ETERNALJOKERのブログ

ETERNALJOKERによるデッキ、対戦動画、紹介サイト

デッキ紹介…ゼロフレンド



『ゼロフレンド』
4 x フェアリー・ライフ
4 x 霞み妖精ジャスミン
1 x カラフル・ダンス
3 x 超次元フェアリー・ホール
4 x ドラゴンフレンド・カチュア
2 x ガイアール・ゼロ
3 x 闘魂!紫電・ドラゴン
2 x ボーンおどり・チャージャー
4 x プライマル・スクリーム
4 x ミラクル・リ・ボーン
1 x インフェルノ・サイン
2 x 超次元バイス・ホール
4 x 暗黒 GUY(ガイ)・ゼロ・ロマノフ
2 x 黒神龍グールジェネレイド
1 x サコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x ウコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x カチコミの哲(チェーン・アーム・トライブ)/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x 魂の大番長「四つ牙(クワトロ・ファング)」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ


超次元のやる気のなさはほっといてね…

今回は手短に。ポイントはいかにカチュアが墓地に落ちてくれるか。
墓地から引っ張り上げてロマノフにつながれば一気に攻めに行ける。

前回と違ってお遊びの側面強いから、わいわい楽しむときにどうぞって感じかな。

デッキ紹介…ヴァルkリアス



『エンペラー・キr…超竜ヴァルキリアス』
『<a href="http://dmvault.ath.cx/deck519899.html" target="_blank">エンペラー・キr…超竜ヴァルキリアス</a>』
1 x 黙示賢者ソルハバキ
3 x DNA・スパーク
2 x 光神龍スペル・デル・フィン
2 x エナジー・ライト
2 x ドンドン吸い込むナウ
2 x アクア・サーファー
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
3 x サイバー・N(エヌ)・ワールド
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
2 x 超竜ヴァルキリアス
1 x 超竜バジュラズテラ
1 x 超銀河竜GILL(ギル)
4 x フェアリー・ライフ
3 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 母なる星域
1 x 再誕の社
2 x 緑銅の鎧(ジオ・ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x 龍仙ロマネスク
3 x ボルバルザーク・エクス
1 x 戦攻竜騎ドルボラン


エンペラー・キリコ…ついにプレミアム殿堂入りしてしまいましたね。
ってなわけでキリコのデッキを基盤にヴァルキリアスに絞ってみた。

続きを読む

デッキ紹介…マジックHDM(プロトタイプ)



『マジックHDM』
『<a href="http://dmvault.ath.cx/deck517490.html" target="_blank">マジックHDM</a>』
2 x 光神龍スペル・デル・フィン
4 x 海底鬼面城
2 x エナジー・ライト
2 x ハリケーン・クロウラー
2 x パクリオ
2 x アクア・サーファー
2 x 死神の蘇生者シュタイナー
4 x フェアリー・ライフ
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 薫風妖精コートニー
4 x カラフル・ダンス
2 x 陰謀と計略の手
4 x 鎧亜戦隊ディス・マジシャン
2 x 世紀末へヴィ・デス・メタル

まあ見てわかるとおりかなり遊んだデッキです。
このデッキを作ったいきさつを一部始終話すと…

1…今日対戦動画撮影するかってなる
2…快く承諾。ファンデッキ用意しておくように言われる
3…ファンデッキがない
4…めっちゃ時間無い
5…5分でアイディアを考える
6…3分でデッキ作る

って感じで、すごくあわただしく作ったのがこんなやつになりました(笑)

理想的な動きとしては、コートニーとディスマジシャンがいる状態でカラフルダンスを撃てることです。

そうすることで、カラフルダンスの5枚ブースト(実質的にはマナは増えませんが)全てに、ディスマジシャンの2つのSC能力を全て乗せることができます。

こいつの場合は、黒で墓地回収と緑でコスト軽減を持ってます。なので、マナにある世紀末はカラフルダンスで墓地に落としましょう。そうすることで、黒のSC墓地回収で拾い上げることができます。
ということは、世紀末は序盤に手札に来てしまっても迷わずにマナにおけます。

そして緑のSCによって次に召喚するクリーチャーのコストが2減る…って言うのが5回、つまり10コスト減らせます。なので、3マナ支払い世紀末を召喚。一気にワールドブレイクを仕掛けます。

…とまあ理想的すぎてなかなかこんな動きはしないと思います。もとがファンデッキなので、今流行っているようなトップメタ準トップメタのデッキに勝つことは稀でしょう。
しかし、これはあくまでも即席で作ったデッキなので、きちんとした構築ができればそれなりに勝てる面白いデッキが完成するかもしれません。

…こういうの書くの慣れてないなぁ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