2010年11月05日

尖閣諸島巡視船衝突事件のビデオ流出

これまたビックリのニュースが飛び込んできましたね。
誰かが、国家の最重要機密である尖閣諸島巡視船衝突事件のビデオをよりによってyoutubeにアップしてしまいました。
内部でしか持ち得ない資料である上に、ユーザー名もsengoku38というのですから、まあ海上保安庁の人間の確信犯であることはまず間違いないでしょう。

今回の流出の一件は、官僚組織の内部統制が全く取れていないことを示しています。
そして、それは「政治主導」が全く機能していない、それどころか完全に逆行していることを表しています。
無為無策、暴虐無道、全員無能のクソ集団民主党ならまあ当たり前のことなんですがね。

このバカ集団を擁護する大バカどもは、それでも「結果を求めるのは早すぎる」とでもほざきやがるつもりなのでしょうか?
「政治主導」というのは民主党の政策(らしき妄想)を実現させるための第一段階の体制作りであり、政策が結果を出すまでのプロセスをしっかりと考えれば、現時点で官僚組織の現場を政府が全く掌握出来ていないというのは問題外といえるでしょう。

政府と政党の一体化によって小鳩体制で運営していた鳩山政権に明らかに政権運営能力が無いことが明らかとなり、それと反目する「赤い“劣化版”後藤田」の仙谷官房長官率いる菅政権も政権運営能力が無いことが明らかとなりました。

こう言うとね、必ずいるんですよ。
「自民党よりはマシ」
とかいうバカが。
そりゃ、自民党にはダメなところはたくさんありました。
でも、何だかんだ言って、莫大な借金を抱えたまま文字通り破滅した日本を、世界第二位の経済大国にまで押し上げ、大型連休の度に海外出国ラッシュがニュースとなり、庶民が見るテレビでもブランド品を始めとしたファッション特集が組まれ、レストランのメニュー食い尽しなんて企画が組まれるほど豊かな国にしたという功績は忘れてはいけません。
高度経済成長期に助けられたということもあるでしょう。
でも、今の民主党政権の源流ともいえる美濃部都政は高度経済成長期に誕生したにも関わらず、今では暗黒時代のように言われていますがね。
大体、高度経済成長も終わって、バブルが崩壊して、更にそれから10年以上経過して、国民の半数以上が「地球環境のためなら生活の質を落としてもいい」と言うような社会を作ったという功績は消せるものではありません。
功罪両面ある物を、罪の面しか見れないバカが、民主党の詐欺的主張に踊らされているわけです。
shigezo69 at 10:51│Comments(1)TrackBack(0)時事放談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スタービーチ   2011年06月29日 13:30
スタービーチよりも出会えると評判の今最もアツいサイトがオープン!業界トップクラスの会員数と独自の検索サービスで即日会える!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