自民党に求められるのは数年後に国会やメディアでの討論において、自民党が目指す国家像をはっきりと示して舌鋒鋭く民主党に論戦を挑める人材です。
ですが、ただ単に弁が立つだけではダメです。
条件としては・・・

・思想的に保守本流より真正保守の保守傍流に近い人間であること。
民主党首脳部は鳩山由紀夫、小沢一郎、岡田克也といった人間がいずれも保守本流の流れを組むので、保守本流では対立軸になりえない。

・年齢的に若いこと、できれば40代。
若いニューリーダーであればこそ、政権奪回という能動的イメージを保てる。

・東京都以外の出身であること。
地方の凋落が叫ばれている今、中央都市部の東京都選出議員はアウト。
多摩方面選出であろうが、地方出身者は東京というだけで新宿や丸の内をイメージする。
出来れば神奈川、大阪あたりも避けたい。

・世襲でないこと。
これは絶対条件に近い。

・学歴的に遜色がないこと。
学歴と政治力は別とは言うものの、麻生離れの一因には「いくら皇室に連なる大学とはいえ、学習院と東大を比べればねえ・・・」というのがあったと思われる。

こうして自民党の役員の中から目ぼしい人材を探すと、1人だけ該当者がいるんです。
埼玉8区選出の柴山昌彦氏。
党の役職も副幹事長ということで、もうピッタリです。
是非とも彼には国会で論戦の場に立って・・・と思っていたところ、予算委員会で大活躍してくれたそうです。

献金、鳩山家資産から 首相答弁

是非今後とも、国会で論戦の最前線に立っていただきたいものです。

えっ?民主党には期待できる議員はいないのかって?
そうですねえ・・・
選挙区が全く関係ない私に寿司を奢ってくれた上(むしろ選曲が関係ないからこそ奢ってもらえたわけですが)、率先して鞄持ちまでしてくれた某女史に期待していますw


2007年01月31日

ちょっとしたお知らせ

先般、livedoorサポートから以下のようなメールが来ました。

>お客様のブログに掲載されている
>http://blog.livedoor.jp/shigezo69/archives/50551030.html
>につきまして、誹謗中傷あるいは名誉毀損されていることを
>理由として、削除依頼が弊社宛に届いております。

内容としては、国際評論家小野寺光一氏が高く評価する副島隆彦氏が「ユダヤ資本の手先」と断罪した小沢一郎氏を、何故かユダヤ資本の陰謀から日本を守ると主張している小野寺光一氏が絶賛したことの矛盾をネタ風に取り上げたエントリーでした。

しっかりと「このシリーズのエントリーはネタ、ジョークです。」と書いたのですが、大先生本人か、はたまた第三者か知りませんが、上記の様な依頼をlivedoorサポートになされたようです。
僕個人としては一度「生暖かく彼らの行く末を見守るのみ」と書かせて頂いたこともありますし、今はプライベートも忙しいですので以前のように大先生のトンデモを弄って遊んでる暇はありません。
そもそも、例によってず〜っと放置してましたから恐らく多くの方が「今更・・・」って思うことでしょうし。
まあ、それにしてもこれが第三者だとしたらネタも理解できずに他人の論議に横から口挟む空気の読めない人ってことになりますし、大先生御本人だとしたら、仮にも評論家を名乗るものが反対意見を論破も出来ずに削除依頼に泣き付いた言論人の風上にも置けない人物、ってことになります(法的手段に訴える、って息巻いた前科もあるんですけどね)。
まあ、いずれにしろ削除依頼をした人間はしょぼい、ってことで、それを晒しあげる意味も込めて敢えて今回のような措置を取りました。

というわけで面倒くさいので当該エントリーは非公開とさせて頂きました。
ご了承の程を宜しくお願いします。

2006年06月21日

釣堀

柳沢選手ガンガレ!!超ガンガレ!!

あ〜、皆さん縦読みって知ってますか?
わざわざ「続きを読む」の所に「縦読み」って書いておいたんですけど気付かなかった人が多かったみたいですね。
結構歴史の古い言葉遊びなんですが・・・
何か事故が起きたときにマスゴミはすぐに安全対策を問題視しますが、やはりこうして「縦読み」と書いてあっても引っ掛かる人を多く見ていると、事故を起こす方の注意不足を疑ってしまいます。

とりあえず、一番左の文頭の文字を縦に読んで見ましょう。
次に左から4番目の文字を縦に読んで見ましょう。
今度は1行目は1番左、2行目は左から2番目、3行目はまた1番左とジグザグに読んで行きましょう。
まだまだ続きます。
次は文頭ではなく文末の文字を縦に読んでみましょう。
今度は文頭の文字を縦に読んだら、文末の文字を下から縦に読んでみましょう。
最後に全応用編です。
1行目は文頭、2行目は文末、3行目はまた文頭と文頭と文末をジグザグに読んで行きましょう。
そもそも、「なぜジーコより先にリネカーなんて選手が来ているのか?」「なぜ『クラウチを超える』と最初は言ってたのに『メッシを超える』に変わっているのか?そしてなぜまた唐突に今度はクレスポの名前が出てくるのか?」と落ち着いて考えれば不自然だらけなんですけどねえ・・・

