あいかわらずな毎日

B'z好き。LIVE好き。1988年にデビューしたB'zさん。2018年は30周年。輝き走り続ける2人に、気づきをもらい、元気をもらい、感謝でいっぱい。

どんどん格好よくなっていくB'zのお2人を観ているだけで、嬉しくなります。

開始から、祈るような気持ち。
稲葉さんの声は、かなり辛そうなガラつく声。

MCでは、私たちの心配を知って、
あえて安心させるような言葉。

そして、死ぬ気でやりますから!

そのあと、
本当に死にそうなほどは無理しないと。



ちゃんと、私たちの気持ちをわかった上で、
稲葉さん、松本さんの決意をきちんと伝えてくれた事が、
嬉しかった。


終わる頃には、
心配しすぎだったかな?と思うくらいの
魂のパフォーマンスを披露してくれました。


最後のMC
声が詰まりながらの ありがと。


こんなに落ち着かない気持ちのライブは
初めてだったけど、
忘れられない、最高のライブでした。


ありがとう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

東京から名古屋への新幹線の中です。



今朝、稲葉さんのおとといの状況を知り、
だいぶ 心配になり、動揺してしまいました。

ライブやって欲しいけど
絶対、無理しないで欲しい。

どんな決断でも、受け入れる。
ファンだって、あなた方の今までの姿を
ずっと見てきた訳で。

やるからには、
全力で声援し、ぶっちぎる。

稲葉さんの声が出ないときは、こちらから
気持ちを届けたい。

行ってきます!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

古き良きもの 時代遅れ 等々

恐竜と直訳される DINOSAUR は、こんな意味があるそうです。

今、 B'zさんがやり続けてきた、ハードロックと呼ばれるジャンルは流行らない様子。
そのことは何となく疎い私でも 少しは分かってる。

どんどん新しいモノが出てきて、
新しい歌手や新しいバンドが出てきて。
新しいバンド達は 彼らの目にも どれもカッコ良くみえるらしい。

そんな中で自分たちも変わりたい と思って苦しんだり、代償を払ってきたこともあった。
でも結果、どうやっても自分たちはB'zでしかない、ということを
受け入れて、見せてしまえるようになった・・・というようなことが話されていました。

ONE OK ROCK を聞いて、松本さんは
彼らのようなバンドが出てきたことを嬉しく思っている様子。
ヴォーカルが素晴らしい。ギターも素晴らしいと称賛し、
彼らのようなバンドは、B'zのようなバンドをまさに古くて時代遅れだと
感じているかもしれない、と。
そして自分たちが一番だと思えるようなバンドを嬉しく思っているんだと思う。

でも、やり続けてきた自分たちには、
キャリア経験において 自信があるし、未だ同じ舞台でヤレある自信がある、とおっしゃってくれた。

ハードロックや、ギターソロが流行らない時代になっちゃったけど、
ギターソロが無いB'zの曲って、自分たちじゃないから。続ける。
そして、ライブでやる事、その反応、これが自信に繋がっている。
ギターソロをやれば、ちゃんと聞き入っているわけで、
時代遅れと言われようが、開き直れる。
ただ、同じところに留まるとは少しチガウニュアンス。
軸は変わらない。
けど、色々挑戦していきたいし、貪欲に音楽に取り組む。

10年前には出来なかったけど、
時間が経ち、開き直る事が出来るようになった。


また、安室ちゃんの引退にも触れる。
寂しさ。同じ時代を背負ってきた音楽人として、去っていく寂しさでしょうか。
引き際去り際の美学がある。
キャリアにおいて最高の美しいパフォーマンスが出来る今、凄いなと思う。
自分には出来ない。男性と女性でそこは違いがあるのかも。

自分たちはボロボロになるまでやりたい、と。嬉しすぎる。
声が出せるうちは、ストーンズみたいにやりたいと。


会報までは行かないけど。
中々な長めのインタビューです。

上手くまとめられないけど、
読んでいて泣きそうになる。

大好きなB'zさんが、より大好きになる。
そして、DINOSAURを早く口ずさめるくらい聴きこみたくなった。

人柄が透けてみえるインタビュー。
歌や曲やパフォーマンスから伺える姿勢等々、細かいことも
ファンたちは見つめている、見守っている、見逃さない。
そうやって実際には話したことが無い お二人だけど、
とても近い存在に感じて、応援し続ける。応援というか、
逆に応援され続けている感じ。生きる力を ありがとう。


