こんにちは
昨日、最後の常任委員会を終え、
部長としての役目が終わりました。

約1年半、青年部活動や公私共にいろいろありましたが、
自分の人生にとって刺激的な1年半になったと思います。

仕事面では、12年目を向かえ事業規模も拡大を目指し、
売上げも伸びていて事務所も狭くなったので移転を予定するくらいに順調でした。
部長職をしながら、仕事をこなしていくのは時間を作るのと気力を保つのに苦労しましたが、
第一ブロックの部長さん達と交流しながら、刺激をもらって頑張ろうという気持ちになりました。

プライベートでは、みのる酒店のマンションには、約10年間お世話になりましたが、
新居に引越しをして、新しい環境のなかで充実した時間を送れるようになりました。

青年部活動では、なかなか思い通りにはいかないことを痛感し、
自分の力の無さを思い知りました。
いろいろ反省するところもありますが、自分の中では多くのことを勉強させて頂きました。
その中でも大勢の人前で話す機会が、あまり自分の仕事では無いので、
41歳になって緊張をさせてもらえる経験をさせていただいたのは、
いつか自分の人生の中で役に立つ日がくると思います。

各委員会には年間スケジュールにある事業を実行していただき、
いろいろ委員長やメンバーには苦労もあったと思いますが、
負荷がかからない人生よりは、終えてみれば思い出に残る1年になったのではと思います。

青年部の部長という役目を終えて実感しているのは
必ずこの経験が今後の人生の約に立つと確信しています。

最後に、約1年半青年部の運営に携わっていただいた皆さんに深く感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。

こんにちは

今日はいきなり暖かいですね

今年もあっというまに3月になりました。
賀詞交歓会や新年会から始まり、県外研修で山梨を満喫して
部員交流ではカレーを皆でつくったり、
県青連のフットサルでは、皆が真剣に試合に臨みました。
2月例会では、株式について青年部員から学び、今日はラス前の常任委員会です。
次年度も立ち上がり、29年度と30年度が交じり合い
年度末の仕事でもいろいろ時間を割かなくてはいけない時期になってます。

忙しいって言葉を言いたくなるときですが、あまり好きな言葉ではありません。
心が亡くなるって口にすると本当に亡くなる気がします。
でも、つい言っちゃうんですよね。
じゃあ他になんていおうかな。大変っていおうかな。
まぁ聞かれたらぼちぼちですな。って答えるくらいかな。

29年度もそろそろ終わりますが、熱く語り合おうっていうスローガンでやってきました。
自分は、部員との交流が一番青年部に入って大切なことだと思っています。
実際、仕事面でも部員の方々にアドバイスを頂いたりすることで、考え方が変わりました。

まず自分に目標ができました。
埼玉県で一番のシステム開発会社になるのが、当面の目標です。

アドバイスをもらう前までは、何かコンテンツを作ってドカンと儲けてやろう、
今はまだ思いつかないだけだから、ちょっとした仕事で食べていければいいやと思っていました。

ですが、アドバイスを受け現実的な目標を立てることで仕事の仕方が変わりました。
まずは、売上げを上げよう!と考えました。
どうしたら売上げが上がるんだろう。
どうやってお客さんを見つけてくればいいんだろう。
どんなお客さんをターゲットにすればいいんだろう。
いろいろ考えましたが、今は徐々にですが、目標に近づいていると思います。

地元志木で事業をされている部員の皆さんの商売が上手く回っていけば、
おのずと志木の町も元気になってくると思います。

せっかく青年部に入っていろいろな業種の方と交流がもてるのだから、
熱く語り合って腹を割って話して、自分自身の事業に少しでも活かしていただきたいと思います。

さて、ダイエット報告ですが、当初86キロあった体重も今では
93キロまでパワーアップしてしまいました。
プロレスラーでも目指してやろうかと思うくらいの体系ですな。
ま、ぼちぼち頑張りマッスル!

