2009年08月

2009年08月31日

衆院選挙も終わりまして、当地では民主党の新人が自民党新人を破り、保守王国愛媛の小選挙区の中で唯一、民主党が議席を獲得しました。

当選した白石さんとは、妻が高校の同級生という縁で紹介され、中学校のPTAと倫理法人会を通じて、少しですが交流がありました。

2年前の秋、中学校の文化祭バザーで、父親部が中心になってうどんとラーメンを振る舞う担当があり、一緒に大鍋でうどんをゆでる作業をしたのですが、御世辞にも器用とは言えず、一生懸命やっているんだけど、ぎこちなく、その手さばきの悪さとは対照的に、人柄の良さ感じさせられました。

東大から長銀に入り、ニューヨーク勤務時代にテロに遭遇。その体験が契機となり、政治の道を志すようになったそうですが、経歴だけを見ると、一線を引くような存在です。話すことも、真面目すぎて、俗人の集まりの中では、敬遠されたりしないか、余計な心配をしたりもしましたが、見事に当選をしてくれました。

「理想は高く、姿勢は低く」

これからがさらに大変でしょうが、高い志を持って、皆の為に頑張ってください。


shikokunori at 21:24コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月25日

「子どもが新型インフルエンザに感染したんですが、自分は出勤しても大丈夫でしょうか」 当社で働くお母さんからの連絡。

県の保険所に問い合わせをしたら、「家族が感染しても、本人の症状がなければ問題なし。通常のインフルエンザの対応とそんなに変わらない」 との回答でひとまず安心しました。

それにしても、子育てをしながら働くお母さん達は大変です。保育園に子どもを預ける社員さんもいますが、大雨が降ったりして警報がでれば、保育園は休園。風邪でもひけば、すぐに連絡が入り、連れて帰らなければならない。

預ける側も預けられる側も、あたりまえの対応ですが、職場の立場になると、困ってしまうことがあります。

突然、複数の欠勤者が同時に出るという不測の事態も何度かありましたが、結局、自分の力でコントロールできることではないと判断して、受け入れるしかないということに気づきました。

臨機応変の対応こそが求められる、その小さな訓練と割り切っています。



shikokunori at 11:53コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月19日

お盆休みも終わり、海苔の贈答需要期もひとまず終了。この夏、当社の海苔の売行きはどうか、データを調べてみました。

個人需要を中心とするギフト商品は前年度対比10%のプラス、業務用商品は10%のマイナス、トータルでは微増という結果でした。

高額商品や企業のギフト、外食向け等の業務用商品が落ち込むことは予期できましたが、景気の悪化を言い訳にしても仕方がない。お手軽ギフトに力を入れ、常連さんを中心とした個人需要に特化することで何とか数量を伸ばすことができました。

ただし、利益率という面で見ると厳しいですね。

どの業界でも、適正な利益が取れていない所が多い様で、この負のスパイラルはいつまで続くのでしょうか。

 



shikokunori at 11:53コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月11日

9日の日曜は終日雨が降り続き、予定していたPTAの石鎚登山が中止になりました。8月の石鎚は天気が良ければ、かなりの暑さで、中止になって正直ホッとしました。

過去3回同行してきましたが、小学生から中学生まで、保護者、先生を合わせて80名位の集団で登山をします。どちらかと言えば、集団行動が苦手な方に入るのですが、中には上手に集団をまとめる能力がある人もいて、感心させられます。

さて、生徒達はふるさとの山、石鎚をどう思っているのでしょうか。一度は登る機会があるものの、再度チャレンジするのは、極めて少数派です。良かった、というものの一度行けば十分。中にはこんなつらいことは、2度としたくないという生徒の本音を聞くことがあります。

でも、だからと言って頂上を目指すだけではなく、途中のピクニック園で楽しくやりましょう、という考えには賛同できません。子どもの頃に、ちょっとした苦難を味わうことが、大人になってから、とても大切なことだったと気づいてくれるはずです。

ビールを飲みながらの、夜の反省会での雑談でした。

 



shikokunori at 11:51コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2009年08月06日

tannbara市町村合併で西条市になった丹原の夏祭りを初めて見物しました。

19時過ぎに会場に着くと、地元企業や団体等が製作した独自の笹飾りが通りにずらり。その周りには露天商や各種団体の出店が並び、多くの人出もあり、ローカル色豊かな夏祭りでした。

どんな店で一杯やるのか、楽しみにしていたのですが、案内人の先輩に誘われて入った店は、何と某地銀の丹原支店。支店長始め、行員の方々の接待で、用意されたオードブルをさかなにビール、焼酎をご馳走になりました。

どうやら、この銀行ではお得意さんを毎年招待しているようで、入れ替わり立ち代り、多くのお客さんが出入りして夏祭りを楽しんでいました。

 



shikokunori at 11:50コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