音楽と人 2018年1月号



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こちらでございます。

B'zオフィシャル

ハンドタオル買う。

Tシャツ パープルのデザインが好き。

パープルじゃなく、黒地なら買いたい。

Tシャツ オリーヴも可愛いね。

DINOSAUR のロゴ的なヤツが、色がピンクや黄色だから、アクセントになって可愛くみえる。

文字自体は殴り書きしたみたいに、ペンキ垂れてきたじゃん、って感じだけど。

全体的には ハードロック色ガンガン出してるんだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こーいうニュースを挟み込んでみる。

いいねー。

なんか一番いいよねー。

【オリコン】B’z、通算28作目のアルバム首位 歴代1位記録を更新


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

B'zさん出演。録画だった。

生放送だったら、体調大丈夫かい?と心配しているところでした。


12/5 ZEPP 東京
  個人的にこのLIVE情報は全く知らなかったので、えードームツアーのShowcaseでは!?と。
  一人で右往左往して、結果、セブンのプレミアムLIVEだと知り、納得。情報知らんわけです。

12/6 FNSテレビ出演

12/7 大阪
  こちらもセブンのプレミアムLIVEと判明。


イチブトゼンブ
Still Alive

この2曲を披露。
衣装 着替える。2人ともよかったね。

録画だったので、安心して見れました。
Still Aliveの出だしのところ、稲葉さんのアップ、
カメラのピントが中々合わなくて イラッとした(笑)


録画出演は安心して見れるけど、B'zさんの迫力あるライヴ感が曲から伝わるには、
やはり観客ありがよろしいです。
もちろん観客はビーパで募集してください。そして別室でお願いしたいです。
ジャニファンが最前列ですと、色々お互いのためにならないため。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

出演!もうだいぶ前のこと。

アルバム発売前日 11月28日だったと思う。

Still Alive

元気そうな御姿で安心です。

嵐 の 桜井くんにインタビューされ、ハニカむ50オーバーの二人。

30年、長続きの秘訣。

何も変わったことはしない、そんな二人が大好きだ。




新年のキムタクドラマでサプライズされたこの曲。

今さら 。・・

だけど 改めて聞くと いい曲。

ライブに向いてる。

そうだね。

完全なアウェーな会場で生演奏!ありがとーよーB'zさん。
さすがな御姿を見せつけられたか!?
あの姿勢を見せつけられて、
少しでも ん?と
引っかかってくれたファンじゃない人がいたら嬉しい。

そう、そうやって30年変わらず、変わりながら、続けてきた
バンドさん B'zさんです!とファンの一人として胸を張りたい気持ちになる。

でもちょっと弱気になったりもして、
ジャニファンのみなさまの手拍子が、丁寧でありがたいに違いないが、
けど、けど、、、、
あの稲葉さんの煽りまくりの御姿。
少しばかり切なさも ヨコギル。
けど、一切 怯む様子なんてなかった。

完全アウェーな会場に 挑戦的なあの煽り具合に、惚れる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

B’zパーティーで、
2次抽選受付していますよー。

チケ確保出来ていない方は、
お忘れなくチェックしてください。
確保している人もオーケーなのかな?
ご確認ください。


あと、楽曲アンケートやってます。
ライブで演奏して欲しい曲を3曲まで
エントリー出来ます。

レアな曲に投票お願いします!
自分ではなかなか思い出せない曲とかを
聞きたいです。


カレンダー、申し込み忘れたーーあー
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

B’zさん、29周年!

おめでとう〜

ありがとう〜



わーーー


アルバム DINOSAUR 発売 and
ツアータイトル、決定!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

おはようございます

ついに!!
あと15時間35分くらいですよ

B’zさんオフィのTOP


ブログ記事で、
ヒストリー動画のアップ、待ち合わなかったけど
後日、あげよう




9月21日よ


待ち遠しい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

昨夜のウルトラフェス!

