鉄板指標マスターFX徹底検証

鉄板指標マスターFXが本当に経済指標で稼げるノウハウなのか実際に手に入れて検証します。

今週の経済指標は注目ですね!

鉄板指標マスターFXで欠かせない経済指標なのですが、
今週の金曜日はチャンスかもしれません。

まず、日本では政策決定会合後政策金利が発表されます。
いつ発表されるのかが少しわかりにくいのが残念ですが、
当日の日銀のスケジュールは確認しておく必要がありますね。


そして、その日の夜9時半にはアメリカの四半期GDPが発表されます。
こちらも経済指標の中ではかなり重要度の高い指標なので要注目です。

ここ最近はドル円100円トッパには強い指標結果が必要とのことなので、
このGDPが引き金になる可能性はかなり高いです。

 

鉄板指標マスターFXでいいトレードをするコツ

経済指標に特化したノウハウとして脚光を浴びている鉄板指標マスターFXなんですが、
具体的にどのタイミングでエントリーをすればいいのか。
それについて疑問を感じている人も多少いるみたいです。

基本的には指標前の相場を見て高値安値をチェックし、
指値注文でエントリーを仕掛けるわけですが、
具体的にどのタイミングで
鉄板指標マスターFXのロジックが成立したかの判断をするのか。 

これがちょっとわかりにくいと感じている人もいるみたいです。
それについては動画解説を見ればはっきりします。
注文自体は指標発表の1分前までに入れればいいみたいです。
じゃあ、いつからかなんですが、こちらは動画を見る限りだと
大体1時間を切ってから判断するみたいですね。

はっきりそう行ってるわけではないですが、動画で注文を入れるタイミングが、
どうもそのタイミングなんで間違ってはいないかなと思います。 

相場状況を把握する隠し武器

ブログネタ
鉄板指標マスターFXを解剖する に参加中!
鉄板指標マスターFXをやっているとどうしても目につくのが
チャートの右上に表示されるこの数値です。

sihyouchart














これは見た目の通り3本のラインのそれぞれの乖離を
Pips数で表示しています。

これだけを見ると一体なんのために存在しているのか。
正直わかりにくいと思います。

ただ、もちろん、マニュアルにもこれについての解説はあります。
詳細はノウハウのコアに関わるので明かすことができないのですが、
一体どういう意味があるのかというと、
3本のラインがエントリーする相場状況かどうかを
数値で機械的にみるためのものなんです。

基本的には3本のラインの形で相場状況を把握するのですが、
やはり数値の裏付けがある方がより安心してトレードを出来ますよね。

そのためのものがこの数値なんです。


ですので、基本的には3本のラインの形を見て、
数値でエントリーに適した数値になっているかの裏付けを取って
エントリーを入れていくというのが基本的な流れとなります。
ギャラリー
  • 相場状況を把握する隠し武器
  • 鉄板指標マスターFXのチャートを御覧ください
アーカイブ
  • ライブドアブログ
レンタルサーバー