まあとりあえず・・・

        ________
       /::.__  .:::::::::::::  __   ヽ_
     / /  ヽ_ヽv /: / ヽ   ヽ
    /   ̄ ̄ √___丶 ̄ ̄    |   プギャーッ
    |     / / tーーー|ヽ       |
    |     ..: |    |ヽ       |
    |       | |⊂ニヽ| |      |
     |      | |  |:::T::::| !      |
      \:     ト--^^^^^┤     丿
      \::     / ̄ ̄^ヽ   丿
             l       l
       _ /,--、l       ノ
   ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l
  ,/   :::         i ̄ ̄  |
/          l:::    l:::    l
l   .   l     !::    |:::    l
|   l   l     |::    l:      l
|   l .   }    l:::::,r-----    l
ヽ  :l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /
 \::::`ー‐'  / l__l__/

2006年06月20日

柳沢選手ガンガレ!!超ガンガレ!!

柳沢ばかり責めたって意味ねーだろ?
沢山課題があったのに解決できなかったチーム全体の責任
役割を個々がしっかりと認識するべきだった
たとえばその意味では柳沢の役割は点を取ることではなくてチャンスメイク
ただゴールにボールを入れることが柳沢の役割ではない
ず〜っと言われ続けてたし本人も公言しているのに何を今更みんな叩いてるのってカンジ
しっかりと個々の役割を認識すれば今回の最大の戦犯は柳沢でないことは明らか
ネチネチこんな所で愚痴ってないで、もっと見る目を養えよ

だから柳沢叩きはいい加減にやめようって
以前駒沢球技場で見たけど素晴らしい才能の持ち主だと確信したよ
あの必死にプレーしている姿を見て、みんなよくそこまでボロクソに言えるな
なぜかねらーは叩いて当然みたいな空気が新参厨のせいで蔓延していて困る
それに消滅したわけじゃないんだよ、GL突破の可能性が
これでエンジンが掛かってブラジル戦ではドイツとのテストマッチの確変を再現してくれるって
絶対にロナウジーニョよりもロナウドよりも輝くプレーを見せてくれるはず

柳沢も2ちゃんねるで素人どもに叩かれて浮かばれねーな
駒沢で見た勇姿を俺は信じている
ヘンな叩き方を大会中にするのは真のサポーターじゃない
イタリア時代の不調だって柳沢本人のせいじゃなくてバックアップする環境が無かったから
クローゼもかすむ様な輝きをドイツとのテストマッチでは見せてくれたじゃないか
あそこまで活躍できる日本人FWが今までに何人いた?
いまにおまいらは柳沢をこうまで叩いたことを後悔する日が絶対に来ると断言する
クラウチを超えるストライカーとしてワールドカップが終わった頃には注目されているだろう
ネットでしかいきがれないクソ厨ヒッキーはいい加減に目を覚ませ

2ちゃんねるを始めとしたネットで柳沢を叩いている椰子へ
おまいらこれ以上優秀な日本代表選手を叩くな
どう考えたっていい過ぎ、責め過ぎ、叩き過ぎ
柳沢のチャンスメイクとスペースへの飛び込みセンスが無かったらクロアチア相手に即死
やっぱりおまいらクソ厨DQNは何も分かっちゃいないね
今手中にある切符は日本送還ではない、その名は16強トーナメント戦行き
寝言は休み休み言え
思い直してブラジル戦ではちゃんと柳沢のハットトリックを期待して待っていろ

柳沢をこれ以上叩かないでくれ
沢山いるみたいだけどハッキリ言って引く
引きまくりだよ、なんでそこまで叩く?大会終わってからでいいだろ?終わってからで
退場してもおかしくない宮本ファールもあったし悪かったのはチームぜんいん
しかし、それでも柳沢は頑張ったし
なぜそこまで叩く?正直言ってやり過ぎ
サッカーもロクに知らないクセにいい加減にしろよな
いまここで叩いているおまいらなんかへみたいなもんだよ、へ

柳沢だって外したくて外してるワケじゃ無いと思うんだ
ナショナルチームのスタメンFWとして大きい責任を感じてる男、それが柳沢
小学校時代からの夢だったワールドカップでの強国との対戦
大学に進学しなかった彼にとってこの大舞台は彼にとってのサッカーの大学
生でそのスケールの大きさを感じて吸収していると思うんだ
もっと大きく柳沢が成長するために見守ろうよ
リネカー、リティー、ジーコといったJ創成期の頃の往年スターだってそれを望んでいるはず
ヘトヘトになりながら、責任の大きさに潰されそうになりながら、炎天下で全力で戦ってるんだ
メッシを超えるスーパースターに南アフリカ大会の時にはなっているだろう
柳沢は未来の日本のクレスポ続きを読む