icon
icon
赤ちゃんの逆襲
icon
監督: パトリック・アレサンドラン
出演者: ティエリー・レルミット レオノール・ワトリング オフェリエ・ウィンテル ミッシェル・ミューラー
内容: ポレル社長はもうすぐパパになる予定。
彼の会社に、何から何までついてないシモンは自分の設計が盗まれたと抗議しに来るが
取り合ってもらえない、警備員に連れ出されたトコロを
偶然にもポレロ社長の車が跳ねてしまう。
ポレロをうらみながら死んだシモンは
天使がやって来て、自分をひいた男つまりポレロ社長の子供として生まれ変わったのだ!!
おフランスな空気がいっぱいです。
OPが可愛らしいの
ヒヨコらしきモノが文字をけちらしてるっっ
建築業界の大物ヴァンサン・ポレル(ティエリー・エルミット)
ポレル社長はもうすぐパパになる予定。
彼の会社に、何から何までついてないシモンは自分の設計が盗まれたと抗議しに来るが取り合ってもらえず、警備員に連れ出される
そこに偶然走ってきたポレロ社長の車がなんとシモンを跳ねてしまう!!!
ポレロを怨みながら死んだシモンは
天使がやって来て…天国へ…のはずが。
自分をひいた男…つまりポレロ社長の子供として生まれ変わったのだ!!

いきなり出産シーンが結構リアルでビックリ!!!

『ベイビートーク』もそうだけど
子供がブツブツ言ったりするのって、やっぱりおもしろい。
もちろん本作品でもブツブツは
心の声で大人達には聞こえてないわけだけど
シモンの魂を持つ赤ちゃんは見た目は赤ちゃんだけど
中身は思いっきりオッサン!!
なので若干違う意味として喜んで、ママのおっぱいにかぶりついてみたり(笑)
オッサン目線の赤ちゃんに笑えます。
周りのキャラも結構自分本位なヒト達ばっかりなんだけど
あんまり憎めない感じ。
ポレロの奥さんは浮気はするし育児放棄で赤ちゃんを全く可愛がらない
ベビーシッター役で来たポレロのママも結局寝てばっかりで何の役にも立たない
シモンの彼女も浮気してるし、しかもそれはシモンの友達だったり、
みんななんかちょっとしょうがないヒト達ばかり

最初嫌なヤツ役なのかと思ったポレロが育児のために会社休んで一番赤ちゃんの面倒をみてるの

元々シモンに最初冷たくしたのだって大会社ならではのコトで、
どうせタカリに来た奴だと思ったわけで
実際シモンの設計が盗まれて使われてたのコトを知らなかったわけだし。
ポレロがその事実を知らないコトをまたシモンも知らないんだけど…。

赤ちゃんに生まれ変わったシモンは自分を騙して殺したポレロに復讐しようとあの手この手で、ポレロを悩ますけど、その方法が
夜鳴きをしてみたり、ミルクを吐いてみたり、
赤ちゃんの悪行???の限りを尽くす。
そして最終手段として、自殺を試みる!!
ポレロにとって大切な1人息子が死ぬコトが一番のダメージだと思ったのね。
それからは溺れてみたり、洗剤を飲もうとしてみたり、
家政婦の目を盗んですぐ自殺しようとするから大変。
そんな赤ちゃんの行動にポレロも自分は嫌われていると苦悩するんだけど。

とにかくこの赤ちゃんがカワイイ
いや、可愛くないとなりたたないと思うけど(笑)
デジタル処理されてるけどヌイグルミをサナドバッグ代わりに
パンチの殴打から、懸垂してみたり、

エンディングも、ふふふって感じな可愛らしいオチになってるし。
みんなにとって一応ハッピーかなってエンディング。

この作品には色々な母親とムスコの関係が描かれているんですけど
甘やかす親もいれば、放任な親もいる
でも、どんな親を選ぶから天からやってくる自分次第?(笑)
私も赤ちゃんの時の自分の気持ち思い出してみたい!!!

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
株式会社ぽすれん