2017年04月14日

イースター 卵 生きる!

今年もイースター休暇がやってきました。
何年ドイツに住んでも、イマイチ、キリスト教系の祝日の意味がわかっていない私。
毎年のように、夫や義母などに「何を祝う日なの?由来は?」など同じような質問をしている気がします。
でも、娘が誕生してからは、少し気持ちの変化が。
新聞やラジオ、インターネットなどからも、時間のある時は、多少気を付けて情報をキャッチするようになった気がします。

そして、今年は、念願のイースターマーケットにも行ってきました!
クリスマスマーケットと同じ感じで、イースターの前1ヵ月くらいから、各地で開催されます。(長期ではなく週末のみがほとんど)
春らしい飾りや、イースターエッグなどが販売されていて、見た目も華やか!寒くて暗い冬を過ごしてきた人にとっては、眩しいばかり!気持ちも明るくなります。

夫(ドイツ人)も、娘にドイツ文化を体験させたいからか、時間を作ってくれ、2つのマーケットに行ってきました。
1つ目は、小さな町の昔からある伝統的なマーケット。地元のイースターエッグの作家さんや陶芸家・芸術家やアーティストがたくさん出店していて、アットホームな感じがとても良かったです。
2つ目は、大きな街の洗練されたオシャレなマーケット。雑貨も雑誌に出てくるようなモダンなものが多く、出展者もドイツだけでなくヨーロッパ各国から来られていました。

一番印象に残ったのは、ひよこちゃん誕生の瞬間です!!!(小さな町のマーケット)
DSC_0854
温度管理などがされた特別のケースの中に卵が入れられていて、中から殻をわって誕生するヒナの様子がリアルタイムで見られるようになっているのです。
コツコツという音がして、急に卵が揺れ始め、小さな穴から小さな口ばしが見えてきて・・・!!!
生まれてくるって本当に大変だな~。がんばれ~!がんばれ~!と声をかけたくなりました。
殻を割って出てきたヒナたちは、全力を出し切ったのか、みんな極度にエネルギーを消耗しているようで、ぐったりしています。
最初は、”あのこ” 助からないのかも~と泣きそうになっていた私ですが、大丈夫!
少し横になって(眠って?)しばし休息、それから起き上がろうと頑張ったり、ぴーぴー声を上げて、そのうち元気にヨチヨチ歩けるようになります。
別の場所には、元気なヒヨコたちのコーナーがあり、ぴーぴーちょこまか、愛らしい姿が子どもたちに人気でした。
ヒヨコの他に、ウサギのコーナーもあったのですが、娘はこの”卵から誕生”のヒナのコーナーが一番気に入ったようで、何度も見に行っては、じーっとガラスケースに張り付いてました。

イースターって何?
興味を持たれた方、姉妹ブログ”えほんまにあ”でもイースターについて書いてます。
「ドイツ・春の訪れ ”たまごの季節”」よろしかったら、こちらもどうぞ!
  
さてさて、私たちはイースター休暇、友人の誕生祝にスイスに出かけてきます。
スイスではどんなふうにイースターを過ごすのかちょっと楽しみです!
あ、でも、日曜日(祝日)がちょうど友人のお誕生日で、バースディパーティなので、どうかな~?

欧米でお住いの皆さん、楽しい連休を!!!
Liebe Grüße und schöne Feiertage








人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
応援ポチ感謝しています。Vielen Dank!





2017年03月04日

初めての押し寿司!

今日はひな祭り。

残念ながら、今年は雛人形を飾っていないのだけど、せめて、何かやりたいな~っと思って、娘と一緒にお寿司を作りました!
すし飯を作るところから手伝う気満々の娘。
うちわを持って一生懸命扇いでくれるんですが、方向が・・・
まー本人はしっかりやってる気持ち!なんですよね~。
私一人でパパッとやった方が早い!と内心思いながら、娘のペースにある程度合わせながら、気長にやりました。
何よりも、張り切って手伝いたい!という娘の気持ちを大切にしたいですもんねー。

本当は、手まり寿司を作る予定で、準備をしていたのだけど・・・
実際にやり始めると、すんごい力でムギューって寿司を押しつぶすようにしちゃうので、ダメだなーと。力加減がまだわからないんですよねー。。。
それに恐ろしく時間がかかりそうー、夕飯に間に合わないよー。
(パパは空腹ですでにつまみ食いしてるしー。

なので、急遽予定変更!押し寿司にしました!
すると思ったよりずっと上手くいってビックリ!

