濱岡司法書士行政書士事務所

大阪市平野区の司法書士・行政書士事務所

こんにちは。大阪市平野区の濱岡司法書士行政書士事務所です。

 不動産登記や商業登記の登記情報を確認するためだけであれば、法務局の登記事項証明書を取得するより登記情報提供サービスを利用するほうが安くて便利です。インターネットから請求でき、pdfでその場で取得した日時の登記記録を確認することができます。法務局の窓口で証明書を取得すると1通600円かかりますが、登記情報提供サービスの登記情報は1通332円です。

 また、地番検索サービスや土地の地番から土地上の建物の検索機能などもあります。

この登記情報提供サービスは、現在は平日の午前8時半~午後9時まで利用可能ですが、令和4年10月1日より土日祝日でも午後6時まで利用可能となる予定です。

 登記情報提供サービスにより取得した会社の登記情報には、現在代表取締役等の役員の住所の表示が記載されていますが、将来的には記載されなくなる予定です。


こちらもチェック↓

濱岡司法書士行政書士事務所
https://gyousei.sihou.com/wp2/

相続・遺言相談室
https://souzokusoudan.mobi/






こんにちは。大阪市平野区の濱岡司法書士行政書士事務所です。

 新年度になり、成人年齢が18歳に引き下げられることそのほか全国の公証役場でクレジットカード決済が導入されるなど変更事項がたくさんありました。

 今回は相続登記促進のための登録免許税の免税措置について取り上げます。

 令和4年4月1日から不動産の固定資産の評価額が100万円以下の土地にかかる相続登記については令和7年3月31日まで登録免許税が免税されます。以前までは対象の土地が限定されており、かつ評価額が10万円以下の土地とされていました。今回適用対象の土地が拡大されました。田舎の土地や農地等をたくさん相続した場合にはこの機会に相続登記をされることをおすすめします。
 共有持分の土地で被相続人の持分のみを移転するのあれば、評価額に持分の割合を乗じた金額が100万以下であっても可能です。金額の大きい土地でも共有人数が多い土地の相続など使えそうです。

 この登録免許税の免税措置を受けるには、登記の申請書に「租税特別措置法第84条の2の3第2項により非課税」と記載する必要があります。


こちらもチェック↓

濱岡司法書士行政書士事務所
https://gyousei.sihou.com/wp2/

相続・遺言相談室
https://souzokusoudan.mobi/






こんにちは。大阪市平野区の濱岡司法書士行政書士事務所です。

 郵便局の本人限定受取郵便には、実は3種類あり、基本型・特例型・特定事項伝達型があります。本人限定受取郵便は、共通事項として配達を担当する郵便局に郵便物が留め置かれ、到着通知書が受取人の自宅に届くようになっています。

 基本型の特徴としては、郵便物を受け取る場所が郵便窓口に限定されている点です。特例型、特定事項伝達型は郵便窓口で受け取るか自宅に受取人指定の時間に配達してもらうか選択可能です。また、基本型では、受取り時に提示する本人確認書類として写真付の公的証明書1点または、写真の付いてない公的証明書等2点のいずれかが必要となります。特例型の受取り時の提示書類は、写真付にかかわらず公的証明書1点でかまいません。特定事項伝達型の受取り時の提示書類は、写真付公的証明書1点のみとされています。

 ちなみに、登記識別情報又は登記済証を紛失等してその提供をしないで印鑑証明書をつけて登記申請をして本人確認をする事前通知制度では、本人限定受取郵便の特例型で配達されます。

こちらもチェック↓

濱岡司法書士行政書士事務所
https://gyousei.sihou.com/wp2/

相続・遺言相談室
https://souzokusoudan.mobi/





↑このページのトップヘ