受け口 矯正

受け口とは、一般に下あごの骨が過剰に成長し前方に突出した状態の事を言います。前歯と下の前歯が反対の噛み合わせになった状態をいう反対咬合という言葉とは、厳密には少し意味が異なります。下顎前突には、下あごの過度な成長や上あごの成長不十分による骨格性のものと、上の歯が後方に傾斜したり下の前歯が前方に突出している歯性のものがあります。

審美歯科とは

審美歯科(しんびしか)という言葉の意味がわかりますか?
そもそも審美歯科とは何でしょうか?

審美歯科とは、美しさに焦点を当てた、総合的な歯科医療(歯科治療)のことを指します。

歯の悩みと聞くと、歯周病や虫歯といったことをすぐに思い浮かべると思いますが、歯並びや綺麗で白い歯を持つかどうかで人の印象というのは大きく変わってきます。

もちろん、歯がないなんていうのは印象を大きく変えてしまいます。
健康的な歯は他人の印象や本人の自身にもつながります。

後進的な治療だけでなく、先進的に積極的に美しい歯を手に入れようという動きが審美歯科なのです。

審美歯科では歯だけでなく、歯肉にも注目し、そのひと本来の美しい笑顔を手に入れることを目標としています。


また、ホワイトニングや歯科矯正も、審美歯科の一環として取り入れられています。

テクノラティ

歯の矯正

歯列矯正とは、歯並びを矯正して、綺麗な歯並びを取り戻すための歯科治療法です。歯並びが悪いと、歯が磨きにくくなって虫歯になりやすいだけでなく、笑顔の際に歯並びがきになって自然な笑顔が作れないといったこともあります。審美歯科的な観点から考えても、歯列矯正は重要な歯科治療であるといえます。歯列矯正によってもたらされる効果は、歯並びの改善による口の中の環境の改善や、審美的な効果があげられます。

歯並びはどれほど人の印象に残るのかについてですが、ある調査では「初対面の人と会話する時、その人のどこに目がいくか?」といった質問に対して「口元」と答えた人が半数近くいたという報告があります。それほど、歯が人に対して与える影響は大きいようです。また、歯並びの悪さは自分自身でコンプレックスをもっている場合がおおく、せっかくの笑顔が遠慮がちになってしまってはもったいないといえます。


子供の歯列矯正については、歯並びが悪く咬み合わせが上手くいかないと、身体的成長はもちろんの事、脳の働き、情緒形成、コミュニケーション能力にまで影響を与えてしまう可能性があるといわれています。歯列矯正用の器具をはめている子供を見かけたことはあると思いますが、歯列矯正は重大な歯科治療であるという認識が必要です。



歯列矯正 - livedoor Blog 共通テーマ続きを読む

インプラント

インプラントのメリットとしては、従来、両側の歯を削るブリッジという方法では、健康な歯を削ることで他の歯に負担がかかっていたことが、インプラント治療では、抜けた部分にのみ行う治療法なので、他の歯を削る必要がないということが大きなメリットといえます。

インプラントのメリットとして、噛む力が再生できることがいえます。従来の治療法では、見た目には歯を取り戻せても噛む力は元の歯の半分以下になってしまっていましたが、インプラント治療では、噛む力も再生できるというメリットがあります。また、インプラントでは、部分いればなどと異なり、メンテナンスや装着に関する違和感を解消できる場合が多いというのもメリットといえます。


インプラントとは、あごの骨に金属をうちこんで、歯の代わりとし、その上に歯の形をかたどったものを埋めることで、機能的にも審美的にも本来の歯と同じような役割を果たす歯を作る技術です。インプラントには手術が必要となり、治療費も治療期間もかかるため、慎重に治療する歯科医や治療時期を考える必要があります。

インプラント

インプラント治療については保険がきかないため
お財布と相談が必要ですね。

一般的な値段は安いところだと3万円〜10万円が相場になっています。
歯の本数によっても変わってきます。

インプラント
人工歯根を手術的に顎骨に植えて、創治癒を待った後にその上に人工歯冠・上部構造をつける一連の治療を、インプラント治療と呼び、ブリッジや入れ歯と違って、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られ、また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近年、激増しています。

審美歯科関連用語

アルジネートは、歯科で歯型をとるときに使われる材料です。歯科用語で歯型をとることを印象をとるといわれるので、アルジネートでを使い場合、アルジネート印象材などと呼ばれます。アルジネート印象材は審美歯科だけでなく、歯科業界で一般に広くつかわれています。