2歳5ヵ月の娘と一緒に作った初めての押し寿司(手まり寿司)でーす!  
DSC_0848

皆で楽しく美味しくいただきました!
は感動してましたー! パパの喜ぶ顔をみて娘も嬉しそう。

これからもいろんなお料理(特に和食ねー!)を一緒に作りたいな~と楽しみにしています。







2017年02月22日

超久しぶりのランチデート💖

先月の話になりますがー!
所用で、子ども抜きで、平日のお昼に夫と二人で出かけることに。
こんなチャンス、滅多にありません!
出かけると言っても3時間くらいのことですが、このチャンスを逃してはだめ!っとちょっと無理をして、ランチを食べに行きました。

「何が食べたい?」という夫の質問に、「普段食べられないもの!」と即答した私。
時間が限られてるし、遠いところへは行けないよーと怪訝な顔の夫ちゃん。
3時間のお出かけ中で食事に使えるのは1時間以内。。。
短時間で美味しく外食って、ドイツでは結構 難しいのです。座ってから注文を聞いてくれるまで、それから料理が出てくるまで、ビックリするほど待たされること、よくあります。

私:「難しい意味じゃなくて、子連れで行けないところ!」
夫:「高級レストランとかは時間もかかるしー、服装も・・・」
私:「そうじゃなくって、例えば辛い料理とか!まだ小さい子供が食べられないモノって意味よ!」
夫:「マーボー豆腐!」
私:「中華は普通に行ってるじゃん!もうー、そうじゃなくって!」
夫:「んー、北京で食べた麻婆豆腐は舌がしびれるほど辛かった~」
私:「そうじゃなくって!!!例えば韓国料理とかよ!」
夫:「じゃあ、最初っから韓国料理食べたいって言ってよー!よし、行こう!」

という事で、超ひさしぶりに、韓国料理のランチを食べに行ってきました!
”ランチ”なので、日替わり定食を注文しました。
1486132586651
この日のメイン料理は、鶏のお出しがすごーく美味しい もっちりした麺の入ったスープ。
たくさん並べられた小鉢もみーんな美味しかったです!特にキムチ~、旨

”チビ大食いモンスター”のいない食卓は、超リラックスムード~♪
ゆっくりとお料理を眺めながら、じっくりと味わって、「ほほほっ、おいしゅうございます~」という感じでした。
ふっとタイムスリップしたみたいに、二人で生活していた頃の感じに戻って会話してる自分たちに、思わず微笑んじゃう私たちでした。

用事をすませて、娘を迎えに行く時、小走りになってる私の手を取って、「たまにはこんな時間の過ごし方も良いね」とウインクした夫ちゃん。
なーんか久しぶりにドキンっ (*´艸`*)うふふーな気持ちになりました。

最後に、娘をみていてくれた義母に感謝。
←こんな気持ちにさせられること多々ある人ですが、ありがたいです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
夫が外国人の主婦 ブログランキングへ



 

2017年02月17日

未熟児アフターケア終了?

先日、未熟児アフターケアの検診に行ってきました。
ドイツ人にしては珍しいとっても小柄な方、女医さんです。
初めてお会いしたのは、GCUに入院中の時。
子どもの状況・親として不安に思う事など質疑応答後、退院後にサポートが必要かどうか聞かれました。
NICUにいる時から、受けられるサポートは全てお願いしたいとドクターやスタッフに話していたので、皆さんいろいろアイデアを出してくださったり、必要な連絡先や書類など集めてくださり、クリニックに娘が入院中に退院後のサポート体制は全て整っていました。
元NICU看護師による家庭訪問、小児科での体重コントロール、リハビリ体操、などなど。
今考えるとすごく恵まれていたな~っと思い、とても感謝しています。

ドイツでは、娘のように小さく生まれた赤ちゃん極低出生体重児(1000~1500g)は必要に応じてですが、大体24ヵ月~30ヵ月くらいまで手厚く支援してくださるみたいです。
娘は誕生後に体重がどんどん減って1000gまでになっていて、しばらく体重が増えなかったので、超低出生体重児(1000g未満)の対応も、多少考慮して、含めてくださっていたようです。
joi
その様々なサポートの窓口役がこのドクター(女医さん)でした。
出産時に低体重で生まれた子どもや、胎内または出産時にトラブルがあった子どもなど、新生児の段階で何らかの問題を抱えている子どもたちを特に専門にされているドクターです。
リハビリの状況やセラピーの様子など、療法士さんからの報告や、発達診断テストの結果なども彼女のところに集まります。
ドクターはそれらを総合的にみて、何が必要なのかを判断してサポートシステムを組んでいくという感じです。
ありがたいな~っと思ったのは、子どものためだけではなく、母親(父親)のためのサポートでもあるという感じが伝わってきて、私自身 安心することができ、いろいろな質問をしたり、不安なことを話したり、すごく助かりました。(たまには、姑のことで愚痴なんかもねー(^^;)
退院後しばらくは、2週間に1回のペースで、それから月に1回、2ヵ月に1回、半年に1回というふうに間隔は伸びていって、修正月齢24ヵ月(出産予定日から満2歳)後に最終の検診をして、必要がなければ、アフターケアは終了ということになります。

