西宮は古くからの酒造の街。今でも多くの日本酒メーカーの工場が建ち並び、江戸時代には江戸に向けた清酒の積み出し港としても栄えました。その砂浜の上に、出現したUFOのような洋式砲台をみて、西宮の住民も幕末の激動を肌で感じ取ったことでしょう。

 場所は、阪神・西宮駅から西宮神社を横手に南下し、砂浜の海岸に突き当たる防波堤の傍にあります。あまり泳げそうでもない砂浜では、松林の下でバーベキューをしている人がおり、海ではヨットやウインドサーフィンの船がいっぱいでした。
 
西宮砲台01

 勝海舟の設計・指導で文久3年(1863)に始まった工事は、当初、大砲50門を備える巨大要塞の予定でしたが、縮小されて、直径約17メートル、高さ12メートル、石造り3層の円形の堡塁となりました。花崗岩の大岩を組み上げて、外壁は漆喰仕上げ2層目には砲眼11個。大砲2門も装備され慶応2年(1866)に完成したが、結局使われることなく明治の世を迎えました。同じ時期に兵庫沿岸では川崎、和田岬、今津など4箇所で、同じ型の砲台が作られましたが、いずれも使われることなく、現存するのは、西宮のこの砲台(西宮市西波止町5)のみです。

 後に、大砲を試射したところ、堡内に硝煙が充満し、とても実戦に使える代物ではなかったと伝えられますが、これは勝海舟の「設計ミス」だった?それも、幕府の格好だけの「攘夷」が生んだ無駄と言えるでしょうか?(笑)

 その後、明治41年には阪神電車が払い下げを受け、電灯を付けて海水浴客のための納涼台として使われました。少し風変わりな「海の家」だったのです。しかし、大正11年(1922)に、幕末当時の土木技術を知る上で貴重な史料ということで、国の史跡に指定され、昭和50年(1975)には外壁も綺麗に塗られて修復され、現在に至ります。