アルジネート印象材の練り方については、ネッ上でに公開されています。
http://shikairyoujimu.seesaa.net/article/31549845.html
まずは、粉に水をかける。あとは、気泡が入らないよう適度に練り上げていきます。

アルジネート(アルギン酸塩)印象材は、可溶性アルギン酸塩と石膏(硫酸カルシウム)との硬化反応を利用する印象材です。

詳しくはこちら。
http://aizawa.at.webry.info/200605/article_4.html

審美歯科

西麻布デンタルクリニックは東京都の西麻布にある審美歯科医院です。ホワイトニング治療では、歯科でびホワイトニングだけでばく、ホームブリーチ(ホームホワイトング)治療も行ってくれます。ホワイトングは審美歯科治療でび大きな要素です。また、銀歯のつめものを目立たなくするハイブリットインレーや、セラミッククラウンといった治療も行えます。

また、審美外科に該当する、インプラント治療や、ガミースマイルといった歯茎のラインをそろえる治療も行ってくれるのが西麻布デンタルクリニックの特徴といえます。

オクルージョンコンサルティングというと、聞きなれない言葉ですが、咬み合せのバランスをコンピューターで診断するといった治療もおこなってくれます。審美歯科医院は数多くありますが、西麻布デンタルクリニックはテレビにも取り上げられるなど、有名な審美歯科のひとつといえます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはその名の通り、自宅で行うホワイトニングのことです。方法はいくつかありますが、歯科医師の指導のもとで行うホームホワイトニングについて説明します。ホームホワイトニングの効果はなんといっても、自宅で歯のホワイトニングができること、歯が白くなると、笑顔が輝き、性格まであかるくなることもあるので、歯の白さって重要だということがわかります。また、歯が白くなると有名人のように皆から注目されたり女性にモテたり。いいこといっぱいですね。

ホームホワイトニングは歯科医師の指示のもとに行う治療法で、自宅で寝ている間に行なうことの出来る簡単な治療なのです。まず、自分の歯の形に合わせて薄くやわらかいマウスピースを作ります。次に、そのマウスピースにホワイトニングジェルを注入し、これを寝る前に歯(口)に装着します。つまり、寝ている間に薬剤を歯に作用させ歯を白くします。

ホームホワイトニングは通常2〜4週間程度治療することで歯の白さを実感できます。ただ、効果については個人差があり、薬剤との関係などから効果があまり見られない方や、副作用が出ることもないとはいえません。したがって、信頼できる歯科医に診断してもらってからホワイトニング治療を行うようにするのが望ましいです。

インプラント

インプラント治療は、フィクスチャー、アバットメント、上部構造の3つのパーツから構成されており、それぞれ互いにネジで連結されることでひとつとなっています。フィクスチャーはあごの骨と結合して歯根の役目を果たすチタン製の部品で、ネジのような形をしています。インプラント治療では、まずこのフィクスチャーを埋め込むことから治療がスタートします。歯間を切り開いて顎の骨にフィクスチャーを埋め込み歯間を縫合します。その状態で下顎なら3〜4ヶ月、上顎なら6〜7ヶ月待ち、骨とインプラントの部品が馴染むのを待つ必要があります。次に、しっかりと骨と結合したのを確認し、再び歯肉を切り開き、フィクスチャーに「アバットメント」をネジで固定します。アバットメントは上部構造を直接支える人工歯根の一部となります。最後に、歯の型をとって上部構造である「歯」になる部分を固定することで治療が終了します。

インプラント治療の際には、基本的にフィクスチャーを埋め込むときと、アバットメントを取り付けるときの2回の手術が必要となります。また、手術にかかる期間もはじめの検診から歯科医との面談等を含め、半年以上の長期治療となることも珍しくありません。

インプラント

インプラントの学術名で国際的にも広く認められているは「オッセオインテグレイテッド・インプラント」といわれるもので、「osseo」とは“骨の”、「integration」とは“結合”を意味します。あごの骨と金属を結合することで歯の根っこを再生させ、自分の歯を取り戻したような感覚を得ることができる治療法がインプラントの魅力です。

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込みますが、その金属を土台にして、天然の歯と同じような人工の歯を取り付けるとこまでやってインプラント治療が終了したといえます。インプラントは生体との親和性が高いチタンが多く使われています。チタンは臨床研究でインプラントの素材として最も安全であり、また顎の骨としっかり結合することが実証されており、インプラント治療ではチタンが使われています。