2010年01月

2010年01月31日

久しぶりに雨が降り、まったりと過ごすことができた日曜となりました。

昨夜は西条青年会議所シニア会の総会と新年会があり、今日は昨夜の二日酔いの影響で外に出る事もなく完全休養日となりました。

青年会議所(JC)を卒業して随分と歳月は流れてしまいました。
シニア会に参加することも年に1度位しかありませんが、久しぶりに顔を合わせるメンバーも多く昨夜は楽しい酒席となりました。

JC現役の頃はそれなりに豊かさが実感できた時代でして、皆元気がありました。
JCを卒業した後に、商工会議所青年部や法人会青年部にも在籍しましたが、思い入れの強さという面ではJCの時代にかなうことはありません。

無駄を含めて使った時間とお金の多さが思い出に比例しているのでしょうか。

魅力ある組織には魅力ある人材が集まり、良い方にスパイラルしていくことができましたが、経済の失速が逆風となり、今では現役メンバー数は最盛期の半分以下となってしまいました。
しかし、まがいものでも受け入れられた時代から、本気でないと続けられない時代になったともいえる訳で、その志は尊いものと思います。

JC時代が終わって消えてしまった人も多くいる中で、どっこいしぶとく残っている人達の顔付きは魅力的です。

また、来年も参加できるように頑張ります。





shikokunori at 22:53コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月28日

蓮華院五重塔
熊本県玉名市に蓮華院誕生寺という寺があります。
檀家のいない一願成就の寺として全国に40万人程の信者がいるようです。
平成の五重の塔を建立したり、奥の院では毎年11月の九州場所前に横綱土俵入りを催したりと、たいそう立派なお寺のようです。

この寺の住職が22年前、日本青年会議所の研修委員会塾長だった縁で師匠と塾生という関係でお付合いをさせていただいています。

先日九州出張の折、空き時間を利用して数年ぶりに蓮華院に参拝しました。
商売繁盛でも祈願してもらおうかと思ったのですが時間がなく、1時間程度の面談で昔話と近況報告をさせてもらいました。

宗教は信じるものが救われる、病や災いから救われた人々がこの寺を造ったとすれば、結果的にすごい数の信者さんが救われたことになるのでしょう。

他力本願で盲目的な信仰ではなく、本人の努力や自助の精神によって救われるということを改めて感じました。


shikokunori at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月23日

雨が少ない影響もあり、海苔の生産が思わしくありません。

全国的にも今の時点で前年度対比8割の生産量で、価格も前年対比で1割程高い相場になっています。

今日は、西条の海苔漁家を訪ねてみました。
少雨による栄養塩が低下したようで、早くも色落ちした海苔が多く見られているようです。
色の浅い5等、6等クラスの海苔が取れており、生産量が少ない上にこの時期にしてこの品質では合わない、と嘆いていました。

今年は10年ぶりの不作の年になるのでは、という予測をしている同業者もおり、中盤戦を迎える現在、これからの仕入れ判断が難しいところです。

私どものような海苔商社は、入札会で一番高く応札した価格で買い付け、決済は概ね5日以内に支払わなければなりません。年間に販売できる数量の海苔を数ヶ月間の冬の期間に買い付けるわけですから、資金繰りには悩まされることが多くあります。

相撲でいえば、毎年のように土俵際に追い込まれ踏ん張っているような状況でして、その修羅場を掻い潜ることができるかどうかというような心境の中で商いをしているようなものです。

春に終了する海苔の仕入れが、今年も上手くいくことを祈って来週からのステージに向かいます。

shikokunori at 22:47コメント(0)トラックバック(0)マネジメント 

2010年01月16日

今日と明日は大学受験のセンター試験です。

昨夜は松山で会議と懇親会があり、宿の予約をしようとしたら主なホテルは満室状態。センター試験の関係では早くから受験生にホテルはおさえられているようです。
酒を飲まないで帰ろうかなと思ったのですが、道後温泉のあるホテルが1泊朝食付き7500円という価格を出していたので、予約してみました。

バストイレ付き、窓からの景観も良い2人用の10畳の和室に、一人で宿泊。露天風呂もある大きな温泉にも入れて、そこそこの朝食もついてのこの値段は、市内中心部のビジネスホテルに泊まるよりはるかにお得な設定でした。

シーズンオフだからこの価格なんでしょうが、3階から9階までが客室で少なくとも100室を越える数の部屋はありますから、部屋を遊ばせるよりは良いと判断したのでしょう。
従業員教育も良くできており、とても気持ちの良い接客で、何だかこの価格で宿泊するのが申し訳ないような気分にさせられます。

バブルの頃、道後温泉のこのクラスの宿は、1部屋に4~5人詰め込まれ、1泊朝食付きで少なくとも1万円は取っていました。
接客態度も悪く、道後の旅館には泊まりたくないというイメージがあったのですが、景気の悪化による危機感が宿泊者にとっては良い方に転換しているようです。

坂の上の雲のまちづくりで、道後の景観も随分と良くなりました。松山市内中心部からわずか2キロという立地ですから、地元のビジネス客にも、癒やしを求めてちょっとした旅の気分を味わうことができます。

shikokunori at 21:23コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月11日

成人の日で連休です。

正月休みはゆっくりできない関係で、その後すぐにあるこの連休はありがたい休養日として位置づけていました。
もっとも、ゆっくりできたのは昨日だけでして、今日は朝から、雑用と仕事が入ってきまして休養日にはなりませんでした。
中途半端に時間の余裕ができると、考えなくてもいいことまで考えてしまい休んだ気がしません。

いつの間にか日本は、遊びとゆとりのない社会になってしまったように思えてなりません。ギリギリのところまで無理をしながら回転させているだけの経済となり、働けど豊かさを実感することがなくなってしまった気がします。

明日からまた海苔の入札会が始まり、徳島、岡山とロードが続きます。
1月のスケジュール表を見ながら、限られた時間をどう有効に使うことができるかプランを考えてみました。
無駄を極力排除して、より価値の高いことに時間をとること、その為にも積極的に「断る力」をつけることが必要です。

豊かさを実感できる日を夢見て、つかの間の休日が終了しました。



shikokunori at 21:45コメント(0)トラックバック(0)マネジメント 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