まずはじめに


初心者の方や自信の無い方はまず公式のガイドに目を通すのが良いです。
黒い砂漠 ゲームガイド「馬を徹底攻略」
非常に詳しく書いてあります。以下に書くのはゲームガイドを補足するような内容です。

世代について


1世代~8世代、および幻想馬(9世代)まで存在します。
"基本的に"世代が高いほどステータスが高くなります。
また、世代が高くなるにつれて覚えられるスキル総数も増えていき、
そのぶん世代が高い馬の方がスキル自体は覚えやすくなる"傾向に"あります。
※例外も勿論あるため、斜体字部分は意図的に断言を避けるようにしています。

1世代~4世代
野生馬として5世代がわりと見つかりますので、
ホースレースや特定の毛色の馬が欲しいなどの理由が無い限り、拘る必要は無いです。
また、4世代馬においてスプリントと瞬間加速を覚えられない色が2種存在するので注意。

5世代
野生馬として見つけられる最高世代です。馬市場で購入するとちょっと高いのですが、
捕まえるにしても買うにしても、初心者でも割りと手に入れやすい世代です。
ここより上の世代を手に入れるまでの移動手段として必要十分な働きをします。
また、メインクエストを「メディアを準備しながら」あたりまで進めていくと、
スプリントと瞬間加速を最初から熟練度100で持った5世代が手に入ります。
が、ちょっと入手時期が遅い・・・。6、7世代ならなあ、という時期ですし、
それまでの移動手段をどうするかが問題です。

6世代
市場でもそこそこ高く、このあたりから初心者には入手が厳しくなってくる世代です。
市場に出る数としても7世代は割りと多いため、移動手段として「繋ぎ」になりがち。
とはいえ、後述となる移動系スキルを持つ場合はこれより下の世代に戻れなくなります。

7世代
普段の移動手段として非常に多くのプレイヤーが活用している世代です。
後述となる移動系スキルを持つ場合、市場価格も跳ね上がります。
6世代とその上の世代は自分で育成交配するか、市場で購入するか、
もしくはホースレース報酬印章での入手しかありませんが、
7世代白馬(メス)は過去にプレゼント配布されたためよく見かける馬でもあります。
(2019年3月にログインボーナスとして8世代馬碑があり、こちらに移行しそう)

8世代
幻想馬覚醒を除く、最高世代です。
8世代、幻想馬限定のスキルも存在し、まさしく名馬の資質を持つ世代となります。
交配で手に入れるにしてもなかなか大変であるため、
馬育成交配に時間をかけたくない向きには買うか先述の7世代白馬で終わるかになります。
(2019年3月にログインボーナスとして8世代馬碑があり、配布される)

幻想馬(9世代)
馬の頂点で入手難易度は別格です。
馬調教を頑張るブリーダーの殆どはここを目指していると言っても過言では無いかと。
本稿では基本的に幻想馬は取り扱わない内容になっています。

馬の入手について


メインクエストを進めていくことで序盤に1世代馬(馬碑)を貰うことが出来ます。
(以前はメインクエストで貰うのはロバでした)
馬碑を厩舎で使うと馬として登録されます。

1世代~5世代は野生馬として存在し、捕獲することも可能です。
6世代~8世代は馬の交配や交換、馬市場での購入などで入手します。
幻想馬は8世代駿馬を覚醒させるか、馬市場で購入することになります。

馬の捕獲はキャラクターの調教が「初心者Lv.5」以上である必要があります。
よって、メインクエストで貰った馬で初心者Lv.5まで上げてしまうのが良いです。
馬に乗って移動し、馬のレベルが上がることで調教経験値が入ります。
あまり気にせず馬で移動していればすぐに到達してしまいます。

馬の捕獲には捕獲用ロープと黒砂糖の塊を複数用意して挑みます。
慣れないうちはミニゲームも割りと難しいのでロープも5~10個用意した方が無難です。
力比べに勝った後、アイテム使用で黒砂糖の塊を4~5個与えます。
一般的に5個で効果の上限と言われており、ゲーム内NPCも
「黒砂糖の塊を一度に3つ以上与えて屈しない馬は居ない」などと言っています。

黒砂糖の塊を連続使用で4~5個使った後、
そのまますぐ乗らずに時間をおいた方が良いとされており、
30秒ほど待つのが一般的によく言われる目安になっています。
とはいえ、調教レベルが低い初期の頃はここに書いた通りにしても捕獲失敗したりします。
再チャレンジ時にまたロープと黒砂糖の塊を使うため余裕を持って出かけましょう。