元気が出るウルトラソング100
ウルトラソング というたび、
ウルトラソウル にしか聞こえなかった

B’zさん、最後から二番目登場でしたね。

松本さんは、定番のタモさんとサングラスお仲間。
稲葉さん、ON/OFFのギャップがありすぎ。
声小さっ。

なんかスタジオの柱が、
なんで!?ってところに配置されてて、
微妙な形のステージだったけど。。。


ステージに上がると、B’zさんスイッチ入ってた!

ノリノリで
格好良かったし、盛り上がったね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

DIVE


TIME files


Mayday!


イチブトゼンブ


ラリーカールトン&TAK


グラミー グラミー グラミー賞受賞の人たち。


Okay

この手をとって走り出して


ソロ活動


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

イチブトゼンブ

当時 キャッチーなメロディで、
代表曲になりました。


DIVE!


これも大好き。

SHOW CACE

好きなんだから しょうがない


ヴァンパイヤ

サマソニ


MY LONLY TOWN


MAGIC


PRAY

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

BURN 不滅のフェイス

ULTA Pleasure


ACTIONツアー


開演前のパフォーマンスが

黒い青春

満月よ照らせ

愛まま


ULTRA Treasure


いつかまたここで

この曲。。。涙出てくる


オープニング!

バッコミ!!

やばい!ライヴDVD見たい。


グローリーデイズ


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

永遠の翼

神木くんPV

ロンリースターズ

北斗の拳

FRICTION


SUPER LOVE SONG


この曲はあまりライブでの披露が無いけれど、結構好きな曲です。
歌詞も含めて。


この年は 記念の年になりましたね〜。

お二人の英語でのスピーチ
あんなに長くぺらぺら〜な英語聞いたのは初めてでした。

ハリウッド ロックウォーク!


ACTION 発売!


純情ACTION

マイナス掛け合わして

パーフェクトライフ

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

衝動

コナン お正月SP

ゆるぎないものひとつ

splash


MONSTER の CM

貴重!レアレアレア

MONSTER

ALL OUT ATACK

恋のサマーセッション

ピエロ


MVP


明日また陽が昇るなら

この曲もライヴ終わりって感じがして、涙でそうな曲だ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

愛のバクダン

THE CIRCLE

黒い青春


Feaver

BLACK AND WHITE


味わいつくせよ


juice

回転ステージ

サークル


マネキン


このステージ やってる本人達 大変そうだった。

OCEAN


Pleasure 


※※
この頃 ブログを始める。
ついこの間くらいな感覚。もうダイブ大人になってましたから、12年前がこの間になってしまった(笑)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

BANZAI のPV
まちゃまちゃ 出てた。


(動画は続きに貼り付けてます)

TMG

そうだ、TMGだーーソロの年だったね。

KI

Peace Of Mind

ワンダーランド

正面衝突


TAK 都響

遠くまで

ソロライブ


ARIGATO

森山未来

ウォーターボーイズで好きになった俳優。

青春ぽい。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この年は、前年からずーっとずーっとメディア情報を待って待って待って、
シングル発売!ってなった気がします。

IT'S SHOWTIME

ジャケシャのモザイク

野生のenergy

PV スーツにメガネが・・・ツボ。


渚園です!15周年 typhoon

カッパ達でびっしりの渚園。


アラクレ

RUN

わかーい。ついこの間な気もするけど、
若い。



直後だったかな?
BIG MACHINE 発売


儚いダイヤモンド

I'm in LOVE

CHENGE THE FUTURE

WAKE UP RIGHT NOW


冬にドームツアー
ULTRA SOUL

アラクレ

バイクのアクロバット

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017.09.21に向けてオフィシャルでHISTORY映像がほぼ毎日アップされていまして、なんか観てると楽しくて、曲名も思い出せない、ファン歴20数年の悲しさ・・・自分でも悲しいくらい笑える。
んだので、ブログにアップして行こうと安易な気持ちで始めてしまうが、やっぱり更新が追い付かない。恐らく あと10日、毎日更新されると思われ、自分は毎日アップなんて出来ないに違いない、と今から諦め気味。

・・・さて そんな中、The 7th Bluesに収録されているステキソングに出会いました。

唐突に失礼します。
紹介しなくたって、知ってるっ!?そりゃそうだ。
昨今の言葉で表現すると ネ申 曲 だな、この曲。(あっ古い?字面が神田と誤認しそう)