そう、今回が最終の検診だったのですー。
嬉しいような寂しいような。。。 複雑な気持ちですねー。
結果は概ね良好なのですが、私が不安に思うところもあり、3月末まで水中リハビリの延長、その後、理学療法士による体操グループに数か月参加と決まりました。
娘が3歳になる頃には、本当にすべてが終了の予定です。

出産時には、この子は本当に大きくなるのだろうか?と不安に思ったこともありましたが、本当に大きくなりました!
身長は88cm!日本の女子平均身長よりもほんの少し大きいんですよー!!!
誕生時は40cmだったなんて今では信じられないくらいです。

本当に感謝です。
あたたかく応援してくださっている皆さん、ありがとうございます!
無事に大きくなっています。(^▽^)/





ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
応援の一押しいただけましたら嬉しいです!
Vielen Dank!










2017年02月13日

ねずみ・かたつむり・すずめ??? カワイ子ちゃん?

娘が誕生してからずっと気になっていることがあります。
ドイツ語の表現で。。。乳幼児に使われるニックネームのことです。
愛情を持ってカワイ子ちゃんって意味で言ってる言葉なんですが、私にとってはイメージが・・・。
赤ちゃんや小さい子どもには合わない感じがするモノばかりなんですが・・・。

  
(ドイツ語には、同じモノでも、さらに小型・小さいものを指す場合語尾にCHEN(シェンやヒェン)が付く場合が多いです。)

ねずみ🐭 MAUS さらに小さいねずみちゃんは MÄUSCHEN  (女の子)

かたつむり🐌 SCHNECKE 小さくかわいいのは SCHNECKCHEN (女の子)

すずめ🐤 SPATZ  ちびっこすずめは SPÄTZCHEN (主に男の子、女の子もOK)

幼虫みたいな小さな虫🐛 WÜRMCHEN (男女児ともに)

皆さん、どう思われますか?かわいいと思います?

特に、カタツムリとか幼虫ってどうよ??? 
ドイツ人は、100%ポジティブに思って使ってる言葉なので、満面の笑みをたたえて言うのですが、聞こえるたびんん みたいな反応になってしまう私です。
ウチの夫ちゃんもよく使うので、時々(ご機嫌が斜めになってる時とか)、それ言わないで!ちゃんと名前で呼んでよ!と思わずにらんでしまうこともあります。

それともう一つ、これは娘がNICUでまだ保育器に入っていた頃にスタッフの何人かが時々かわいいわね~という思いを込めて言ってくれていた言葉。。。
小さい人形👶 PÜPPCHEN  PÜPPI (女の子)

「小さなお人形さんみたいね~」という感じで使われるのですが、これは、私のドイツ語聞き取り力の問題で、ある単語と勘違いして聞こえて、しばらく意味不明だったのです。
というのは、ドイツ語で”おしっこ”は PIPI(ピッピィ)なんですが、この小さな人形のPÜPPI(ピュピィ)と響きが似ているのですよ。
まさか娘のことを”おしっこ”って言う筈ないし、何を言ってるのかな?と気付くまでちょっと時間がかかりました。

愛情を込めて愛称として使っている単語たちなんですが、お国変われば、そのまま単語として直訳して自分のイメージで理解するとになっちゃいますよねー。

maus
娘は、このMÄUSCHEN(ねずみちゃん)という言葉、とても気に入っていて、呼ばれると喜んでます。
だから、まあ良いか~とも思うのですが。。。
最近、娘と日本語で話そうと日本語中心の頭に切り替えているので、時々となってとなっちゃう私です。
日本にはこんなおかしな子どもたちのニックネームなんか無いですよね?

何はともあれ、元気に育ってくれている娘に、そして、あたたかく成長を見守ってくれる皆さんに感謝です。
 DANKE SCHÖN!





 ブログランキングに参加しています。
応援の一押し、どうぞ宜しくお願いします。

海外での育児 ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
あなたのクリックに感謝です。ありがとうございます!




たまにはドイツ映画見てみる?