馬のスキルについて


スプリント
いわゆる移動系スキルで恐らく一番基本となるスキルです。
ここで基本としたのは「入力が簡易で純粋に移動速度が上がる」からです。
スキルを習得しても鞍を装備していないと発動しません。

瞬間加速
移動系スキルで恐らく一番重要となるスキルです。
スプリント+瞬間加速の「スプ瞬」、ドリフト+瞬間加速の「ドリ瞬」、
いずれかが主な移動手段となり、どちらにせよ瞬間加速を使うからです。

ドリフト
横滑りしつつズサーッと曲がる、といった感じの文字通りドリフトスキルです。
瞬間加速のCTをドリフトで無効化できるためドリフト→瞬間加速→ドリフトと
繰り返し発動させる「ドリ瞬」という走り方があり、ほぼセットで評価されます。
ドリフト単体での評価は低めです。

突進
瞬間的に突き飛ばし攻撃を行うスキルです。
突進という言葉のイメージ通りなかなかの速度であり、突進中にドリフトを使えるため、
突進で走り始めてドリフト瞬間加速と繋げることが可能です。
よって移動系スキルとしてカウントされる不思議なスキルです。
スキルを習得しても馬面を装備していないと発動しません。
ちなみに「馬で移動中、他の騎乗プレイヤーに落馬させられた」場合、
相手が行っているのはだいたいコレ。

以上が俗に言う「(移動系)四大スキル」となり、駿馬の条件にも関わってくるスキルです。
単に「移動系スキル」と言う場合も基本はこの4つで、
あとは横移動が加わるかな?程度で話している場合が殆どです。

前足蹴り
前足を大きく振り上げ、踏みつぶすような動作をする攻撃です。
モーションが大きく威力もさほどではなく、コレを使うぐらいなら
乗ってるキャラが騎乗攻撃すれば良い・・・という。
さらに瞬間加速とキー入力が同一で、走り中か否かで発動が変わるのですが、
誤発動しやすいという理由で嫌われやすいスキルです。
後足蹴り
砂かけのような後蹴り上げ動作をする攻撃です。
一応後方向への攻撃手段と考えると貴重ではあるのですが、やはりあまり使いません。
前足蹴りもそうなのですが主な用途が「相手を煽る」というちょっとアレなスキルです。
スタート加速
前足を持ち上げ勢いを付けて走り出す、というスキルです。
その動作は確かに格好良いのですがモーションが長いため言うほど時短にならず、
これなら突進で良いじゃないと言われる可愛そうなスキルです。
速度不足時にジャンプしようとして誤発動しやすく嫌う人も居るスキルです。
ハイジャンプ
ジャンプ高度が上がります。
未習得時に飛び越えられなかった柵など(厩舎併設の柵とか)が超えられるようになります。
急停止
文字通り走ってる最中からの急停止です。
移動中は特に関係無いですし、優先順位も凄い高いわけでは無いでしょうが、
あったら便利なスキルであることは間違いありません。
横移動
横にスッと移動します。初見では馬が横に移動する絵に笑ってしまうかも知れませんが、
これも非常に有用なスキルです。レンジャーやウィザード/ウィッチなどを使い、
馬上攻撃によるモンスター狩りや、火縄銃を使った馬上狩猟などやる場合はほぼ必須です。
その場で馬の向きを変えるというのがやりにくく(出来なく)なるのが一応難点。
7世代、8世代馬では駿馬の条件に加わります。
高速後退
後ろ方向への移動が速くなります。
これも急停止と同様で優先順位は凄い高いとは言わないもののあったら便利なスキルです。
連続ジャンプ
ジャンプ後に続けざまのジャンプが可能になります。
人によって評価がまちまちで、「別に要らない」という方も居れば、
「ちょっとした山とかを登っていけるようになるから便利」という方も居ます。
馬の咆哮
搭乗者のHP/EPを回復するバフをかけるスキルです。
馬上攻撃によるモンスター狩りをするような場合はあっても良いスキルですが、
そのような予定が無ければ当然無くても困らないスキルです。
これも速度不足時にジャンプしようとして誤発動しやすく嫌う人も居るスキルです。
スキルを習得しても鐙を装備していないと発動しません。
警戒
崖や川など、危険を察知し馬が自動的に止まるスキルです。
と見ると便利に感じるのですが実際には非常に邪魔なスキルとなっています。
半分居眠りしながらゲームをしていて、コレのお陰で助かったという場面もあれば、
何故か発動せずダイブすることも稀にあったりとよく分からないことが起こります。
逆にダメージの発生しない小さな段差にも反応してしまうことが殆どなので、
正直最も嫌われ、マイレージを使ってでも消されるスキルです。
高速搭乗
馬に乗る動作が早まるスキルです。
個人的にはコレ、馬じゃなく冒険者のスキルじゃ無いのかと思うのですけどね。
これもまた移動そのものに関係するわけでは無いですが、
無ければもっさり騎乗するので、欲しくなるスキルです。
強:前足蹴り
8世代・幻想馬限定スキルです。
前足蹴りの威力を増加させる、前足蹴りが前提のスキルです。単体では意味をなしません。
ということで、前足蹴りが嫌われスキルのため基本的に不要なスキルとなっています。
強:後足蹴り
8世代・幻想馬限定スキルです。強前足蹴りと同様のことが当てはまります。
連:瞬間加速
8世代・幻想馬限定スキルです。
もはや8世代馬のアイデンティティとも言えるスキルで、瞬間加速を2連続発動します。
これも瞬間加速が前提のスキルで、単体では意味をなしません。
速:横移動
8世代・幻想馬限定スキルです。
横移動が前提スキルで横移動速度が上がり、低世代馬のオートラン並の速度に。
2人搭乗
6世代~8世代馬の、さらに一部毛色を除いた馬が覚えられるスキルです。
パーティメンバーやギルドメンバーを後ろに乗せて移動することが可能になります。
一緒に狩りに出かける、ユーザイベントに参加しての移動など、まま使いどころあり。
なかなかに面白いので話のネタになるスキルでもあります。通称「2人乗り」。