MY SAD LOVE


女々しソングとも感じるけど、聞くと可愛すぎる。これが素の稲葉さんだったのではないかと期待してしまう。イヤこんな切ない男の子、止めてーとも思うけど。B'zさんの当時の魅力が全て詰め込まれたような一曲。

ライヴでノリノリ。一体になって盛り上がれる、ポップでキャッチーなメロディ。
このメロディに、ちょいセクシーな声と悲しい歌詞が乗っかる。
時代的にそうだったのかも知れないけど、
元彼を忘れられない彼女の事を決して責めたりしない、優しい俺(ワタシ的には男の子)が見えてくる。


家出少女のようにみえる君 ・・・ 俺の傍らにいるのに遠い目でもされたのか!?
そして俺を抱いて
(彼女の)ハンパな優しさに苦しくなってくる
何で俺を選んだの?って。

いい迷惑だぜと思いながらも、
ヤツ(元彼)の方がかっちょいいんじゃないの?と本音では思いながら
知りたい気持ち 突っ張る気持ち、自分のブレブレな
ゆらゆらな気持ちにイライラする。
でも 決して彼女を責めはしない。

結局 君に惚れてるゆるぎない事実が俺の弱みなのよ・・(と自己分析完了)

的はずれな恋。いや、そうでもないと思う。彼女と俺は、上手くいかなかったとしても。
彼女にとっては 俺の存在が必要な ひとときに違いないと思う。
胸の真ん中だけ狙え。
それが出来ない俺のことをかっちょいいと思う人が
きっと現れるよ、と声をかけたくなるくらい可愛い。



こんな赤裸々な心情を歌ってくれる。
景色が浮かんでくるような歌詞。
とても切ない俺の気持ちを乗っけていく 明るいポップなメロディのギャップ。
この心地よさが、まさに ザ・ B'zさんだなーと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


名曲 熱き鼓動の果て
PV ピンクシャツに茶髪。
結果何でも似合う。





GREEN


PVやCM が遊び心でいっぱい。
TAKの英語力。

ガソリン=GREEN。

本人出演のCMは保存版でした!!


STAY GREEN
無礼講なLOVE

Blue Sunshine

美しき世界

きみに出会えた〜
Everlasting

GO FIGHT WIN

ステージ演出でファンたち登場!
Warp
時間も距離もあっという間に


STAY GREEN

SURFIN'3000GTR

日比谷野外
そういえばあったなーとうっすら記憶。
行けなくてなんかストレスがたまってた感がありました。
ウィキペディアで調べたところ、California Rollから
戻ってきた流れで日比谷野外音楽堂でやった。
野外だから、会場外にもかなりの観客が集まった。

この頃、ライヴへの参加欲求が止まらず、
何処へでも幾らでも行きたい病みたいになってました。
日常をちゃんと生きて何ぼなのに、ダメダメな若者でした。



THE Ballads

いつかのメリークリスマス


色々調べると、未発表曲 Logic この年でした。
結局聞いたことないじゃん!?あるのか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

誰もが知っている ULTRA SOUL
まだまだ冬な3月に撮られた、真夏の曲のPV

そして、7月真夏の西武ドーム。熱中症ヤバかったでしょ。
あの蒸暑さ、非常事態。
開場前に雨降ったなー。




SEVENTH HEAVEN

スイマーよ!!

トラックからの空き缶ド派手演出。


Pleasure イントロ

台湾ライヴへ。

この辺どんな評価だったのか、記憶があいまい。

現地の言葉を使ってるね。


GOLD

タイアップが連続してて、嬉しい日々。

テレビ出演とかもチョイチョイあったのかなー!?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

引続き 髭セクシーな稲葉さん。
千葉マリンのライヴ中の雷雨で、セトリ変更。
あのライヴが、B'zさんの野外要注意を決定付けた。






今夜月の見える丘に サビ PV

Mixture

YOU&I

MAY

Juice

Pleasure 千葉マリン

RING

ELEVEN

SEVENTH HEAVEN

ロックロック

PVはちょっと御茶目なふたり


Raging River

TOKYO DEVIL

コブシヲニギレ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ワタシ、B'z LIVE-GYMデビューの年です。
横国のライヴ、あの衝撃は忘れられない。




ギリギリChop
これ誰か有名な人に撮ってもらったPVでしたかね?

