2009年09月

2009年09月29日

先日、高松の酒場で、偶然カウンターの隣に座られた
割烹の女将さんからメールが届きました。

地元で飲む時は、二次会に行く回数がめっきり減ってきたのですが、
その夜は、剣山登山の後、友人の案内で入った弾き語りバーで、
久しぶりにハイテンションになりました。
気がつけば2時を過ぎており、3時間以上楽しく歌い飲ませてもらいました。

私の友人は歌は上手くないのですが、学生の頃から下手の横好きで、
ボブデランや長谷川きよし、清志郎等をギターで弾き語り、
周りの友人たちは、彼の歌を仕方なく聴かされたものでした。

メッセージの強い歌を好んで歌った時代でしたが、
30年の歳月が流れても、酒場がまさに蘇る70年代後半という雰囲気となりまた。

その酒場には途中でライブを終えたプロのミュージシャンもやって来て、
彼女らの歌と演奏も聞かせてもらいました。
さすが、プロですね。素人が聴いても、アマチュアとの差は歴然としていました。

そんなわけで、大いに盛り上がった酒場となりまして、偶然隣に座った女将さんとも意気投合し、あの夜のあの酒場は楽しかった、というメールをいただいた次第です。

今月は17日にユーミンのコンサートを松山で聴いたりもしまして、
正に蘇る70年代の9月でありました。


shikokunori at 22:04コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月27日

いもたき2藩政時代、愛媛県の大洲市で始まったと伝えられるいもたき。
今では愛媛県内各地の河川敷で、8月下旬から9月に秋の月見を兼ねて、大勢の人達で野外宴会が催されています。

里芋と鶏肉をベースにごぼうやもやし等の野菜を炊き込んだ素朴な鍋料理ですが、地域よって具材も味も違いがあるようです。

加茂川河川敷で行われる西条のいもたきも、30年以上の歴史がありますが、集客力の面では、元祖の大洲に劣らぬ人気があり、秋の風物詩として定着しています。
 
会社や各種団体、町内会等の親睦会としてたくさんの人達が集まって、鍋を肴に酒を飲むいもたきは、他県の人には珍しい宴会のようです。

今週は2度、PTAのOB会と校友会のいもたき会に参加しました。
1年ぶりに会う人達も多く、この交流も永く続けて参加することで、それなりに面白い情報や収穫もあり、考えをリセットすることのできる場として楽しませてもらっています。


shikokunori at 21:18コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月23日

P9220019
シルバーウィークも今日で終了です。

昨日は霧雨の降る中、高松の友人と徳島県の剣山(1955m)へ。
徳島高速道、美馬ICから車で80分程で登山口の見の越に到着。
アプローチは長くともリフトで1750mの西島まで運んでくれます。

連休中とあって、天気は良くないけれど、ファミリーを中心に多くの登山客が訪れていました。

剣山だけでは物足りないので、東方にある一ノ森(1879m)まで縦走。
こちらはほとんど人気のない静かな山道。
ガスの中、ササ原とゴヨウマツや白骨林に囲まれた静かな山道を歩きました。

帰り道の剣山木綿麻(ゆうま)温泉で汗を流し、夜は高松市まで足を運び海鮮料理で一杯。その後、弾き語りギターのスナックで懐かしの歌を歌い、明日への鋭気を養ってきました。





shikokunori at 17:13コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2009年09月21日

P9210006



今治市朝倉の笠松山(328m)。

朝倉村は周囲を山で囲まれています。
低山であっても、村のシンボルとして秀麗な姿を見せてくれるのが笠松山です。

山火事から1年が過ぎ、笠松山も少しずつ緑が快復しているようです。

お墓参りの帰り道、土手沿いに彼岸花が鮮やかに咲いてるのを見つけました。
彼岸花の茎は毒があり、モグラを退治するのに効果があるということで、昔の人は畑の周辺の土手沿いに種を蒔いたそうです。


頓田川から見えるこの景観は、未来に残す日本の田園風景として、貴重な自然のひとつではないでしょうか。
P9210007

shikokunori at 22:41コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2009年09月14日

19日から始まるシルバーウィーク特需のおこぼれを期待して、地元にある数箇所の量販店を営業。

お彼岸でお墓参りを予定する方の御供えや手土産に、果物やお菓子に対抗して海苔を勧めてもらいたいと思っているのですが、担当者の反応はいまひとつ。

法事のお返しに、少しまとまった数の注文をいただきましたが、お盆の時期ほどの売行きは期待できない様子。

高速道路は大混雑が予想され、全般的に手土産ギフトもかなり売れることでしょう。
お菓子や果物の売行きに少しでも近づければと期待します。



shikokunori at 21:57コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