こんばんは

あっという間に、秋が終わって明日は冬至ですね

今月の3日に、CWI委員会が担当いたしました
志木市民まつりが行われました。
委員会で市民まつりを担当してもらったのですが、
グルメ王決定選を企画したとしても市内の飲食店の方々にメニューを
作ってもらって参加していただくのは大変だったと思います。
クオリティの高いメニューが勢ぞろいしていて、本当にすごいなと思いました。
出店してくださった方々に厚く御礼申し上げます。

さて、臨時総会も無事に終わり青年部規約も改定されました。
そして次年度第31代部長が決まりましたね。
次年度にいい形で襷を渡したいと思います。

前回の臨時総会から一年間あっという間でした。
いろいろ今年もありましたが、終わりが近づいてくると
何が自分にとってこの一年で成長できたのか、いろいろ考えます。

なかなか物事は、仕事やプライベートも含めて思い通りにはいきませんが、
来年、部長の任期がおわるまで全力で青年部活動に
取り組み有終の美を飾りたいと思います。

こんばんは

あっという間に夏が終わって秋の期間が短く感じて、
木枯らし1号が吹いたら、冬に入ったなぁって思います。

最近、引越しをして本を整理してたら、アドラーって心理学の
本があったので、今読み返しています。
僕は無宗教なので、あまり神様関係は信じていませんが、
神社には結構いきます。
人間寂しいときとか追い詰められると神頼みしたくなっちゃいますよね
哲学は、人生に起こった出来事を論理的に解決してくれそうな言葉をくれます。
まぁだいたいお酒飲んだら一発で忘れちゃうんですけどね。。。

最近は仕事で新しい事業に取り組もうとしています。
新しいことを始めるときは、いろいろ調べたり
お金がかかったりして大変ですが、
自分で道を切り開いていくのは楽しいですよね。

もう11月になります。ゴルフ部のコンペ楽しみですね!

さて、そろそろ飲みに行く時間なので、今日はここら辺で、、、
ダイエットの方は・・・・・まぁ食欲の秋だから考えんのはやめときましょう!!

部長日記がなかなか書けてませんでしたが、
ちょくちょく書いてきます

あっという間に夏が終わりに近づいてきて、
太ってしまった僕には嬉しい秋になりつつありますね。

どろんこ事業が無事開催され、つぎはプランDF委員会による
9月例会が今月開催されます。
オープン例会なので、なるべく多くの人に集まってもらえればと思います。

ダイエットをサボっている僕の体重は見事にリバウンドして
85キロにもどってしまいました

まあ、だってご飯美味しいんだもん、しょうがないですよね。
最近、デブって呼ばれる回数が増えてきたので、
ほんとどうにかしないとです。。。

次年度に向けて、選挙管理委員会も発足しました。
部長のお役目も、あと半年ですが、
気を引き締めなおして、全うしたいと思います。

さて、今日も飲み会!楽しむぞ〜!!

今日川越では33度の気温をマークしたそうです。
汗っかきな僕には大変な時期になってきました。

先週土曜日にOBの先輩方を含めたフットサルを行いました。
たぶん23,4人くらい集まってたんじゃないかなぁと思います。
運動して汗を流すのは気持ちがいいもんですね。

そして明日21日は、野球大会に向けた練習が行われます。
三上総監督のもと、チーム一丸となって野球を楽しみたいと思います。

それと今週日曜日には、第一ブロック主張大会が開催されます。
工藤選手は、頑張って練習しております。
多くのメンバーで応援をしに行きましょう!!

それと、僕のダイエットですが、
前回85.6キロでしたが、約3キロ減量の
82.8キロまで減らしました!!
目標まであと7.8キロ!!
2ヶ月後には達成したいなぁ
とりあえずは、こんな感じで失礼します。

こんにちは

平成29年度志木市商工会青年部第30代部長を務めさせていただきます。
植木 新吾です。

部長日記を書こう書こうと思い続けて、やっと今日初投稿となってしまいました!!
あまりみられてないようで、何気にみられている部長日記、、、
いろいろな方から早く書けよと、ご指摘をいただきました。

そして、もうおつかれちゃんですが、
神山前年度部長お疲れ様でした!!っていう打ち上げも今月やりまして、
気持ちは完全に29年度になったかと思います。

今年度は「熱く語り合おう!!」をテーマに青年部活動を行って参ります!
なぜ今さら熱く語り合おう!!なのか、
何について熱く語り合おう!!なのか、
テーマはなんだっていいと思っています。
志木の街で、いろいろな考え方の事業主や従業員の方の話を聞いたり、
話したりすることで、影響を受けて自分は変わってきた経験があるからです。
青年部は特に部員同しの様々な仕事上での経験を話し合って分かち合えることが、
一番勉強になると思っています。
そして、みんなでいろいろな場面を共有することが思い出となり
大きな絆となっていくんだと思います。
青年部の仲間が志木市にはたくさんいます。
この地域に住んでる人にはとても心強いことだと思います。

