無謀にも2隻目の護衛艦作製をしています。目下足りないのは規格角材のみ。
20191019-062424

大冒険に備えよう!大洋の時代実装直前イベント
が来てくれたのは良いですが、それでも足りません。改良資材も必要ですしね。
軽帆船は既に2隻あるので、なかなか馬鹿馬鹿しいことをしてるかもしれません。

そこで、時間を見つけては木こりをしているわけですが・・・
護衛艦作製に丸太何本必要なのか、というのが今回のお話です。

試行回数少ないとは思いますが、丸太1,000本を3セット薪割りしてみました。
加工名匠4で薪割り熟練420です。(単純に熟練装備はアクセサリーのみ)

丸太1,000→使える角材251、規格角材1
使える角材251→規格角材51
計52

丸太1,000→使える角材256、規格角材7
使える角材256→規格角材45
計52

丸太1,000→使える角材256、規格角材4
使える角材256→規格角材47
計51

三回とも規格角材ほぼ50となりました。
ということは護衛艦には1,000必要なので20セット、つまり丸太2万本必要となります。
凄まじい圧縮率ですねえ・・・。

護衛艦の作製開始直前まで結構悩みましたが、結局は作製しちゃっています。
はたしてこれが吉と出るか凶と出るか。後々自身がどう思うかです。

お知らせ等を見る限り、完成物の数については熟練は関係なさそうで、
あくまで完成数はスキルレベルで大量加工数が熟練みたいですが、正しいでしょうか?
加工服等全然用意できてませんので、それもというとかなり厳しいので。
●加工熟練度システムを追加
-加工熟練度が上昇すると一度に大量加工できる採集物の数が増加します。
生活熟練度導入のお知らせ