スキルの優先順位(日常の移動用として)
高・・・瞬間加速(8世代連瞬)、ドリフト、スプリント、突進
中・・・横移動(8世代速横)、ハイジャンプ、急停止、高速後退、高速搭乗
低・・・連続ジャンプ、スタート加速、後足蹴り、2人搭乗
不要・・警戒、前足蹴り、馬の咆哮
一般的にはおおよそこんな感じの順位だと思います。

なお、プレミアム馬外見変更券を使っても8世代限定スキルは覚えることは無いそうです。
(スキル変更券では8世代限定スキルも当然覚えられます)

馬の装備について


取引所にて購入する場合、初心者オススメは軽い革鞍などの「軽い馬具」シリーズです。
防御力の上がりやすい「戦闘用馬具」シリーズはまず馬蹄の速度+値が低く、
他にも速度マイナスの効果が付く部位(面と鎧)があることと、
疾風、闘魂、グランベルは価格も高くて流通量が少ないためです。
拠点戦など参加しないのであれば戦闘用、闘魂あたりをわざわざ選ぶことも無いかと。

ちなみに軽い馬具シリーズを労働者作製での自家生産の際、
恐らく一番厄介なのは「不屈の油」を使う軽い赤い羽毛馬面です。
(不屈の油は錬金で作製、材料に「自然の実」を要するため)

馬の毛並み(色)について


まず最初に色による傾向についてです。
少々ざっくりしていますが、白馬は速度特化、黒馬は回転特化、茶馬はバランスです。
白馬はスピード、加速が高く、回転、制動(ブレーキ)は低め。
黒馬は回転、制動(ブレーキ)が高く、スピード、加速は低め。
と覚えておけば大丈夫です。どの世代でも白純色、黒純色はこの傾向にあります。
よって、スプ瞬なら白馬がやや優位、ドリ瞬なら黒馬がやや優位、となります。

続いて交配を行う際の色に関する注意です。
参考元(出典)
Famme's BDO Tools Horse Calculator

それぞれの馬に「赤」「白」「黒」の色ポイントが割り当てられており、
交配の場合は親馬のそれぞれの色の合計値によって産まれる仔馬の色が決まってきます。
Screenshot_20190213-085711-1

例えば(ドリガン地域を除く場所での)野生馬として見かける5世代黒馬(上図)は、
「黒のみ5」となっておりこの黒馬同士の交配なら「黒のみ10」となります。
なので、黒い馬だけが生まれるように思ってしまいますが実際には違います。
「黒の色ポイントが1~10まである馬」が産まれるため、結局は殆どが候補になります。
産まれてこないのは7世代白馬、茶馬、8世代白馬などの黒以外の純色を筆頭とした、
黒色のポイントが無い馬のみです。(以下のあたりは産まれてこない)
Screenshot_20190213-085141-3

しかし、高世代の純色馬はその色ポイントが高いため、適当に交配しても産まれません。
Screenshot_20190213-093352-1

例えば、上図の馬同士の交配の場合、赤6、白4、黒6になります。
7世代純色はそれぞれの色に7ポイント、8世代純色は8ポイントを要求します。
結果、7世代または8世代が産まれたとしても純色馬は産まれてこないことになります。