F E A R

Brotherhood

どれもこれも
想いがあふれる。

夢のような日々

SKIN

ONE

ながい愛


黒統一
髭稲葉さん。
髪型とかの無造作な感じとか。ツボ。

Show case的なヤツだった気がします。
ライブ意欲が すごくて、
横浜FINALの後にやったんじゃなかっただろうか・・・。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

上京2年目の年。B'zさんから離れていた頃だったと思う。
自分の事で精いっぱいでした。






さまよえる蒼い弾丸

DEEP KISS ライブ映像

Lair Lair

Calling

HOME

Wild Wind
このPVもまたセクシー。
ビジュアル的にど真ん中です。


Pleasure

Treasure

まさにお祭りなイチネンでした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お二人とも、セクシーさアップな頃。
曲名が全然出てこない〜。
明日はSURVIVEの日にします!




Fire ball




GIVE ME YOUR LOVE


CALLING
雨、雨、雨のイメージ定着

Lair Lair

SURVIVE

僕には僕の夢がある
DEEP KISS

そばにいて欲しい ・・・ ハピネス

DO ME

だったらあげちゃえよ

Shower

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

稲葉さんロン毛からの卒業。短髪PV。新鮮です。


ミエナイチカラ

PV カーチェース

B'z Spirit LOOSE

ライブのオープニング映像

あれは、15周年の渚園で観たやつ。雨に降られて寒さで震えながら観てたヤツ。

Real Thing Shakes


MOVE

SNOW

傷心

弱さを曝け出してしまう 

フレンズ2 この類のミニアルバム。あれから無い。貴重なアルバム。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

Mステ!

ウルトラフェス!!!


やっほい!
待ってたよ。テレビ出演。
生だよね??!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

見たことない人には、LOVE PHANTOM 稲葉さんダイブは見てほしい!!

1995年はシングルラッシュなイメージ。
貧乏学生にはちょっとツライ時期であったな〜
売れてる曲はレンタルCDして、MDにダビングするんだけど、
B'zさんのは、買う!と決めて、頑張って買ってた。




ねがい

YBP

憧れてた〜〜

カラオケでは必ず水辺を蹴り上げるマネしたでしょ!?


love me Ilove you


Browin

このテンガロンも売れただろう


LOVE PHANTOM


そうだ!
Xファイルが始まった年だ!
モルダーとスカリー!
これこそ、ハマったでしょ。


そして、BUZZ の稲葉さんのダイブ!
"BUZZ!!" THE MOVIE VHSで見過ぎて、
本当にテープが伸びてた。そのくらいハマって、
絶対に自分でお金稼げるようになったら、ライブに行きたい!
と強く思った記憶があります。


消えない虹

バッコミ 000-18

BIG

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この頃、たぶんB'zさんから一番離れていた時期かもしれない。

ライブ映像とか、ロン毛祭りです。
みんながロン毛だったのか。
当時、めっちゃ流行ってたよね。
でも、似合うのは、キムタクか、稲葉さんくらいでした。



Don't Leave Me

PVより


LOVE IS DEAD


MY SAD LOVE


赤い河

FIND ME NOW 宇宙の果ての惑星で悩むボクを


farewell song


ライブ 9th bluesより


おでかけしましょ


MOTEL



この頃は、ホント聞いてなくて、
学生で環境が変わったばかりなこともあり、少し余裕がなかったのかも。
個人的には謎な時代。
黒歴史的な扱いをされたりもするけれど、振り返ると、
イメチェンが激しかったことで、ファンを置き去りにしちゃった感があったのかもと思います。

わが道をゆく!という若さゆえの勢いをものすごく感じる。
7Thのタイトルが、酔ったときの思いつきという書き込みあり。
今じゃ そんな事いいませんけど。

イイと思う。

今思うのは、若者とは そういう存在であると思う。

この時代の象徴だったのではないかと。


Sweet Lil' Devil とか聴きかえしてて、
格好良すぎるし。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