これから一年間、ん、ちょっと総会とか過ぎちゃったから
まぁでも一年間頑張って参りますので、
先輩方にはご指導ご鞭撻を受け賜りますようお願い申し上げまして、
部長の挨拶とさせていただきますって、部長挨拶緊張したなぁ

みなさまよろしくお願いいたします。

あと、ダイエットを本気でしようと思ってます!!
ただいまの体重は、85.6キロです。
なんとか75キロくらいまで落としますので、
毎回投稿時に体重をひっそりのっけっていきたいと思います。
達成できたらご褒美だれかください。
では、みなさま良い休日をお過ごしください。

本日は3月31日。
部長としての任期があと数時間となりました。

去年の今ごろも慌しく通常総会の準備に追われていた気がします。
今も収支決算やら事業報告やらで追われています。

思い返せばこの1年ずっと何かに追われていました。
まぁ、切羽詰らないと動かない性質なので、良かったのかもしれませんが。


今年度は「個の力の向上」をスローガンに掲げました。
組織は人の集まり。一人ひとりが今日より明日、明日より明後日と常に向上する意識を持って
活動することによって、組織自体もより良いものになっていく。そんな願いを込めて。
部員の皆さまにとって、有意義な1年となったのか。
はたまた、空虚な時間を取らせてしまったのか。
これからも自問自答が続くことでしょう。


青年部活動ってなんだろうね?って3月例会で佐藤委員長も言ってたけど。
答えは部員の数だけあるんじゃないかな。
そして時期によって、経験によって変わってくるものだと思う。
私自身、1年前は「学びの場」と考えていました。自分自身を成長させる場。
それは今も変わってないけど、それだけじゃないと思うようになったのも事実。
地域振興も大事だし、仲間作りも大事だ。

「やったからこそ見えてくる!」
見えてきたからこそ、次に繋がる。

輝く次年度へ。



そして、みんなありがとう!!

先日行われましたスタッフ担当3月例会「成長の証~新たなるスタートへ~」にご協力いただきました
皆さまへ改めて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

冒頭の部長挨拶で緊張して上手く言葉が出ず、やや重苦しい雰囲気を作ってしまったことは
大変申し訳なく、反省しております。
結局最後まで上手く挨拶することが出来なかったな。


それでも当日ステージに上がった各委員長・室長・卒業部員の皆さまのスピーチはそれぞれ想いがこもっていました。
平光部員拡大室長、今年度の新入部員は将来有望な人が多かったですね。室長としての信念が
表れた結果だったのではないでしょうか。

吉田web管理室長、少数ではありましたが力を合わせて1年間を全うしていただきました。予算的に
厳しい中でも継続できるやり方を示していただいた1年になりましたね。県の広報活動部門優秀賞は
web管理室のおかげです。

よし!いくぞー委員会・柴崎委員長、最後の最後まで「もっと良くしていこう、面白くしていこう」という
気持ちに満ち溢れた委員会でしたね。メンバーが協力してくれるのも委員長の人柄のせいでしょう。
広報誌・3月例会ともに細部まで工夫を凝らした素晴らしいものでした。

STI委員会・佐藤委員長、かわら版は自分のためのものでもあったのね。手の掛かる子どもみたいに
駄々をこねながら委員長を引き受けてくれましたが、1年間やってみて、青年部活動って何?という
答えを再確認したのでしょうね。何だかんだ言っても実はあまり心配していませんでした。多分やってくれる
だろうと。2月例会は少ない予算の中で委員会メンバーが協力して、良い事業となりましたね。

自分の為の委員会・井坂委員長、7月例会で学んだことを県外研修で実践させるという2つの事業を
関連付けて学ぶ機会を作っていただいたこと、嬉しく思います。井坂委員長が意外に頑固だったのは
新たな発見でした。そして委員長をやって良かったと言ってもらえたことは何よりも嬉しい言葉でしたよ。


そして、卒業を迎えた山本さん、中里さん、今まで本当にお疲れさまでした。
(近江さん、残念ながら例会への出席は叶いませんでしたが、お疲れさまでした)
山本さん、色々ありましたが青年部をやって良かったと言ってもらえたことが嬉しかったです。
中里さん、14年間の想いを語るには時間が短すぎたようですね。・・・長いよ!
でも感謝してもしきれません。青年部一のおせっかいが居なくなるのは寂しい限りです。