馬の育成について


育成の基本はオートランループでの放置になります。
単純なやり方はスタート地点に移動後、マップで折り返し地点を右クリックし、
今居るスタート地点を「Alt+右クリック」して設定する2点間ループです。
Lv50未満のキャラなら安全圏外も含めた長距離ループも可能ですが、
Lv50以上のキャラの場合は街中のみで完結させるのが無難です。

・必須アイテム
 馬の餌(ニンジン等、馬車育成をするなら不要)

・用意した方が良いもの
 銀刺繍トレーナー服(熟練Lv10からはトレーナー服が着られる)

・可能なら用意したいもの
 馬蹄
 馬具アバター
 搭乗物スキル変更券

1頭ずつ育成の場合、ループオートラン時に
「自動でニンジンを使用」のチェック欄が出るので必ずチェックを入れます。
またオートラン中に「Shift+右クリック」を維持することで高速オートランが可能です。
放置時にどう維持するかという問題もあるのですが、
この高速オートランを行う場合は特級ニンジンかそれ以上でないと回復が間に合いません。
取引所にて特級ニンジンが欠品という事態はなかなか無いので大丈夫だと思います。
高速オートランをしない場合でも、NPC売りのニンジンは高くつくのでオススメしません。

4頭まとめて育成する場合、商団馬車の出番です。4頭馬車の経験値効率は良いです。
貴族馬車より商団馬車の方が速度が高く、ペリドット馬車の入手難易度が高すぎるので、
放置育成の場合は商団馬車が定番の馬車になっています。
馬車には寿命があり、ペリドット馬車以外は回復できない要素なので使い捨てです。
馬車寿命が減るかわりに馬持久力が減らないため、ニンジン不要となります。
寿命が尽きた馬車は倉庫代わりにすると良いです。
フローリン村やベア村のように倉庫が無く厩舎がある拠点で特に重宝するかと。
馬車育成の検証は偉大なる先輩方が実践されてますのでWeb検索してみてください。

以下、コツというか技というかなお話。
駿馬条件となるスキルの突進、スプリント、ドリフト、瞬間加速、横移動などは、
他のスキルに比べて覚える確率が低いようです。8世代の場合は上記と連瞬、速横です。
逆にやたらと覚えやすいスキルが前足蹴り。他だと後足蹴り、警戒あたりも。
よって、Lv15~20くらいになった時点で前足蹴りを覚えにくいもの狙いでスキル変更、
レベルが上がって前足蹴りを自発習得したら再度別のスキルにと変更していくことで、
最終的なスキル所持数を増やすことが出来る、というやり方が割りと有名です。

ただ問題もあるんですけどね・・・。
まず課金が必須であること。スキル変更券は取引所登録できません。
最終的に見てステータス伸びが悪かった場合、初期化や変更中止を選びにくいこと。
(それまで使ったスキル変更が無駄になりステータス厳選とは微妙に相性悪い)
また、習得スキル数が少ない状態で変更を行うと、
覚えやすいスキルを行ったり来たりでレアなスキルになかなか変わらなかったりします。
レベル上げている最中にはいちいちレアなスキルに変えなくても良いのでしょうけどね。
とにかくハマる時はとことんハマる可能性があるので、そこの覚悟が必要。
(やはり途中まででスキル変更券投入してることで駿馬断念しにくくなるジレンマが)
Screenshot_20190213-214045

(こういう事も起こりうる・・・)

例えばLv20時点でステータス伸びを見てスキル変更作戦をするか判断したとしても、
21~30までの10レベルアップで悪い結果を引き続ける可能性もあるわけで。
何とも微妙なステータスに終わることもあり得るので難しいところかなと思います。
また、「前足蹴りならレベルアップ時に必ず覚える」なんて保証もありませんので、
習得スキル総数が意外に伸びずに終わる可能性もあります。

とは言っても、8世代馬でスキル変更券やプレミアム馬外見変更券を使わずに、
駿馬になってくれる可能性は限りなく低いので駿馬=課金な側面はどうしてもあります。

刻印については、馬具耐久摩耗スピードが落ちる利点は明確なので良いのですが、
スキル習得率の上昇については「%上昇」のような数字が明らかになっていなく、
Web検索で色々な方の体験を見てると総数が伸びなかった例も割りと多いです。
よって、「少しでも習得率を上げたい」なら良いですが、オススメ度合いは低いです。