2008年02月09日

瓦の種類

瓦には多彩な種類があります。焼成方法の違い、形、色彩、

歴史とともにバリエーションを広げてきました。


形と材質で瓦をみてみます。

<和瓦>  (陶器瓦:粘土を高温で焼き上げて製法)
和鶴弥







<平板瓦> (陶器瓦)
平板鶴弥








<波型瓦> (陶器瓦)
なみがた









<モニエル瓦>(セメント瓦:セメントをプレスして製法)
セメント







それぞれの瓦に特徴があります。

住宅の概観に合わせて、形を選んでみて下さい。


<色>
鶴弥色1

鶴弥色2


平板瓦のカラフルな色の混ぜ葺きが、最近の人気瓦です。

トライ1色2

若い施主様を中心に人気です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しいね産業(株)しいね瓦 (福島県の屋根・太陽光のことなら)

コトリヤマ(株) (3Dのソフトウェアなら)

shiinesangyou at 11:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip! | 屋根

2008年02月07日

全瓦連

屋根の悪質訪問販売や、営業マンだけの訪問リフォーム会社が増えています。

それに伴い、屋根に関する疑問、屋根材の問い合わせが増えてきました。

どこの会社に、屋根の修理を頼んだら、安心の工事内容で

良心的な工事価格か悩んだ時は、

(社)全日本瓦工事業連盟 
※略称で 全瓦連 国土交通省所轄の法人団体で全国42都道府県
 屋根工事店で構成されています。

全瓦連


に加盟の工事店をお勧めしています。

工事内容(どんな資材を使い、どの部分を工事するのか)・価格・

作業工程・自社職人を使っているか等、きちんと分かりやすく

納得のいくまで説明してくれる会社がよいと思います。


風雨や雪・暑さ・寒さなどから住宅を守ってくれる屋根は、

大切な住まいの要です。

きちんとした技術・伝統と誇りある工事店を選んでみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しいね産業(株)しいね瓦 (福島県の屋根・太陽光のことなら)


shiinesangyou at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 屋根

2008年02月05日

洋風瓦〜和瓦 (防災機能付き)

最近は、屋根瓦も進化して、デザイン性に優れた

地震や大風に強い、防災機能の高い瓦が開発されています。

後々の事を考えて、出来るだけ新築でも、修理でも、

防災瓦をお勧めしています。

防災瓦(鶴弥MF)


マッドブラック

(株)鶴弥




トタンや板金に思われがちな屋根も、意外と瓦屋根の場合が多いのです。

当社の工事も6割〜7割が平らな洋風瓦になってきています。


また従来の和瓦でも昔と異なり、防災機能が標準装備となって

地震に強い屋根を造ることができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エース(防災)



しいね産業(株)しいね瓦 (福島県の屋根・太陽光のことなら)

shiinesangyou at 14:39|PermalinkComments(0)clip! | 屋根