最後の事業が終わり、今年度もひとまず区切りを迎えます。
まだ終わる感じが全然しないけどね。

今年度の終わりは次年度の始まり。
植木新部長の掲げる「熱く語り合おう!!」というスローガンのもと、第一歩を踏みしめよう。

昨日はよし!いくぞー委員会担当によります
3月例会「アルティメット説得力バトル〜仲間から学ぼう〜」
が開催されました。

事前に出題された5つのお題に対して、それぞれ賛成・反対の意見を考えてこいという
委員会からの指令に各々差はあれ、みんなデータを調べたり考えをまとめてきたことが
見て取れて嬉しかったです。

圧巻だったのは小池くん。A4用紙一杯に賛成・反対の意見を埋めてきたのは恐れ入りました。
そして中田くん。本領発揮ともいえる理路整然とした答弁は法廷での姿を連想させてくれました。
河野くんはさすがに慣れているのか聴衆に対してのアピールが上手い。
MVPの匠くん。素直でまっすぐな意見だった印象が残りました。

得意・不得意は人それぞれですが、みんながそれぞれの立場で答弁する姿は新鮮でしたね。


私は「商工会青年部は必要だ!」というお題の反対派としてディベートに参加。
「青年部は必要ありません!」と答弁しましたが、もやもや感がすごく残りましたよ。
現役部長と次年度部長にこれを言わせるのは悪意があるとしか思えません。(笑)

ディベートは初体験でしたが、初めての人でも参加できるように委員会がルールを工夫してくれた
おかげで多くのメンバーが楽しむことが出来たのではないかと思います。

ディベートだけではなく、ルール説明や映像など、委員会で工夫を凝らし、参加するメンバーを
飽きさせなかった設えは相当の準備が必要だったと思います。

柴崎委員長、良い仲間に支えられましたね。
きっと一生の思い出に残ると思います。

よし!いくぞー委員会の皆さま、本当にありがとうございました。



2次会での姿。充実感に溢れているように見えるのは私だけでしょうか?
IMG_0282

今日は志木市商工会青年部OB会新年会に植木次年度部長と一緒に参加させていただきました。
宮田OB会長をはじめ清水商工会長、OB会の皆さま、大変お世話になりました。
それにしてもOBの皆さまの熱いこと。衰え知らずというのはこういう事なのでしょうね。

部長の職を預かり、最近になってようやく実感を伴って理解し始めました。
「今我々現役部員が活動できるのは、先輩達のおかげなんだ」という事に。
44年の間、その時々の時代を築いてきていただき、絶えることなくバトンを繋ぎ続けてくれたから
こそ、今こうして青年部活動に取り組むことが出来る。
当たり前のようで、実は大変な事なんだと思う。
だからこそ我々現役部員は歴史を知り、現状を把握し、未来を語る必要があるのではないかと感じました。
10年後、20年後にバトンを繋ぐために。
その為に自分が出来ること。
少し見えた気がします。

楽しい時間をありがとうございました
IMG_0260



本日は県青連主催のリーダー会議・指導者育成講習会・広報コンクール表彰式へ出席してきました。
フェイスブックにも載せましたが、志木市商工会青年部は広報活動部門にて優秀賞をいただきました。
広報誌やホームページ、Facebook等のwebを使った広報全体の活動を評価頂いた結果です。

講評では27年度の「まいど!!青年部です。」(地域リーダー育成委員会・河野芳徳委員長)の
時系列の紙面の見やすさ
28年度かわら版(STI委員会・佐藤達也委員長)の部員紹介に特化した手法
28年度「まいど!!青年部です。どろんこ特別号」(よし!いくぞー委員会・柴崎義則委員長)の
どろんこを知らない人にも興味を持ってもらえるような紙面づくり等
それぞれの広報誌でクオリティが高いと好評価をいただきました。

そしてHP・Facebook等のwebを使用した広報活動では、例会や対外事業を行ってすぐに
発信していたタイムリーさや、更新の頻度等が評価された点でした。

今後の課題としては、内部発信の頻度や活動内容の発信にはまだ改善の余地があるのでは
ないかという事と、もっとメディアへ発信してうまく広報活動を展開して欲しいとのことでした。

可能性はあると思う。取りに行こうぜ最優秀賞!


