2010年02月

2010年02月24日

電通が発表した昨年度の日本の広告費。
ついにインターネット広告が新聞広告を抜き、首位のテレビに次ぐ広告媒体とな
りました。

数年前まではわずかなシェアしかなかったネット広告は、短い期間に驚異的な伸び率で成長しています。

いくらなんでもテレビ広告が食われることはないと思いますが、新聞、雑誌の販売不振は間違いなくネットの影響が大きいはずです。

新聞売上の約半分が広告収入ですから、新聞社の経営も厳しくなるはずです。

某全国紙の高松支局長を務める友人の話を聞いても、早期退職、給与削減などのリストラが進み、かつてのように花形ではなくなっているようです。

高級品を販売する百貨店業界の不振も景気の悪化だけでなく、ネットの影響が
大きいはずです。
デパートまで足を運ばなくとも、お気に入りのブランド品がいつでも手に入るわけですから、対面販売を基本にした接客業が廃れていくことにならないか危機感を感じます。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。
 唯一生き残るのは、変化できる者である」
  
進化論のダーウィンの格言を思いだしながら、変化に対応できる感性を磨くことを心がけたいものです。







shikokunori at 18:42コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月20日

四国アイランドリーグを立ち上げた石毛宏典氏の講演会と愛媛マンダリンパイレーツ激励会に出席。

会場は西条市内にあるアサヒビール四国工場。
出来たてのビールの味は格別ですが、毎年何度も飲みに行ってますからビールのうまさが当たり前になってしまいました。

さて、ビールを飲みながら隣に座った25歳、沖縄出身の金城選手の話を聞く。

沖縄の高校から神奈川大学に進学、社会人野球を経て独立リ-グ神戸から愛媛に移籍。
プロ野球選手なることを目標にひたむきにチャレンジしている若者たちです。
中でも彼は170センチにも満たない小柄な選手ですが、夢を追いかけるひたむきな姿に声援を送りたくなりました。

120人も部員がいた大学時代から、食べていくのが精一杯、20数名の独立リーグ愛媛マンダリンパイレーツに。
あまりにも狭き門を選び、野球をあきらめない姿に感銘を受けました。

隣人が福引で当たった商品を進呈しようとしてもかたくなに辞退する生真面目な人柄。
要領の良さだけで世の中を潜り抜ける人が多い大人社会の中で、その人柄の良さがマイナスに作用しないか余計な心配してしまいました。



shikokunori at 21:51コメント(0)トラックバック(0)マネジメント 

2010年02月18日

みのりそば今治の手打ちそばみのりで昼食。

店主は西条の蕎麦屋で修行して数年前に独立。
まだ若い店主ですが、蕎麦づくりに強いこだわりをもっていまして、まじめな人柄に好感があり固定客をしっかりとつかんでいるようです。

この店でいつも食べるのがみのりそば。
西条産のばらのりと焼のりを小皿に載せて出てきます。
P2040003
温かい蕎麦に海苔をのせますと、海苔が一面に広がり礒の香りが食欲をそそります。
海苔を入れることで蕎麦の出汁味も変わってきます、との店主の言葉。

店主がその日に打った蕎麦がなくなった時点で閉店ということで、不況の中でも
お客さんがついて繁盛しているようです。

この「みのりそば」いなりとお新香がついて850円也。
お値打価格のお薦めの蕎麦です。

shikokunori at 19:06コメント(0)トラックバック(0)グルメ 

2010年02月11日

岡山で海苔入札会。

ちょっと疲れが溜まっていまして、岡山まで車に同乗させてもらったT社長にはお世話になりました。
テンションが低かった影響か、本日の落札品はなし。

東京今週は8日、商談で北関東の得意先を訪問。
ややオーバーワーク気味の為、夜は休養を優先してゆっくりできる東京駅前のシティホテルに宿泊。
ホテルの部屋からの夜景を眺めながら、静かに東京の夜をくつろがせてもらいました。




東京ビックサイト翌9日は東京ビックサイトで開催の第44回ス-パーマーケットトレードショーを見学。
全国から食品流通業界を中心に約1200社が出展する日本最大規模の展示商談会です。
出展業者と入場者の多さに圧倒された半日でした。

東京ビックサイトに出展できる企業に羨望を感じつつ、いつの日かこのフィールドにも立つことができるようになりたいと思いながらあわただしく1泊2日の関東遠征を終えました。



shikokunori at 21:28コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月07日

石鎚と禎瑞漁港
石鎚

朝な夕なに仰ぎみる高く雄々しき石鎚の 

西条小学校校歌の一節です。
今日は創立140周年記念式典に出席。
歴史の重みを感じさせられました。

好天に恵まれましたが、寒さ厳しい一日でした。
西条市禎瑞地区から見えた石鎚山を撮影。
見る角度によって石鎚山の景観が変わりますが、やはり西条からみる石鎚が一番風格があります。

shikokunori at 17:17コメント(2)トラックバック(0)山と渓谷 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