そして同時に行われた講習会。
全国商工会青年部連合会相談役 宮本博史先輩からは商売人として、経営者・後継者として
事業をしっかりと経営して基盤を作る事。数字で表す事。なぜその事業をやるのか言葉で説明
する事。多くの学びをいただきました。
また、参議院議員 宮本周司先輩からは過去20年から現在までの消費動向、購買意欲、求める
価値の変化等をご講演いただきました。

お二人の講演に共通していたのは、変化に対応すること。
変えてはいけない部分と変えなければいけない部分を見つめ直し、なぜ変えてはいけないのか、
なぜ変えなければいけないのか。根底を見つめ直すことが前に踏み出すための一歩であるという
事だったように思います。事業所においても青年部においても。

偉大な先輩たちの考えに触れ、大きな刺激を受けた一日となりました。

BlogPaint

青年部員の絶対的な共通項は皆それぞれの仕事をしている事。と言えますよね。
では質問です。
「あなたはなぜその商品(サービス)を売っているのですか?」


これは2月14日(火)に行われた若手後継者育成セミナーにて、講師の島村信仁先生が
講演中に投げ掛けた言葉です。
“「買って」もらう技術”と題して講演いただきましたが、島村先生からは「必ず買ってもらえるような
技術はありません。そんな技術があったら皆やってます。」との事。(そりゃそうだ)
買ってもらう可能性を高めるための技術的なことは、具体的な事例を上げていくつか
ご紹介いただきましたが、技術というよりは「心」が大事
島村先生の信条はここにありました。

「心が技術を超えない限り、その技術は活かされない」
その通りだと思います。


さて、冒頭の問いの私自身の答えは
「伸銅業界、ひいては日本の工業界が円滑に回るために、弊社の商品(サービス)を
必要とする人がいるから」
答えになっているのか分かりませんが、ぱっと思い浮かんだことです。

自社の価値を見出し、求める人(お客様)に満足していただく。
そのためには少しの損は目を瞑る。三方一両損の精神だと。
商売人としての本道に触れさせていただいた一日でした。


先生からのお勧めの書
「魂の商人 石田梅岩が語ったこと」
みやかわ書店にて絶賛取扱い中です

遅ればせながら、2月11日(土)にマルイファミリー志木店前広場にて行われた
マカロンスイートハート〜志木を楽しくいい街に〜に多くのご協力を
いただきましたこと改めて御礼申し上げます。

多くの市民の皆さまに描いていただいた小さなマカロンは、愛や夢や希望に溢れていましたね。
マカロンで埋め尽くされた大きなハートは志木の魅力が沢山詰まっています。
志木市民会館パルシティに展示してありますので、是非足をお運びいただければと思います。



事業計画の段階で、高野副部長より進捗状況を聞いていましたが、当初は少し不安でした。
委員長の想いが先行し過ぎているのではないか?と。
委員長自身が悩んでいる姿も見えたしね。
それでも時を経るにしたがい、周りにいる副委員長、常任委員、委員会メンバーが委員長を支え
皆の力が合わさり無事当日を迎え、多くの市民の方に参加いただけたことは、想いを形に出来た
のではないでしょうか。

「住んでいる街から住みたい街へ」
この街が今よりも“いい街”になるように、私たち青年部が出来ること。
まだまだあるんじゃないかな。やり方なんていくらでもある。
やるかやらないかだけ。
そんな気にさせられました。

40周年記念事業のときもそうだったけど、達也には影響されっぱなしだよ。

佐藤委員長率いますSTI委員会の皆さま、大変お疲れさまでした。
そしてありがとう


IMG_0230

こんばんは。
今週も色々ありましたが、何とか乗り切りました・・・ってまだ明日がありますからね。
そう、明日はSTI委員会担当によります、マカロンスイートハート〜志木を楽しくいい街に〜が
開催されます。

廃棄されるマカロンに愛・夢・希望を書き、大きなハートを形作ります。
想いを集めたハートが夕暮れの志木駅前で輝くように、沢山の方々のご来場をお待ちしております。


なぜ私たち青年部がこのような事業を行うのでしょう?
地域振興発展は青年部にとって活動理念の1つだからというのもありますが
事業を通じて、お互いの意見をぶつけ合ったり、ともに苦労を味わったりして
一緒にいる仲間を理解し、その絆を深め、友情を育む。
そんな仲間づくりも私たちが活動する原動力になっているのではないでしょうか。

今回の事業は佐藤委員長が、志木の街をもっと楽しくいい街にしたいと想う気持ちが
詰まった事業になります。
そしてその想いに応えた委員会メンバー。

明日は頑張ろう!!



追伸
2月7日に鴻巣市商工会青年部さんの新年会兼創立50周年祝賀会にお招きいただきました。
青年部らしいカッチリした部分とはっちゃけた部分があり、楽しませていただきました。
河野部長率います鴻巣市商工会青年部の皆さま、ありがとうございました。
IMG_0203














このノリ。今だからこそ求められているのかも。
と感じた瞬間でした。

風邪を引きました。先週から。
1日ゆっくり休めれば良いんだけど、なかなかね・・・。


ということで昨日は第1ブロック部員交流事業「ワールドおでんGP」が開催されました。
アメリカや中国やブラジル等10カ国の特色を出したおでんの美味しさを競い合うという
青年部らしい笑いの絶えない事業となりました。

私のチームは韓国ということで、キムチ鍋の素を使ったおでんでした。
味はご想像の通りです
おでんはやっぱり日本がいいね。

他にもパスタが入っていたり、ハンバーガーが入っていたりとヤリタイホーダイ感が
溢れていましたが、沢山の他単会の方と話す機会をいただきました。
本当に単会の垣根を越えて人の輪が広がる良い事業です。


志木からは平光直前と市之瀬匠くんが部員交流委員として参加いただいておりましたが
部員交流委員としてしっかりと動いていただいてました。

部員交流委員の皆さま、朝早くから準備・設営と片付けまでありがとうございました。

IMG_0191

行ってまいりました。
自分の為の委員会担当の県外研修。
今回は横須賀・横浜の地へ。

井坂委員長がテーマを「気付き」とした今回の研修は、気付くことへの実践と修練の場となりました。
バス内の研修では、トリックアートを使った視覚的な気付きやカラーバス効果についての説明など
車内でも飽きさせない工夫をしていましたね。

横須賀、横浜では「気付き」が見つからず、必死に探すメンバーの姿が散見されましたが
何かを意識して見ることは大事なことです。
モノであったり、人であったり、サービスであったり。
ヒントは色々なところにあるのに、見えていない(見ようとしていない)んだろうね。
そんな事に気付かされた1日でした。

自分の為の委員会の皆さま、準備から当日の運営までありがとうございました!


追記
井坂委員長が潰れたところを初めて見ました。
担当例会で潰れるほど飲めたのは充実した1日だったからではないでしょうか。


行ってきました。県青連主催のフットサル大会!
1月22日(日)に県青連・大澤会長の地元、ネギとふっかちゃんの街深谷に。

埼玉県内から20チーム(混成を含む)が参加し、和やかな雰囲気
で開会式が始まりましたが、試合が始まれば結構ガチでしたね。

志木からは8名の参加となりましたが、いやキツイ
久しぶりにフットサルをやりましたが、思った以上に体が動かずメンバーの皆さんに
だいぶご迷惑をお掛けしました

柴崎さんの初得点や高橋良さんのファインプレー、松田くんの無尽蔵なスタミナ等々
見所が沢山ありました。

15位タイという結果でしたが、楽しい1日を過ごさせていただきました。
参加したメンバーの感じたところだと、あと2〜3人経験者がいれば優勝も狙えるかも
ということです。
来年も開催されるなら多くのメンバーで行きましょう

参加いただいメンバーの皆さま、お疲れさまでした。&ありがとうございました。

そして県青連役員の皆さま、企画設営ありがとうございました。

IMG_0140
IMG_0141

昨日が仕事始めでしたが、年始特有の緩さが年々薄れてきた感じがします。
いつもと比べると少し暇だなと感じる程度で、早くも日常感に溢れています。

それだけ世の中に余裕が無くなってきているのか、時代とともにその緩さ自体が
不要と感じられているのか。
きっと両方あるのだろうね。

私はそれで良いと思う。
世の中は常に動いているのだから、慣習や価値観はそれに合わせて変わっていくのが自然です。

だからこそ自らの考え方を変化させていく必要があると思います。
多様化する価値観の中で、自らの考えに合わないと切り捨てるのではなく
別の角度からものを見る。
それが現代を生きるために必要なスキルなのではないか。

そして変化に対応していくためには、まず「気付く」ことなのでしょうね。



自分の為の委員会担当による県外研修。
事業名を「気付き」とした井坂委員長の想いが多くの部員に伝わって欲しいと思います。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年は酉年。
酉という字には果実や酒が熟しきった状態という意味があり、
成果を得られる年と言われているそうです。

大きな成果を得られるように残り3ヶ月の任期を全うして参りますので、
引き続き皆さまのご協力をお願い致します。



なお、昭和52年生まれは前厄だそうです。
誰か一緒に厄払いに行きたい人いませんかー!

↑このページのトップヘ